たじまのしぜん

ホオノキ

ホオノキは、高さが30mにもなります。太さも幹周りが3mを越えるものがあります。ホオノキは、高くなり枝を大きく広げ、一本でも広い場所を占めます。花は次から次へと咲き、花の見られる期間はかなり長くなります。

葉も大きく、長さが40cm、幅が20cmに達するものがあります。一枚の葉としては日本の樹木の中では最大級の大きさです。
花もまた大きく、直径が15cmくらいあり、これも日本産の樹木では最大級の大きさです。
 樹高が高いので花を間近に見ることはなかなかできません。
 近くで見たらじっくりと見てみてください。

これはつぼみです。まだかたいです。
 この花は、性転換をします。
 ホオノキの花は3日間ほど閉じたり開いたりします。

咲き始めです。

初日、開花前。
 初日は、雌です。中央にめしべが集合しています。反り返っていて受粉可能になっています。その周りにあるのがおしべです。赤いのが花糸です。その上の白い部分から花粉が出てきます。雌の時期には花粉は出ません。

翌日になると、めしべは閉じます。花粉を受けることはできません。花粉が出始めます。

三日目になるとおしべは花から離れていきます。

ホオノキの花からはとてもいい香りがします。
 虫を誘っているのです。

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー

RANKING

POPULAR TAG

ライター一覧

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー