ふるさと特派員

HOME ふるさと特派員 初雪で雪化粧したあさご芸術の森で野外アートを巡る

初雪で雪化粧したあさご芸術の森で野外アートを巡る

取材日2020年12月17日

12月15日、但馬地域の平地で初雪が降り、その後も強い寒気の影響で一気に真冬の季節に様変わりしました。
今日は、朝来市多々良木を訪れ、初雪で雪化粧したであさご芸術の森を散策したいと思います。
前回訪問した10月26日には、色づきはじめた紅葉と野外アートとの共演を楽しむことができましたが、今回はどのような姿を見ることができるのか楽しみです。

国道312号線多々良木交差点からあさご芸術の森へ入ります

あさご芸術の森は、旧朝来町(現在の朝来市)が1990年に描いた「芸術の森構想」をベースとして、自然に溶け込むように彫刻が点在する野外彫刻公園と、屋内施設であるあさご芸術の森美術館で構成される森全体がアートな公園です。
あさご芸術の森に行くには、姫路方面から来られる方は国道312号線の多々良木交差点で右折します。

最初のポケットパークで出迎えてくれた作品は・・・

芸術の森の入口から美術館まで約3kmと少し距離がありますが、道中にはポケットパークが整備され、様々なアート作品が点在しているので、訪れる人の目を楽しませてくれます。
アート作品の多くは公募展で選ばれたもので、受賞作品が年々設置され、あさご芸術の森が形成されていきました。
最初のポケットパークで出迎えてくれた作品は、「Seven Friends」です。
雪でモノトーンな背景に黄色の配色が際立ち、作品の表情が豊かに感じられます。

作品 space of a mirror

金属的な配色が風景と調和し、作品の魅力が引き出されているように感じます。

2020登場のニューフェイス「USAGI sunshade - SAKURA」

2019年の第8回あさごアートコンペティションで大賞に選ばれた作品で、野を駆けるウサギをアルミニウムで表現した作品だそうです。
雪山を飛び跳ねるウサギのように躍動感が感じられます。

作品 重力空間-2つの領域

降り積もった雪が赤を基調とした作品を引き立てています。
こちらの作品を目印に右折します。
ちなみにまっすぐ進むと多々良木ダムに行くことができます。

作品 MY FAMILY

芝生広場の緑から降雪で白に変化し、作品自体の配色と相まって、わびさびのある雰囲気が伝わってきます。

作品 浮く石

芝生広場が緑のときは作品が浮いたように感じられましたが、今回は石が重くなったように感じられます。

作品 PONKO 143

冬のモノトーンな雰囲気の中で見ると、蒸気機関車の懐かしさをより強く感じます。

作品 「最後の午餐」に集合した一同

午餐に集まった動物たちも冬はさすがに寒そうですね。
ちなみに写真の角度では木で隠れていますが、左から2番目は「YOUR SEAT」となっており、動物たちと一緒に座ることができます。

あさご芸術の森美術館―淀井敏夫記念館―

「あさご芸術の森美術館―淀井敏夫記念館―」では、朝来市出身で文化勲章を受章した彫刻家・淀井敏夫氏の作品を、館内や広大な野外彫刻公園に展示しています。
淀井氏が野外彫刻を制作するにあたって重視されたのは、「自然」と「作品」とが一体となることで、あさご芸術の森ではその理念が表現されています。

多々良木ロックフィルダム

あさご芸術の森美術館の背後には、高さ64.5メートルの多々良木ダムという石を積まれたロックフィルダムがあります。
雄大で芸術的なロックフィルダムと野外アートとの共演は、ここでしか味わうことのできない眺めです。
中央の作品は、淀井氏の「鴎」(カモメ)です。

芸術の森の中の公園

自然豊かな森の中の公園には、遊歩道、遊具、ベンチ、東屋があります。

背後には多々良木ロックフィルダムが見えます。

多々良木フォレストリゾートCoCoDe

あさご芸術の森の中には、多々良木フォレストリゾートCoCoDeがあります。

管理棟を通り抜けると

管理棟を通り抜けると、珍しい宿泊棟に出会います。
CoCoDeは兵庫県初のドーム型宿泊施設で、ペット(犬)とお泊り出来る部屋も用意されています。
雪がさらに積もると、かまくらのような宿泊棟になりそうですね。

芸術の森の全景

多々良木ダムの堰堤から見下ろすと、芸術の森と美術館の全体が見通せます。
写真撮影はダムの堤頂通路がオススメですが、今日は積雪で立入禁止のため、若干斜めからの撮影となりました。

雪化粧したあさご芸術の森を巡って

紅葉の季節に訪問した時は、色鮮やかな紅葉と野外アートとがお互いの魅力を引き立てあっているような印象でした。
今回は、雪化粧により風景がモノトーンで控えめな感じとなり、野外アートの持つ魅力をより引き出しているような印象を受けました。
あさご芸術の森は、自然とアートが融合されていることで、四季の移り変わりによって作品も違う雰囲気を醸し出します。
いつ来ても楽しめるスポットです。

 

野外アートに触れてみませんか?

取材日2021年3月29日

春のあさご芸術の森をお楽しみください。

取材日2020年10月26日

秋のあさご芸術の森をお楽しみください。

取材日2021年1月28日

フォークアートなまち・養父市大屋町をお楽しみください。

RECOMMEND

詳しく見る

豊岡市

投稿日 :
ふるさと特派員

山陰海岸ジオパーク<春の猫崎半島>兵庫最北端への道を歩む

詳しく見る

豊岡市

投稿日 :
ふるさと特派員

神話に始まり、龍宮城を経て、キューピットに会いに行く

詳しく見る

朝来市

投稿日 :
ふるさと特派員

駅サプリ・JR播但線「新井駅」周辺の見どころ情報

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー

EVENT CALENDAR

2021年4月

123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

RANKING

POPULAR TAG

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー