ふるさと特派員

HOME ふるさと特派員 癒しの森、秋色の但馬高原植物園を満喫!

癒しの森、秋色の但馬高原植物園を満喫!

取材日:2020年11月5日

11月の初旬、香美町村岡区和池にある但馬高原植物園-瀞川平-にやってきました。

但馬高原植物園は、樹齢千年の大カツラの保護をテーマに開園された植物園です。
パンフレットによると「平地植物の上限、高地植物の下限、南方植物の北限、北方植物の南限」であり、日本でも有数の植生豊かな地域の中にある自然植物園ということです。

秋の植物園はどんな顔をみせてくれるのでしょうか?

たじま高原植物園のレストラン「ヒュッテブルンネン」では、本格的な但馬牛を味わうことができます。
腹ごしらえをして散策するのもいいですね!

 

秋色の散策道

レストランや受付のある建物から一歩外に出ると秋色の風景が広がっています。
夏に訪れると青々とした木々をみることができますが、秋には雰囲気が一変しますね。

いやしの森ガーデンテラス

雰囲気のあるガーデンテラスです。
こちらのガーデンテラスでは、「癒しの森のわんわんレストラン」として愛犬と一緒に食事を楽しむことができます。
ワンちゃん専用の但馬牛料理もあるそうですよ!?

ツリーハウス

園内に設置されたツリーハウスではバーベキューをすることができます。
まるでトムソーヤの冒険をしているようなワクワク感がありますね!

但馬高原植物園では、その自然を生かした様々なシチュエーションで食事を楽しむことができます。
冬場には「かまくらレストラン」が登場し、雪のかまくらの中で但馬牛を味わうこともできるみたいです。

四季の庭

こちらは、季節を楽しむことのできる「四季の庭」です。
みごとに秋の風景となっていました。

やわらが池の紅葉

園内にある「やわらが池」という池では、素晴らしい紅葉をみることができました。

水面に写った紅葉

やわらが池に写った紅葉です。

大カツラへの道

但馬高原植物園のシンボルである和池の大カツラに向かいます。
水の流れる音が心地よく自然と足が前に進みます。

和池の大カツラ

和池の大カツラに到着しました!
とても神秘的な雰囲気が伝わる空間になっています。
この大カツラは、幹回り16m、樹高38m、樹齢1000年以上と言われる巨木です。

大カツラのはえている下に川が流れています。

かつらの千年水

この大カツラの上手からは、日量5,000tもの水が湧き出していて水をくむことができいます。
「かつらの千年水」として、環境省が選ぶ「平成の名水百選」に認定されたており、水温は約10度、純度の高い軟水です。

植物園前の道路沿いには、「かつらの千年水」を購入できる自動販売機が設置されていましたよ!

秋の但馬高原植物園を存分に楽しむことができました。
これから紅葉もどんどんと進んでいくことだと思います。

自然の中に身をおき心を癒しながら、ゆっくり散歩してみてはいかがでしょうか?

【但馬高原植物園】
開園期間:毎年4月初旬~11月
入園時間:午前9:00~午後5:00
詳しくは但馬高原植物園のホームページをご覧ください。
http://tajima-garden.jp/

 

香美町内の紅葉状況ラインナップ

こちらをご覧ください。
2020紅葉・香美町

 

関連記事

但馬高原植物園からほど近い村岡中心地周辺の紅葉情報です。

但馬の山々が色づき始めました。紅葉に関するブログをまとめました!

RECOMMEND

詳しく見る

朝来市

投稿日 :
ふるさと特派員

晩秋の和田山中央文化公園~メタセコイヤの並木道三変化~

詳しく見る

香美町

投稿日 :
ふるさと特派員

駅サプリ・JR山陰線「香住駅」周辺は不思議ゾーンだった

詳しく見る

朝来市

投稿日 :
ふるさと特派員

冬の但馬グルメ・日本三大ねぎ「岩津ねぎ」解禁!

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー

EVENT CALENDAR

2020年11月

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

RANKING

POPULAR TAG

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー