たじまのしぜん

HOME たじまのしぜん どうぶつ 冬鳥の代表ツグミ

冬鳥の代表ツグミ

秋が深まるにつれ、北からたくさんの鳥がやってきます。冬の間だけ、但馬で過ごす鳥を冬鳥(ふゆどり)といいます。実りの秋が終わってしまうと、山には鳥のエサとなる木や草の実がなくなってしまいます。
寒い冬の間、鳥たちは平地におりてきて、人家のまわりでエサをさがすようになります。その代表選手がツグミです。だれもが簡単に観察できる冬鳥ですが、あれがツグミとわかる人は少ないです。
そこで、ツグミを覚えましょう。実が残っているカキの木には、ツグミがよくやってきます。この写真のように、数羽の群で寄っていることが多いです。

アップで見るとこんな姿をしています。ヒヨドリくらいの大きさで、背中は茶色、お腹は白に黒い模様です。目の上にマユゲのような白い線が入るのが特徴です。
「キキキ」とよく通る声で鳴きます。木の実のほかには、地面におりて土の中のミミズや虫をよく食べています。
ツグミは冬の間じゅう、里で手軽に観察できる鳥です。近づきすぎると逃げますので、少し離れたところから双眼鏡で観察するとよいです。冬は里の鳥観察が楽しい季節です。寒がって家に閉じこもっていないで、ぜひ外に出て鳥をさがしてみましょう。
写真・文 コウノトリ市民研究所 高橋 信

RECOMMEND

詳しく見る

但馬全域

投稿日 :
たじまのしぜん

ヒキガエルの繁殖

詳しく見る

豊岡市

投稿日 :
たじまのしぜん

アユカケの稚魚

詳しく見る

投稿日 :
たじまのしぜん

キビタキ

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー

EVENT CALENDAR

2021年3月

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

RANKING

POPULAR TAG

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー