ふるさと特派員

HOME ふるさと特派員 観光と味覚 但馬の秘境・おじろの滝めぐり

但馬の秘境・おじろの滝めぐり

但馬牛を生んだ名牛の里、香美町小代は手つかずの自然がいっぱいです。香住の海に注ぐ矢田川源流のひとつ
久須部川周辺には数多くの滝があり、緑濃い自然の営みを肌で感じようと、特派員グループ7名で滝めぐりをしてきました。
今回の活動のテーマは
 但馬の秘境の滝、棚田、巨木の探索と滝撮影技術の勉強、そして皆さんにも訪れていただきたい自然の宝庫のご紹介。
歩いたコースは
 久須部川の川床「滑川」→要滝・三段滝→吉滝→うへ山の棚田→新屋の八反の滝→とちのきの巨木
各箇所を撮影者をつけてご紹介します。カメラは一眼レフ、ミラーレス一眼、普通のデジカメなど様々です。
*************** 
スタートはふれあい温泉おじろんのすぐ前の川床 「滑床」 夏休みは元気な子供たちがにぎやかに遊んでいました。(ちゅうた)

要滝のいろいろな表情 モノすごい水量で圧巻です(おばやん・きっさん・ばたやん・せきやん)ークリックで大きくなります。

三段滝  ばたやんがおばやんに技術を教わっています(しもやん)

吉滝 滝つぼの背後の洞窟の中に吉滝神社があり、滝を裏側から観る事ができます。落差28m。(裏見の画像せきやん)

滝つぼのすぐ下の流れです(ばたやん)

近くに吉滝キャンプ場があります。小代区が一望できる展望台から見える棚田は黄金色。
その一角に ウヘ山の棚田があります。収穫が始まっていました。(みきちゃん)

谷向こうの新屋に移動しました。尼崎市立美方高原自然の家「とちのき村」があります。
ここには「新屋八反の滝」と数多くのとちの木の巨木があります。(八反の滝きっさん)(とちのきの巨木しもやん)

天候は穏やかな晴天、滝の水量も豊か、一番いい時に緑豊かな秘境を探索できました。今日の参加者の感想です。
ちゅうた  
  気持のよい季節に、心洗われる風景を楽しめました。
  見る方、守る方がいて但馬の自然は深いものになっていくものですね。
きっさん
  要滝は、うっそうとした中で怒涛の如く流れ落ちる勇壮さに感激!吉滝は、滝の裏から表から見上げてうっとり、
  滝裏側の善瀧神社に礼拝!新屋八反の滝は、高さ32mに圧倒、まるで天から降り注ぐ壮大感!
みきちゃん
  矢田川渓流の渓谷は初めて訪れました。 要滝・吉滝・新屋八反の滝は水量も豊富で、それぞれ個性的で印象深いものでした。
  とちのき村の大栃の木から実が落ちる音を聞いてびっくりしました。 紅葉の時期にもう一度訪れたい魅力的な場所ですね。
しもやん
  久須部渓谷で写真家小幡氏のレクチャー、成果や如何! 裏見の滝と言われる吉滝、御神体の滝を
  護るが如く狛犬が鎮座しています。栃巨木が集合した如く壮観な中で年齢不詳の山の神、幾多の歴史を見て来たのか!
ばたやん ーコメントが届きませんのでせきやん代筆ー
  おばやんに新しいミラーレス一眼の使い方をしつこく教わっていました。使い方の第一段階をクリアーしたようです。
せきやん
  今日の参加者7名、5人はそこそこの年齢です。しかし但馬の今を元気に発信。心の中はいつまで続くかこの元気。
  普通のデジカメのシャッタースピードを少しスローにして滝を撮影しました。

RECOMMEND

詳しく見る

投稿日 :
ふるさと特派員

春まつり

詳しく見る

投稿日 :
ふるさと特派員

但馬から行く天橋立

詳しく見る

豊岡市

投稿日 :
ふるさと特派員

とよおか歩キングコース<但東>を歩く

  • サイドバナー

RANKING

POPULAR TAG

ライター一覧

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'tajimaexpress_load_script' not found or invalid function name in /home/tajima1/public_html/core/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286