ふるさと特派員

HOME ふるさと特派員 出石節分そばをいただきました

出石節分そばをいただきました

~鬼も食べに来るほどのおいしさ~

冬から春に変わる立春の前日である節分を、江戸時代では年越しの日という考え方があり、節分にいただくそばを「年越しそば」としていました。その後、暦歴が使われるようになると、大晦日にいただくそばを「年越しそば」、節分にいただくそばを「節分そば」と言い表すようになったということです。(参照:出石節分そば説明文より)
今年から初めての試みとして、出石のそば屋さん10店舗で「節分そば」を始められました。
そば好きの私としては見逃すことはできません。1月終わりの土日に4軒をはしごしました。
そのお味は如何に?

そば庄

節分そばは、お持ち帰りができ家で美味しく食べられるようにと、テイクアウト用お椀と汁入れ、節分そばの由来を書いた帯封、それから何と!出石の宗鏡寺ご住職に御祈祷いただいた節分豆が付きます。(ええーーい!コロナ鬼退散!)

最初はそば庄さんです。玄関の蠟梅がきれいですねえ。
黒めのそばと薬味のネギでシンプルにいただきます。そばの味が口中に広がり、「ああ、そばを喰ってる」感に浸ります。そば粉は地元産です。
昔の出石そばは、そばの乗った皿にネギを置き、汁をかけ、そばをすすって残った汁を次の皿にかけ回していただいたもので、昔の記憶がよみがえるようなそばです。

甚兵衛

次は甚兵衛さんです。店前の橋の下に鯉が泳いでいます。
ネギと大根おろしが付いています。
こちらのそばは、角の立ったそばですね。口に放り込むと、しゃきっとしたそばの一本いっぽんを感じ心地よい感触を残して、そばが喉の奥に落ちていきます。

たくみや

たくみやさんです。古民家を改修した店舗が、自然な感じで出石のまち並みにとけこんでいます。
ネギと大根おろし、鰹節がかかっています。
こちらのそばは、優しい味がします。鰹節のふんわりとしたうま味と一緒にそばをすすると、一層そばのおいしさが引き立ちます。

みくら

最後に、出石城跡の下にあるみくらさんです。
トッピングはネギ、とろろ、天かす、半熟卵が付いています。
こちらのそばは楽しいですねえ。ネギのあたりから食べ始め、汁を吸った天かすを絡めつつ、とろろのもっちり感を味わって、フィニッシュは黄身をつぶしてそばに絡めてすすりこんだら、大満足でした。

撮影に協力いただいたお店の御亭主やおかみさん、有難うございました。
節分そばは、2月2日までいただくことができます。来年も企画するとのことでした。来年は別のお店にも行くぞ!

RECOMMEND

詳しく見る

但馬全域

投稿日 :
ふるさと特派員

出石から<ホタルの里奥米地>出石街道の道探索

詳しく見る

新温泉町

投稿日 :
ふるさと特派員

大型遊具が登場!但馬牧場公園

詳しく見る

豊岡市

投稿日 :
ふるさと特派員

季節の花情報・・・夏ツバキが咲き始めました

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー

EVENT CALENDAR

2021年6月

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

RANKING

POPULAR TAG

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー