ふるさと特派員

HOME ふるさと特派員 隕石落下日本第1号の地!~朝来市和田山町竹ノ内~

隕石落下日本第1号の地!~朝来市和田山町竹ノ内~

取材日:令和3年8月20日

但馬ふしぎ発見! 今回は但馬の地における「日本第1号」をお届けします!

なにやら不思議な看板が・・・

朝来市和田山町の「糸井の大カツラ」を目指して車で走っていると、なにやら不思議な看板が・・・

隕石落下の地!?

しかも「日本第1号発見」って書いてある!

おそるおそる近づいてみましょう

看板の指す方向に近づいてみます。なにやら広場があり、そこに石碑のような物が見えます。

石碑がありました。他には何もありません。

石碑には、次のような文字が刻まれていました。

「明治十三年(一八八〇)二月十八日午前五時三〇分頃大きな火の玉が尾を引きながら南から北に向けて飛び来一大音響とともに落下した この光芒は兵庫大阪京都の三府県でも観察された 落下地点の字名により竹ノ内隕石と命名され重さは七一八、七グラムあった 国立科学博物館村山定男氏の調査の結果本邦に於いて落下日時場所標本が確認され化学分析等の科学的研究が行われた最初の隕石である このことは日本の科学史上貴重な資料であるといえる ここに落下百年を記念し現地に碑を建立して後世に伝える」

周りを見渡すも・・・

広場の中に石碑があるだけで、周りを見渡しても特に何もありません。隕石の落下痕や隕石そのものも見あたりませんでした。

 

700グラムの隕石って?

大きさがピンとこないので、700グラムの石を探してきました。だいたい大人の握りこぶしぐらいの大きさですね。こんなのが空から降ってきたら怖いですね。2月の5時半頃ということなので、まだ夜が明けておらず人的被害もなかったのでしょうか?

少しだけ調べてみたのですが、隕石の落下そのものは、一番古いもので平安時代に今の福岡県のあたりに落下した記録があるようですが、「科学的に研究が行われた隕石」としては、竹ノ内の隕石が「日本第1号」ということらしいです。

「糸井の大カツラ」とセットで見に行きましょう

隕石落下の地は石碑があるだけなので、これだけでは少し物足りないかもしれません。ここから約4km奥にある「糸井の大カツラ」とセットで見に行かれてはいかがでしょうか。(写真は6月に撮影したものです)

さらにそこから「床尾山」にも登ることもできます。興味のある方はこちらをどうぞ → 新緑の床尾山トレッキング

「ふるさと特派員」として、但馬の魅力を一緒に発信しませんか?

但馬の魅力をブログ形式で発信する「但馬ふるさと特派員」が募集されています。応募資格は・・・但馬が好きな人ならだれでもOK!とのこと。みなさんの「但馬のお気に入り・おすすめ」を教えてくださいね~。

詳しくはこちらを → 「但馬ふるさと特派員」大募集!

RECOMMEND

詳しく見る

養父市

投稿日 :
ふるさと特派員

2021但馬紅葉だより~養父市で秋の気配を探して~

詳しく見る

養父市

投稿日 :
ふるさと特派員

新たに誕生した「やぶ市民交流広場」とその周辺を早速散策してみました

詳しく見る

豊岡市

投稿日 :
ふるさと特派員

神鍋山散策で花々を楽しむ(豊岡市日高町栗栖野)

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー

EVENT CALENDAR

2021年9月

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

RANKING

POPULAR TAG

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー