ふるさと特派員

HOME ふるさと特派員 3年ぶり開催!火事災難の無事を祈る火祭り「竹田松明まつり」

3年ぶり開催!火事災難の無事を祈る火祭り「竹田松明まつり」

取材日2022年7月23日
竹田地区の円山川河川敷

7月23日、兵庫県朝来市和田山町竹田の円山川河川敷で「竹田松明(たいまつ)まつり」が行われました。
過去2年は新型コロナウイルス感染拡大のため、神事のみ行われていましたが、3年ぶりの復活です。

火事災難の無事を祈る火祭り

竹田松明まつりは、高さ6メートルに及ぶ2基の大松明に火を灯し、火事災難の無事を祈る火祭りです。

江戸時代中期から続く伝統行事

江戸中期の1762年と翌年に、竹田地区を大火災が襲い、再びこのような災難にあわないようにとの願いを込めて、地区の対岸の朝来山中腹にある愛宕神社に大松明を奉納したことがこの祭りのはじまりだそうです。

夕暮れ時の会場

午後7時30分頃、再び会場を訪問。

神事の祭壇が設置されたテント

対岸に設置されたテントでは神事が執り行われています。

かがり火に着火

午後7時50分頃、かがり火に着火されました。

同時刻、対岸の大松明が設置された会場でもかがり火に着火されました。
いよいよ本番です。

大松明に着火

午後8時大松明に着火され、大松明が勢いよく燃え始めました。

ゆっくりと流れる時間

燃える松明を見ていると、時間がゆっくりと流れ、癒やされる感じがします。
それぞれの時代の人々と同じ光景を共有しているかのように感じられます。

いよいよクライマックス

大松明全体が燃え上がり、いよいよクライマックスを迎えます。
対岸から見ると、川面に映る火の光がとても幻想的です。

空に舞い上がる焔とライトアップされた竹田城跡

クライマックスで空に舞い上がる焔を見上げると、背後にライトアップされた竹田城跡が加わり、より幻想的な光景を見ることができました。

地域の高齢化により祭りの担い手不足が深刻とのことですが、地域の方々の熱意で伝統行事が復活しました。
250年以上に渡り継承されてきた伝統行事に立ち会うことができ、とても貴重な体験をすることができました。
地域の方々に感謝です。

 

城跡や雲海だけではない?!竹田城下町の魅力

取材日2021年10月3日

散策テーマは「絹屋溝」です。

取材日2021年11月20日

散策テーマは「紅葉」です。

RECOMMEND

詳しく見る

新温泉町

投稿日 :
ふるさと特派員

涼を求めて扇ノ山山麓滝めぐり

詳しく見る

豊岡市

投稿日 :
ふるさと特派員

”ひまわり畑”と”モンゴル博物館”で「但東」を楽しもう!

詳しく見る

豊岡市

投稿日 :
ふるさと特派員

但馬の夏の風物詩『柳まつり』3年ぶり開催

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー

EVENT CALENDAR

2022年8月

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

RANKING

POPULAR TAG

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー