ふるさと特派員

HOME ふるさと特派員 伝統・歴史遺産 400年の伝統「寺内ざんざか踊り」奉納

400年の伝統「寺内ざんざか踊り」奉納

ざんざか踊り
7月15日、寺内ざんざか踊り奉納

朝来市和田山町寺内、山王神社(佐伎都比古阿流知命神社(さきつひこあるちのみことじんじゃ)において、

毎年7月の第3日曜日(今年は15日)子孫の繁栄と五穀豊穣・天下泰平を祈念し、奉納される太鼓踊りです。

400年間にわたり踊り継がれてきて、兵庫県無形民俗文化財に指定されています。

 

側踊り 11人

踊り手は茶褐色に水玉模様の山王神社の使者であるサルの装いで、腰の太鼓を叩きながら輪になって踊る「側踊り」11人います。

新発意(しんぼし)」2人

笠をつけて、特殊なうちわを振りつつ踊りながら全体の指揮をとる「新発意(しんぼし)」2人がいます。

中踊り 2人

輪の中心では「しない」(12か月をしめす12本の竹すだれに365日をしめす365枚の紙しでをとりつけたもの)を背につけた2人が、それを互いにからませたり、地面に打ち付けたりしながら踊ります。

音頭方 3人

音頭方3人の息の合った歌と囃子、名調子で踊り方をリードします。

ざんざかざっとう、ざんざかざっとう

「太鼓踊り」ともいわれていますが、歌に合わせて打つ太鼓の音が、あたかも「ざんざかざっとう、ざんざかざっとう」と響くこと、12種の歌のいずれにも「ざんざかざっとう、ざんざかざっとう」の囃子がともなうことから「ざんざか踊り」と名付けられたといわれています。

本殿に向かって

真夏の37℃の猛暑の中、約40分間の踊り、最後は本殿へ報告で終わります。

山王神社に奉納後は、場所を光福寺に移して奉納します。

RECOMMEND

詳しく見る

豊岡市

投稿日 :
ふるさと特派員

幟(のぼり)まわし

詳しく見る

朝来市

投稿日 :
ふるさと特派員

小雪ちらつく石垣

詳しく見る

投稿日 :
ふるさと特派員

かばんデザインコンテスト<但馬の元気>

  • サイドバナー
  • サイドバナー

RANKING

POPULAR TAG

ライター一覧

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'tajimaexpress_load_script' not found or invalid function name in /home/tajima1/public_html/core/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286