ふるさと特派員

HOME ふるさと特派員 新緑の床尾山トレッキング

新緑の床尾山トレッキング

取材日:令和3年6月20日

朝来市和田山町から東床尾山へトレッキングに行ってきました。新緑がとてもきれいだったので、その様子をお届けします。

時間があれば西床尾山~東床尾山の周回ルートを歩きたかったのですが、時間の都合上、東床尾山へのピストンとなりました。

いきなり糸井の大カツラ

登山口の駐車場から600mで、但馬の巨木百選のひとつ「糸井の大カツラ」に到着。とても幻想的な写真が撮れました。

国の天然記念物に指定されており、幹周/19. 2m、樹高/36m、樹齢はなんと約2000年と言われています!主幹はすでに朽ちており、ひこばえにより内部の空洞が覆われています。

大カツラを過ぎると登山口があります。ここから本格的な登山のスタートです。

新緑のブナ林に勝るものなし

しばらく歩くとブナ林が。これは筆舌に尽くしがたい!足元そっちのけで樹々を見上げながら歩きます。

スリリングな沢渡り

登山道は途中まで沢に沿って進みます。小さな滝があったりして、とても清々しい気分に。マイナスイオンをチャージ!!

何箇所か沢を渡ります。昨日の雨で増水しています。橋が壊れているところもあるので慎重に。

衣谷鉱山精錬所跡

床尾山の和田山町側の山肌一帯は、古くから金山として栄え、かつては金の鉱脈が縦横に走り、昭和初期まで採掘されていました。この近辺に精錬所があったということです(写真の看板解説より抜粋)。 そうなんですね。初めて聞きました。

急登の直のぼり

さあ、ここからが本番です。直線的な急登を約40分間登り続けます。これは結構キツイ!お喋りをして気を紛らわせながら登ります。木陰で適度な風があり、汗が冷える感じが心地よいです。

空が開けてきました。もうすぐ頂上です。

登頂

豊岡方面を望む。奥に来日山が見えます。この日は雲が多かったのですが、360度パノラマは絶景です。この素晴らしさは登った人にしかわからないですよね~。

天気が良ければ色々な山が確認できます。氷ノ山や千ヶ峰も見ることができました。

頂上は広く開けています。ランチの後は、まったりコーヒータイム。山頂で飲むコーヒーは3倍うまい!!

山頂付近の動植物

頂上付近は全体的にキンシバイが植えられています。少し咲きかけていたのですが、これが満開になるとどうなるのか?楽しみです。

百合の花?

揚羽蝶もいました。

下山します

そろそろ下山します。直線的な急斜面を下るのを避けるため、少しだけう回するコースで下山します。ちょっとだけ尾根を歩きます、最高!

今回のルートは違いますが、西床尾山から東床尾山への縦走がいいらしいですよ~。また次回の楽しみにとっておきます。

ギンリョウソウを発見。アップで撮影してますが、実物はとても小さいです。

無事に下山しました

山登りは楽しいですが、気を付けなければいけない事もたくさんありますよね。

熊も生息していますので熊鈴は必須です。また、この季節はヤマビルも出てきますので、専用のスプレーを足回りにしておきましょう。

今回はじめて床尾山に登りましたが、変化に富んでいて、とてもいい山でした。ストレス発散して、明日への活力をチャージできました!

但馬には、氷ノ山や蘇武岳以外にも、登山するのにいい山がたくさんありますが、意外と知られていないと思うんですよね。また次回も別の山を紹介したいと思っています。それでは、よい山行を!

RECOMMEND

詳しく見る

朝来市

投稿日 :
ふるさと特派員

秋涼の季節・朝来市山東町の秋色を探索

詳しく見る

豊岡市

投稿日 :
ふるさと特派員

谷山川でミズアオイを見てまわる(豊岡市出石町弘道地区)

詳しく見る

養父市

投稿日 :
ふるさと特派員

2021但馬紅葉だより~養父市で秋の気配を探して~

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー

EVENT CALENDAR

2021年9月

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

RANKING

POPULAR TAG

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー