ふるさと特派員

HOME ふるさと特派員 伝統・歴史遺産 朝来市佐中の千年家

朝来市佐中の千年家

朝来市佐中に通称『千年家』があります。明治・大正時代に日本財界で活躍した「原六郎(進藤俊三郎)」の生まれ育った住宅です。
塀越しに外観を見ると薄っすらと屋根に雪が残り、築500年位の年月が経っていますが歴史の重みをズッシリと感じました。

道路沿いの案内看板です。

足利時代の1460~1480年頃建てられたのではないかといわれ、柱や梁が太く、天井の低い造りとなっています。
通用門です。看板は新しく作ってあります。500年前のものではないでしょう。

平成2年(1990年)夏、「サンTV]が取材に来町した際に、スタッフの西條遊児氏が初めて「佐中千年家」と呼称し、
以後通称として使われるようになったそうです。

ひなびた小集落に似合う合掌作りの屋根で、喧騒な現世を忘れさせる清涼さを味わいました。

RECOMMEND

詳しく見る

朝来市

投稿日 :
ふるさと特派員

竹田城跡花屋敷特別公開

詳しく見る

養父市

投稿日 :
ふるさと特派員

レトロな魅力!八鹿駅と跨線橋

詳しく見る

朝来市

投稿日 :
ふるさと特派員

防火祈願『愛宕神社松明祭り』

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー

RANKING

POPULAR TAG

ライター一覧

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー