但馬のイベント情報

今月のイベント 今日から1週間のイベント

2016年6月のイベント

1
(Wed)
2
(Thu)
3
(Fri)
4
(Sat)
5
(Sun)
6
(Mon)
7
(Tue)
8
(Wed)
9
(Thu)
10
(Fri)
11
(Sat)
12
(Sun)
13
(Mon)
14
(Tue)
15
(Wed)
16
(Thu)
17
(Fri)
18
(Sat)
19
(Sun)
20
(Mon)
21
(Tue)
22
(Wed)
23
(Thu)
24
(Fri)
25
(Sat)
26
(Sun)
27
(Mon)
28
(Tue)
29
(Wed)
30
(Thu)

今日から1週間のイベント

30
(Thu)
開催日
2016年3月12日(Sat)〜8月30日(Tue)

 2月末まで募集した公募BIG LABO!!「猫屋敷・・・展」を開催します。

 BIG LABO!!「猫屋敷・・・展」は、8月30日(火)まで開催しています。
 アートファンのみなさん、猫好きのみなさんはもちろん、春休み・夏休みにはお子さんといっしょにご家族で遊びにきてください!!

■入場料
 一般300円、中学生以下150円
 ※ココロンカードの提示で兵庫県内の小学生・中学生は無料です。
日時3月12日(土曜)〜8月30日(火曜)
 午前9時〜午後5時(入場は午後4時30分まで)
 ※水曜日は休館です(祝日のときは翌日)
場所おおやアート村BIGLABO展示場(旧八鹿高等学校大屋校:養父市大屋町加保7番地)

■連絡先
NPO法人おおやアート村BIG LABO
 TEL/079-669-2449
 FAX/079-669-2448
 MAIL/ooyart@biglabo.info

養父市
美術展/展覧会
公募BIG LABO!!猫屋敷・・・展1
開催日
2016年5月21日(Sat)〜9月25日(Sun)

 朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」は開館10周年を迎えます。
 これを記念し、市民の皆さんになじみの深い「池田古墳」の出土資料を一斉公開する特別展を開催します。
 地元での一斉公開は初めてです。全国最多の出土数を誇る水鳥形埴輪も皆さんをお待ちしています。
 是非、この機会にお越しください。

■内容
 池田古墳の調査開始から45年を振り返り、出土品をはじめさまざまな資料を展示

日時5月21日(土曜)〜9月25日(日曜)
 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
 ※月曜休館(祝日の場合は翌日)
場所朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」特別展示室
(朝来市山東町大月91−2)
特別展観覧料100円(高校生以上)

※中学生以下及び65歳以上、障がい者手帳をお持ちの方は無料。
 また、障がい者及び小中学校の引率者は免除。団体割引あり(20名以上1割引き


■連絡先
朝来市埋蔵文化財センター古代あさご館
 TEL/079-670-7330
 FAX/079-670-7333
 住所/〒669-5153兵庫県朝来市山東町大月91-2

朝来市
美術展/展覧会
古代あさご館 鳥と翔ける王〜池田古墳出土資料一斉公開〜1
開催日
2016年6月19日(Sun)〜7月3日(Sun)

但馬長寿の郷ギャラリー「温(ぬくもり)」において、「写友みずばしょう」による「第9回写友みずばしょう写真展」を開催します。


内容
 但馬長寿の郷ギャラリー「温(ぬくもり)」において、「写友みずばしょう」による「第9回写友みずばしょう写真展」を開催します。
 養父市内在住の写真愛好家グループである「写友みずばしょう」による自然写真やスナップ写真等が多数展示されていますので、ぜひ御来場ください。

■日時:6/19(日)〜7/3(日)9:00〜16:00



備考・注意事項
※7月3日は16時終了です。

開催場所県立但馬長寿の郷 レストラン棟2階 ギャラリー「温(ぬくもり)」
開催場所住所養父市八鹿町国木594−10



■連絡先
住所/養父市八鹿町国木594-10 県立但馬長寿の郷
TEL/079-662-8456

全但馬
美術展/展覧会
開催日
2016年6月24日(Fri)〜9月27日(Tue)

 江戸時代、現在の豊岡市は出石藩と豊岡藩、二つの藩にわかれていました。各藩の政治の中心は出石城と豊岡陣屋でした。豊岡市教育委員会では、近年この二つの「城」を発掘調査しており、新しい発見が増えています。
 今回の展覧会では、発掘調査成果と絵図等から当時の景観を復元し、二つの城と城下町を紹介します。江戸時代の出石と豊岡の人々は、どんな「城」や景色を眺めていたのか、思いを馳せていただければ幸いです。

■主な展示資料
(1)出石城の発掘
 ・出石城 本丸、二の丸、三の丸出土資料
 ・「出石城之図」、トレンチ配置図
 ・現場写真
(2)豊岡陣屋の発掘
 ・豊岡陣屋出土資料、図面、写真
 ・「豊岡之図(文化11年写元禄15年豊岡城下図)」
(3)その後の出石城・豊岡陣屋と城下町
 ・「但州出石城下之図」(パネル)
 ・「禾亭昔噺し」
 ・「豊岡街並絵図」
(4)発掘調査速報
 おもに平成15〜16年度におこなった山里曲輪の発掘調査、石垣積み直しの様子をDVDで紹介します。)

■入場料
 大人500円(400円)
 65歳以上250円(200円)
 高校生200円(150円)
 小・中学生150円(100円)
 ※(  )は20名以上の団体料金
 ※65歳以上の方は半額になります。年齢を証明できるものをご提示ください。
 ※兵庫県内の小・中学生は無料です。ココロンカードをご提示ください。
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ
 

日時6月24日(金曜)〜9月27日(火曜)
 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場但馬国府・国分寺館 企画展示室
休館日毎週水曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)

■関連イベント
1.講演「豊岡の二大城!!」
 日時:9月10日(土) 午後1時30分〜
 場所:日高農村環境改善センター 多目的ホール
 講師:西尾孝昌氏(山名氏城跡保存会会長)

■連絡先
豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−
 TEL/0796-42-6111 
 FAX/0796-42-6112
 住所/〒669-5305 豊岡市日高町祢布808 

豊岡市
美術展/展覧会
豊岡市立歴史博物館 第38回企画展「知られざる!!豊岡の二大城−出石城と豊岡陣屋−」1
開催日
2016年6月25日(Sat)〜7月3日(Sun)

 養父市大屋町大杉にある「木彫展示館」周辺で「うちげぇのアートおおや」が開催されます。

“うちげぇ”というのは、但馬弁で、”私の(うちの)家”という意味
 古民家を利用した会場で、絵画や書、木彫など地元芸術家13名の作品が展示されます。
 大屋は、その昔養蚕で栄えたまち・・・。その面影を残した風景や自然と共に、お楽しみ下さい。

■料金
 入場無料

​■オープニングパーティー
 6/25(土)​18:00から
 会場:いろり 入場無料

・PanJumbie Live -パンジャビ
​ 〜カリブ海の楽器スティールパンのバンド〜

・​潮吹亭六巻-しおふくていろっく-
 〜子供落語〜

​■新井厚子ワークショップ
 6/26(土)​13:30から
 会場:木彫展示館 参加費無料
​・ぷつぷつマジキリげぇ
 ​展示用穴あきパネルに色々な材料を引っ掛けたり吊ったりして作品を作ります。

■木彫公開制作
 ほぼ毎日
 大屋のアートシーンの根幹でもある但馬木彫。
 ​地元作家による木彫の公開制作が見られるかも。

■書−あなたの言葉書きます−
 ほぼ毎日
​ 近藤研秀 会場:いろり
 前田華汀 会場:木彫展示館

​■占い−金子游煌−
 6/26(土)​12:00から17:00
 会場:木彫展示館 

​■スタンプラリー
 展示会場3つ以上でうちげぇのカンバッチプレゼント
 ​限定300名様

■おみやげ
 地元のおいしい新鮮野菜など

■作家一覧
 正垣宏樹さん(木彫)
 中尾健二さん(木彫)
 松田一戯さん(木彫)
 松田京子さん(木彫)
 松田掲三さん(木工)
 近藤研秀さん(書)
 前田華汀さん(書)
 井上奏さん(陶)
 戸川勝義さん(染)
 田中今子さん(絵画)
 田中孝さん(絵画)
 新井厚子さん(美術)
 河内友久さん(美術)

会期6月25日(土)〜7月3日(日)
 10:00〜18:00
 ※最終日のみ17:00まで
展示会場養父市大屋町大杉
−ふるさと交流の家いろり
−木彫展示館創作棟
−分散ギャラリー養蚕農家


■連絡先
うちげぇのアート実行委員会事務局(旧南谷保育所 Gocco)
 TEL/090-9869-6012
 MAIL/monopuzzle00@gmail.com
 住所/〒667-0314 養父市大屋町大杉1062

養父市
美術展/展覧会
うちげぇのアートおおや1
開催日
2016年6月26日(Sun)〜9月20日(Tue)

 昭和19(1944)年春、旧高橋村(現在の豊岡市但東町高橋地区)の方々が、「満州国」(現在の中国東北部)に入植しました。団の名称は「第十三次大兵庫開拓団」。
 太平洋戦争のさなか、移住を推し進めた当時の国策にしたがい、479名の方々が海を渡りました。
 そして、昭和20(1945)年8月9日、旧ソ連軍の「満州国」への軍事侵攻に伴う混乱の中で、開拓団員の逃避行が始まり、8月17日、298名の方々が入水自決という悲惨な最期を迎えます。

 本展では特に、当時の日本の「国策」として満州開拓が推進されていった背景や、高橋村からの送出の経緯に焦点を当てます。
 村に残された当時の資料(公文書)や関係者の証言を紹介するとともに、現地の写真もまじえ、開拓団の軌跡をたどります。

 7月31日(日)と8月7日(日)には、いずれも午後2時〜当館の会場内で、元開拓団員の方のお話会もおこないます。
 当時を実際によく知る方のお話を聞くことのできる貴重な機会です。

「戦後70年」が過ぎた今日、あらためて、戦争が地域社会にもたらした”事実”を考える機会になれば、幸いです。

■入館料
 一般500円(450円)   
 高校・大学生300円(250円)
 小・中学生200円(150円)
 (  )内の金額は、20名以上の団体料金
 65歳以上250円(年齢を証明できるものを提示)
 身体障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は各料金の半額(手帳を提示)
 ※兵庫県内の小・中学生は、ココロンカードの提示により無料
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ

期間6月26日(日曜)〜9月20日(火曜)
 午前9時30分〜午後5時
場所日本・モンゴル民族博物館 企画展示室
休館日毎週水曜日(水曜が祝日の場合、翌日休館)

■連絡先
日本・モンゴル民族博物館
 TEL/0796-56-1000  
 FAX/0796-56-1022
 MAIL/monpaku@city.toyooka.lg.jp
 住所/〒668-0345 兵庫県豊岡市但東町中山711

豊岡市
美術展/展覧会
日本・モンゴル民族博物館「満州『大兵庫開拓団』と高橋村」1
開催日
2016年6月30日(Thu)

 ひきこもり支援の現場から見えてくることを通じて、誰もが参加できる社会のあり方について考えます。
 ご本人はもちろん、ご家族、関係者、また関心のある方ならどなたでもご参加いただけます。

■講師
 木村尚子さん(一般社団法人暮らしの学校農楽(の〜ら)代表理事)

日時6月30日(木曜)
 午後7時00分〜午後9時00分
場所養父市立養父公民館A研修室

■連絡先
養父市市民生活部人権・協働課
 TEL/079-662-7601
 FAX/079-662-7491
 MAIL/jinken_kyoudou@city.yabu.lg.jp

養父市
講演会/セミナー
人権学びステーション「ひきこもり支援と地域社会のあり方」1
1
(Fri)
開催日
2016年3月12日(Sat)〜8月30日(Tue)

 2月末まで募集した公募BIG LABO!!「猫屋敷・・・展」を開催します。

 BIG LABO!!「猫屋敷・・・展」は、8月30日(火)まで開催しています。
 アートファンのみなさん、猫好きのみなさんはもちろん、春休み・夏休みにはお子さんといっしょにご家族で遊びにきてください!!

■入場料
 一般300円、中学生以下150円
 ※ココロンカードの提示で兵庫県内の小学生・中学生は無料です。
日時3月12日(土曜)〜8月30日(火曜)
 午前9時〜午後5時(入場は午後4時30分まで)
 ※水曜日は休館です(祝日のときは翌日)
場所おおやアート村BIGLABO展示場(旧八鹿高等学校大屋校:養父市大屋町加保7番地)

■連絡先
NPO法人おおやアート村BIG LABO
 TEL/079-669-2449
 FAX/079-669-2448
 MAIL/ooyart@biglabo.info

養父市
美術展/展覧会
公募BIG LABO!!猫屋敷・・・展1
開催日
2016年5月21日(Sat)〜9月25日(Sun)

 朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」は開館10周年を迎えます。
 これを記念し、市民の皆さんになじみの深い「池田古墳」の出土資料を一斉公開する特別展を開催します。
 地元での一斉公開は初めてです。全国最多の出土数を誇る水鳥形埴輪も皆さんをお待ちしています。
 是非、この機会にお越しください。

■内容
 池田古墳の調査開始から45年を振り返り、出土品をはじめさまざまな資料を展示

日時5月21日(土曜)〜9月25日(日曜)
 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
 ※月曜休館(祝日の場合は翌日)
場所朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」特別展示室
(朝来市山東町大月91−2)
特別展観覧料100円(高校生以上)

※中学生以下及び65歳以上、障がい者手帳をお持ちの方は無料。
 また、障がい者及び小中学校の引率者は免除。団体割引あり(20名以上1割引き


■連絡先
朝来市埋蔵文化財センター古代あさご館
 TEL/079-670-7330
 FAX/079-670-7333
 住所/〒669-5153兵庫県朝来市山東町大月91-2

朝来市
美術展/展覧会
古代あさご館 鳥と翔ける王〜池田古墳出土資料一斉公開〜1
開催日
2016年6月19日(Sun)〜7月3日(Sun)

但馬長寿の郷ギャラリー「温(ぬくもり)」において、「写友みずばしょう」による「第9回写友みずばしょう写真展」を開催します。


内容
 但馬長寿の郷ギャラリー「温(ぬくもり)」において、「写友みずばしょう」による「第9回写友みずばしょう写真展」を開催します。
 養父市内在住の写真愛好家グループである「写友みずばしょう」による自然写真やスナップ写真等が多数展示されていますので、ぜひ御来場ください。

■日時:6/19(日)〜7/3(日)9:00〜16:00



備考・注意事項
※7月3日は16時終了です。

開催場所県立但馬長寿の郷 レストラン棟2階 ギャラリー「温(ぬくもり)」
開催場所住所養父市八鹿町国木594−10



■連絡先
住所/養父市八鹿町国木594-10 県立但馬長寿の郷
TEL/079-662-8456

全但馬
美術展/展覧会
開催日
2016年6月24日(Fri)〜9月27日(Tue)

 江戸時代、現在の豊岡市は出石藩と豊岡藩、二つの藩にわかれていました。各藩の政治の中心は出石城と豊岡陣屋でした。豊岡市教育委員会では、近年この二つの「城」を発掘調査しており、新しい発見が増えています。
 今回の展覧会では、発掘調査成果と絵図等から当時の景観を復元し、二つの城と城下町を紹介します。江戸時代の出石と豊岡の人々は、どんな「城」や景色を眺めていたのか、思いを馳せていただければ幸いです。

■主な展示資料
(1)出石城の発掘
 ・出石城 本丸、二の丸、三の丸出土資料
 ・「出石城之図」、トレンチ配置図
 ・現場写真
(2)豊岡陣屋の発掘
 ・豊岡陣屋出土資料、図面、写真
 ・「豊岡之図(文化11年写元禄15年豊岡城下図)」
(3)その後の出石城・豊岡陣屋と城下町
 ・「但州出石城下之図」(パネル)
 ・「禾亭昔噺し」
 ・「豊岡街並絵図」
(4)発掘調査速報
 おもに平成15〜16年度におこなった山里曲輪の発掘調査、石垣積み直しの様子をDVDで紹介します。)

■入場料
 大人500円(400円)
 65歳以上250円(200円)
 高校生200円(150円)
 小・中学生150円(100円)
 ※(  )は20名以上の団体料金
 ※65歳以上の方は半額になります。年齢を証明できるものをご提示ください。
 ※兵庫県内の小・中学生は無料です。ココロンカードをご提示ください。
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ
 

日時6月24日(金曜)〜9月27日(火曜)
 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場但馬国府・国分寺館 企画展示室
休館日毎週水曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)

■関連イベント
1.講演「豊岡の二大城!!」
 日時:9月10日(土) 午後1時30分〜
 場所:日高農村環境改善センター 多目的ホール
 講師:西尾孝昌氏(山名氏城跡保存会会長)

■連絡先
豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−
 TEL/0796-42-6111 
 FAX/0796-42-6112
 住所/〒669-5305 豊岡市日高町祢布808 

豊岡市
美術展/展覧会
豊岡市立歴史博物館 第38回企画展「知られざる!!豊岡の二大城−出石城と豊岡陣屋−」1
開催日
2016年6月25日(Sat)〜7月3日(Sun)

 養父市大屋町大杉にある「木彫展示館」周辺で「うちげぇのアートおおや」が開催されます。

“うちげぇ”というのは、但馬弁で、”私の(うちの)家”という意味
 古民家を利用した会場で、絵画や書、木彫など地元芸術家13名の作品が展示されます。
 大屋は、その昔養蚕で栄えたまち・・・。その面影を残した風景や自然と共に、お楽しみ下さい。

■料金
 入場無料

​■オープニングパーティー
 6/25(土)​18:00から
 会場:いろり 入場無料

・PanJumbie Live -パンジャビ
​ 〜カリブ海の楽器スティールパンのバンド〜

・​潮吹亭六巻-しおふくていろっく-
 〜子供落語〜

​■新井厚子ワークショップ
 6/26(土)​13:30から
 会場:木彫展示館 参加費無料
​・ぷつぷつマジキリげぇ
 ​展示用穴あきパネルに色々な材料を引っ掛けたり吊ったりして作品を作ります。

■木彫公開制作
 ほぼ毎日
 大屋のアートシーンの根幹でもある但馬木彫。
 ​地元作家による木彫の公開制作が見られるかも。

■書−あなたの言葉書きます−
 ほぼ毎日
​ 近藤研秀 会場:いろり
 前田華汀 会場:木彫展示館

​■占い−金子游煌−
 6/26(土)​12:00から17:00
 会場:木彫展示館 

​■スタンプラリー
 展示会場3つ以上でうちげぇのカンバッチプレゼント
 ​限定300名様

■おみやげ
 地元のおいしい新鮮野菜など

■作家一覧
 正垣宏樹さん(木彫)
 中尾健二さん(木彫)
 松田一戯さん(木彫)
 松田京子さん(木彫)
 松田掲三さん(木工)
 近藤研秀さん(書)
 前田華汀さん(書)
 井上奏さん(陶)
 戸川勝義さん(染)
 田中今子さん(絵画)
 田中孝さん(絵画)
 新井厚子さん(美術)
 河内友久さん(美術)

会期6月25日(土)〜7月3日(日)
 10:00〜18:00
 ※最終日のみ17:00まで
展示会場養父市大屋町大杉
−ふるさと交流の家いろり
−木彫展示館創作棟
−分散ギャラリー養蚕農家


■連絡先
うちげぇのアート実行委員会事務局(旧南谷保育所 Gocco)
 TEL/090-9869-6012
 MAIL/monopuzzle00@gmail.com
 住所/〒667-0314 養父市大屋町大杉1062

養父市
美術展/展覧会
うちげぇのアートおおや1
開催日
2016年6月26日(Sun)〜9月20日(Tue)

 昭和19(1944)年春、旧高橋村(現在の豊岡市但東町高橋地区)の方々が、「満州国」(現在の中国東北部)に入植しました。団の名称は「第十三次大兵庫開拓団」。
 太平洋戦争のさなか、移住を推し進めた当時の国策にしたがい、479名の方々が海を渡りました。
 そして、昭和20(1945)年8月9日、旧ソ連軍の「満州国」への軍事侵攻に伴う混乱の中で、開拓団員の逃避行が始まり、8月17日、298名の方々が入水自決という悲惨な最期を迎えます。

 本展では特に、当時の日本の「国策」として満州開拓が推進されていった背景や、高橋村からの送出の経緯に焦点を当てます。
 村に残された当時の資料(公文書)や関係者の証言を紹介するとともに、現地の写真もまじえ、開拓団の軌跡をたどります。

 7月31日(日)と8月7日(日)には、いずれも午後2時〜当館の会場内で、元開拓団員の方のお話会もおこないます。
 当時を実際によく知る方のお話を聞くことのできる貴重な機会です。

「戦後70年」が過ぎた今日、あらためて、戦争が地域社会にもたらした”事実”を考える機会になれば、幸いです。

■入館料
 一般500円(450円)   
 高校・大学生300円(250円)
 小・中学生200円(150円)
 (  )内の金額は、20名以上の団体料金
 65歳以上250円(年齢を証明できるものを提示)
 身体障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は各料金の半額(手帳を提示)
 ※兵庫県内の小・中学生は、ココロンカードの提示により無料
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ

期間6月26日(日曜)〜9月20日(火曜)
 午前9時30分〜午後5時
場所日本・モンゴル民族博物館 企画展示室
休館日毎週水曜日(水曜が祝日の場合、翌日休館)

■連絡先
日本・モンゴル民族博物館
 TEL/0796-56-1000  
 FAX/0796-56-1022
 MAIL/monpaku@city.toyooka.lg.jp
 住所/〒668-0345 兵庫県豊岡市但東町中山711

豊岡市
美術展/展覧会
日本・モンゴル民族博物館「満州『大兵庫開拓団』と高橋村」1
開催日
2016年7月1日(Fri)

7月中旬からの海水浴シーズンを目前に、海の安全を祈り海開きの神事を行います。遊覧船に乗ってジオパークの絶景を見学しませんか?

内容
【日 時】 平成28年7月1日(金) 午前9時〜

【場 所】 町内7つの海水浴場
      (安木浜・佐津・柴山・臼ヶ浦・今子浦・香住浜・三田浜)
      ※集合場所:三田浜海水浴場(メイン会場)

【参加者】 先着30名(事前受付)

【参加費】 無  料

【内 容】
◎遊覧船で7つの海水浴場めぐり
 海上より町内7つの海水浴場の安全祈願の神事を行います(ジオパークめぐり)。
◎乗船後、昼食のサービスがあります。

【お申込み方法】
平成28年6月30日(木)までに、メールかファックスでお申し込み下さい。「ジオパーク海開行事参加希望」と明記の上、住所・氏名・年齢・職業・電話番号・(Faxでお申し込みの場合はFax番号も)を書いて下記までお申し込み下さい。

香美町香住観光協会
TEL: 0796-36-1234、FAX: 0796-36-3388
E-mail: kasumi-kanko@mxa.nkansai.ne.jp



備考・注意事項
荒天で遊覧船が出航できない場合は、バスでの海水浴場めぐりとなります。

開催場所町内7つの海水浴場
開催場所住所兵庫県美方郡香美町香住区



■連絡先

香美町
式典/祭典
ジオパーク海開行事1
2
(Sat)
開催日
2016年3月12日(Sat)〜8月30日(Tue)

 2月末まで募集した公募BIG LABO!!「猫屋敷・・・展」を開催します。

 BIG LABO!!「猫屋敷・・・展」は、8月30日(火)まで開催しています。
 アートファンのみなさん、猫好きのみなさんはもちろん、春休み・夏休みにはお子さんといっしょにご家族で遊びにきてください!!

■入場料
 一般300円、中学生以下150円
 ※ココロンカードの提示で兵庫県内の小学生・中学生は無料です。
日時3月12日(土曜)〜8月30日(火曜)
 午前9時〜午後5時(入場は午後4時30分まで)
 ※水曜日は休館です(祝日のときは翌日)
場所おおやアート村BIGLABO展示場(旧八鹿高等学校大屋校:養父市大屋町加保7番地)

■連絡先
NPO法人おおやアート村BIG LABO
 TEL/079-669-2449
 FAX/079-669-2448
 MAIL/ooyart@biglabo.info

養父市
美術展/展覧会
公募BIG LABO!!猫屋敷・・・展1
開催日
2016年5月21日(Sat)〜9月25日(Sun)

 朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」は開館10周年を迎えます。
 これを記念し、市民の皆さんになじみの深い「池田古墳」の出土資料を一斉公開する特別展を開催します。
 地元での一斉公開は初めてです。全国最多の出土数を誇る水鳥形埴輪も皆さんをお待ちしています。
 是非、この機会にお越しください。

■内容
 池田古墳の調査開始から45年を振り返り、出土品をはじめさまざまな資料を展示

日時5月21日(土曜)〜9月25日(日曜)
 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
 ※月曜休館(祝日の場合は翌日)
場所朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」特別展示室
(朝来市山東町大月91−2)
特別展観覧料100円(高校生以上)

※中学生以下及び65歳以上、障がい者手帳をお持ちの方は無料。
 また、障がい者及び小中学校の引率者は免除。団体割引あり(20名以上1割引き


■連絡先
朝来市埋蔵文化財センター古代あさご館
 TEL/079-670-7330
 FAX/079-670-7333
 住所/〒669-5153兵庫県朝来市山東町大月91-2

朝来市
美術展/展覧会
古代あさご館 鳥と翔ける王〜池田古墳出土資料一斉公開〜1
開催日
2016年6月19日(Sun)〜7月3日(Sun)

但馬長寿の郷ギャラリー「温(ぬくもり)」において、「写友みずばしょう」による「第9回写友みずばしょう写真展」を開催します。


内容
 但馬長寿の郷ギャラリー「温(ぬくもり)」において、「写友みずばしょう」による「第9回写友みずばしょう写真展」を開催します。
 養父市内在住の写真愛好家グループである「写友みずばしょう」による自然写真やスナップ写真等が多数展示されていますので、ぜひ御来場ください。

■日時:6/19(日)〜7/3(日)9:00〜16:00



備考・注意事項
※7月3日は16時終了です。

開催場所県立但馬長寿の郷 レストラン棟2階 ギャラリー「温(ぬくもり)」
開催場所住所養父市八鹿町国木594−10



■連絡先
住所/養父市八鹿町国木594-10 県立但馬長寿の郷
TEL/079-662-8456

全但馬
美術展/展覧会
開催日
2016年6月24日(Fri)〜9月27日(Tue)

 江戸時代、現在の豊岡市は出石藩と豊岡藩、二つの藩にわかれていました。各藩の政治の中心は出石城と豊岡陣屋でした。豊岡市教育委員会では、近年この二つの「城」を発掘調査しており、新しい発見が増えています。
 今回の展覧会では、発掘調査成果と絵図等から当時の景観を復元し、二つの城と城下町を紹介します。江戸時代の出石と豊岡の人々は、どんな「城」や景色を眺めていたのか、思いを馳せていただければ幸いです。

■主な展示資料
(1)出石城の発掘
 ・出石城 本丸、二の丸、三の丸出土資料
 ・「出石城之図」、トレンチ配置図
 ・現場写真
(2)豊岡陣屋の発掘
 ・豊岡陣屋出土資料、図面、写真
 ・「豊岡之図(文化11年写元禄15年豊岡城下図)」
(3)その後の出石城・豊岡陣屋と城下町
 ・「但州出石城下之図」(パネル)
 ・「禾亭昔噺し」
 ・「豊岡街並絵図」
(4)発掘調査速報
 おもに平成15〜16年度におこなった山里曲輪の発掘調査、石垣積み直しの様子をDVDで紹介します。)

■入場料
 大人500円(400円)
 65歳以上250円(200円)
 高校生200円(150円)
 小・中学生150円(100円)
 ※(  )は20名以上の団体料金
 ※65歳以上の方は半額になります。年齢を証明できるものをご提示ください。
 ※兵庫県内の小・中学生は無料です。ココロンカードをご提示ください。
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ
 

日時6月24日(金曜)〜9月27日(火曜)
 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場但馬国府・国分寺館 企画展示室
休館日毎週水曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)

■関連イベント
1.講演「豊岡の二大城!!」
 日時:9月10日(土) 午後1時30分〜
 場所:日高農村環境改善センター 多目的ホール
 講師:西尾孝昌氏(山名氏城跡保存会会長)

■連絡先
豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−
 TEL/0796-42-6111 
 FAX/0796-42-6112
 住所/〒669-5305 豊岡市日高町祢布808 

豊岡市
美術展/展覧会
豊岡市立歴史博物館 第38回企画展「知られざる!!豊岡の二大城−出石城と豊岡陣屋−」1
開催日
2016年6月25日(Sat)〜7月3日(Sun)

 養父市大屋町大杉にある「木彫展示館」周辺で「うちげぇのアートおおや」が開催されます。

“うちげぇ”というのは、但馬弁で、”私の(うちの)家”という意味
 古民家を利用した会場で、絵画や書、木彫など地元芸術家13名の作品が展示されます。
 大屋は、その昔養蚕で栄えたまち・・・。その面影を残した風景や自然と共に、お楽しみ下さい。

■料金
 入場無料

​■オープニングパーティー
 6/25(土)​18:00から
 会場:いろり 入場無料

・PanJumbie Live -パンジャビ
​ 〜カリブ海の楽器スティールパンのバンド〜

・​潮吹亭六巻-しおふくていろっく-
 〜子供落語〜

​■新井厚子ワークショップ
 6/26(土)​13:30から
 会場:木彫展示館 参加費無料
​・ぷつぷつマジキリげぇ
 ​展示用穴あきパネルに色々な材料を引っ掛けたり吊ったりして作品を作ります。

■木彫公開制作
 ほぼ毎日
 大屋のアートシーンの根幹でもある但馬木彫。
 ​地元作家による木彫の公開制作が見られるかも。

■書−あなたの言葉書きます−
 ほぼ毎日
​ 近藤研秀 会場:いろり
 前田華汀 会場:木彫展示館

​■占い−金子游煌−
 6/26(土)​12:00から17:00
 会場:木彫展示館 

​■スタンプラリー
 展示会場3つ以上でうちげぇのカンバッチプレゼント
 ​限定300名様

■おみやげ
 地元のおいしい新鮮野菜など

■作家一覧
 正垣宏樹さん(木彫)
 中尾健二さん(木彫)
 松田一戯さん(木彫)
 松田京子さん(木彫)
 松田掲三さん(木工)
 近藤研秀さん(書)
 前田華汀さん(書)
 井上奏さん(陶)
 戸川勝義さん(染)
 田中今子さん(絵画)
 田中孝さん(絵画)
 新井厚子さん(美術)
 河内友久さん(美術)

会期6月25日(土)〜7月3日(日)
 10:00〜18:00
 ※最終日のみ17:00まで
展示会場養父市大屋町大杉
−ふるさと交流の家いろり
−木彫展示館創作棟
−分散ギャラリー養蚕農家


■連絡先
うちげぇのアート実行委員会事務局(旧南谷保育所 Gocco)
 TEL/090-9869-6012
 MAIL/monopuzzle00@gmail.com
 住所/〒667-0314 養父市大屋町大杉1062

養父市
美術展/展覧会
うちげぇのアートおおや1
開催日
2016年6月26日(Sun)〜9月20日(Tue)

 昭和19(1944)年春、旧高橋村(現在の豊岡市但東町高橋地区)の方々が、「満州国」(現在の中国東北部)に入植しました。団の名称は「第十三次大兵庫開拓団」。
 太平洋戦争のさなか、移住を推し進めた当時の国策にしたがい、479名の方々が海を渡りました。
 そして、昭和20(1945)年8月9日、旧ソ連軍の「満州国」への軍事侵攻に伴う混乱の中で、開拓団員の逃避行が始まり、8月17日、298名の方々が入水自決という悲惨な最期を迎えます。

 本展では特に、当時の日本の「国策」として満州開拓が推進されていった背景や、高橋村からの送出の経緯に焦点を当てます。
 村に残された当時の資料(公文書)や関係者の証言を紹介するとともに、現地の写真もまじえ、開拓団の軌跡をたどります。

 7月31日(日)と8月7日(日)には、いずれも午後2時〜当館の会場内で、元開拓団員の方のお話会もおこないます。
 当時を実際によく知る方のお話を聞くことのできる貴重な機会です。

「戦後70年」が過ぎた今日、あらためて、戦争が地域社会にもたらした”事実”を考える機会になれば、幸いです。

■入館料
 一般500円(450円)   
 高校・大学生300円(250円)
 小・中学生200円(150円)
 (  )内の金額は、20名以上の団体料金
 65歳以上250円(年齢を証明できるものを提示)
 身体障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は各料金の半額(手帳を提示)
 ※兵庫県内の小・中学生は、ココロンカードの提示により無料
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ

期間6月26日(日曜)〜9月20日(火曜)
 午前9時30分〜午後5時
場所日本・モンゴル民族博物館 企画展示室
休館日毎週水曜日(水曜が祝日の場合、翌日休館)

■連絡先
日本・モンゴル民族博物館
 TEL/0796-56-1000  
 FAX/0796-56-1022
 MAIL/monpaku@city.toyooka.lg.jp
 住所/〒668-0345 兵庫県豊岡市但東町中山711

豊岡市
美術展/展覧会
日本・モンゴル民族博物館「満州『大兵庫開拓団』と高橋村」1
開催日
2016年7月2日(Sat)

 「養父市での田舎暮らしに興味がある」「自然豊かな田舎で子育てしたい」「空き家を探している」「養父市で就農したい」などの相談に、田舎暮らし倶楽部のスタッフと市職員がお答えします。当日は、田植え体験、移住者との交流、空き家やお試し住宅の見学など養父市を体験していただくセミナーを実施します。

■内容
(1)八鹿浅黄味噌に使う麹用のお米「初霜」の田植えを行います。また、田んぼの役割について学びます。
(2)養父市へ移住(UIターン)経験をされた方、また地域の人たちとの交流会を行います。お試し住宅、空き家バンクの物件の見学(養父市大屋町宮本)を行います。(主に午後)

■参加費
 大人1,000円(昼食代、保険料を含みます。)、小中学生 500円、未就学児 無料

■定員
 10人(参加希望者数により変更あり)

■締切り
 6月30日(木)

■服装
 半袖シャツ、短パン

■持ち物
 着替え、タオル、お茶、雨合羽、その他各自必要なもの
 ※ご希望により、田植え又は交流会終了後に、温泉施設(天女の湯)へご案内します。(料金別途)
日時7月2日(土曜)
 午前10時〜午後4時30分(受付9時15分より)※小雨決行
場所・集合受付:田舎暮らし倶楽部事務局(養父市八鹿町高柳259−1 カフェ・ド・マンマ内)
兵庫県養父市八鹿町高柳259−1 カフェ・ド・マンマに10時に集合後、八鹿町高柳の圃場へ徒歩移動。午後の空き家見学は、市の車で移動。

■連絡先
田舎暮らし倶楽部
 TEL/080-3830-2643
 FAX/079-662-0008
 MAIL/nken51@leto.eonet.ne.jp
 住所/〒667-0043 兵庫県養父市八鹿町高柳259-1 カフェ・ド・マンマ/アトリエ藍内

養父市
講演会/セミナー
開催日
2016年7月2日(Sat)

●創業希望者、起業予定者、創業して間もない方を対象に、マーケティング、会計、プレゼンテーションなど、経営に必要な知識・スキルが修得できる全5日間土曜日午後開催の実践セミナーです。
●セミナー終了時に、アイデアを取りまとめたビジネスプランが完成します。
●グループワーク等を通して、参加者同士の人的ネットワークづくりも可能です。

内容
中小企業診断士及び特定社会保険労務士並びに日本政策金融公庫担当者を講師として開催します。

(日程)
6/4(土)、6/11(土)、6/18(土)、6/25(土)、7/2(土)
いずれも 13:00〜17:00

(カリキュラム)
1日目:創業に必要なモノ
    ・創業支援塾で得るもの
    ・創業を成功させるためには
    ・自分自身の強みをさぐる
2日目:事業コンセプトの確立
    ・事業領域を検討する
    ・外部環境を分析する
    ・集客、販促の基礎知識
3日目:定量的なビジネスプランづくり
    ・創業資金融資制度について
    ・B/S、P/L、C/Fの基本
    ・売上予測の作り方
    ・収支計画、資金計画を作成する
4日目:ビジネスプランの取りまとめ
    ・創業時に必要な社会保険・労働保険の基本
    ・人的資源管理の基礎知識
5日目:ビジネスプランのブラッシュアップ
    ・ビジネスプランのプレゼンテーション
    ・行動計画作成


備考・注意事項
受講料:5,000円 (消費税、全5回分の資料代含)

●特定創業支援事業修了者への支援
 当塾修了者(4日以上出席)には、国の認定を受けた特定創業支援事業の終了証明書が交付され、次の支援が受けられます。
1、創業・第二創業促進補助金の応募条件
2、登録免許税の軽減 (株式会社の設立)
3、信用保証枠の拡充 (1,500万円に)
4、信用保証枠の特例 (6ヶ月前からの利用)
5、日本政策金融公庫「新創業融資制度」の要件

開催場所豊岡商工会議所 会議室
開催場所住所豊岡市大磯町1-79 じばさんTAJIMA 6階



■連絡先

豊岡市
講演会/セミナー
開催日
2016年7月2日(Sat)〜7月9日(Sat)毎週Sat曜日

 赤十字救急法基礎と赤十字救急法救急員養成講習により構成され、1日目には基礎講習として救命手当について受講していただき、2〜3日目には、救急員養成講習として応急手当を受講していただきます。

■受講定員
 30人

■教材費
 3,200円(講習教本、教材セット、傷害保険料等)

■携行品
 筆記用具、実技のしやすい服装、歯ブラシ等、パスタオル・フェイスタオル各1枚、昼食

■受講条件
 満15歳以上の方で、実技を含む講習を受講できる健康状態で、全日程を通して受講できる方

■申込期間
 6月2日(木曜)までにインターネット、FAX、電話で申込み。
日時7月2日(土曜)、3日(日曜)、9日(土曜)
 午前9時〜午後5時30分
場所豊岡市役所立野庁舎

■連絡先
日本赤十字社兵庫県支部事業部救護福祉課講習係
 TEL/078-241-1499
 FAX/078-241-6990

豊岡市
講演会/セミナー
開催日
2016年7月2日(Sat)

 兵庫県立大学大学院地域資源マネジメント研究科の「夏のオープンキャンパス」を開催します。当研究科に興味のある方、受験を検討されている方、また但馬周辺地域にお住まいの社会人の方などの来校をお待ちしています。

内容
1 日時
 平成28年7月2日(土)13:45〜16:15
 ※平成28年6月28日(火)〜7月3日(日)の間、毎日個別面談を受け入れます。

2 場所
 兵庫県立大学豊岡ジオ・コウノトリキャンパス(豊岡市祥雲寺128番地 )

3 内容
(1) 研究科、カリキュラム、入学試験についての説明
(2) 施設やフィールドの見学、大学院生による研究紹介
(3) 個別相談、在学生との交流 等

<兵庫県立大学大学院 地域資源マネジメント研究科>
 地域資源マネジメント研究科は、「地域に内在する自然・社会・文化のつながりを科学的に解明し本質的に理解する理論と素養を身につけ、地域資源の発掘・保全・活用を実行できる人材」を育成することを目的としています。
 全国でも貴重な地域資源(コウノトリ・ジオパーク等)が存在する兵庫県但馬地域を主なフィールドとし、平成26年4月に開設され、平成28年4月には博士後期課程が設置されました。


備考・注意事項
○申込み方法
 タイトルを「オープンキャンパス参加」とし、次の事項を記入した電子メールを
  open_campus@rrm.u-hyogo.ac.jp
 宛にお送りください。

 記入事項:氏名、所属、相談内容、対応希望教員等
 ※7月2日以外に個別面談を希望の方は面談希望日も記入

○ 受付期間
 前日17時までに送付願います。※当日の来訪時の受付も可 

○ 申込み先・問合せ先
  兵庫県立大学豊岡ジオ・コウノトリキャンパス経営部学務課 
  〒668-0814 豊岡市祥雲寺128番地電話 0796-34-6079(代表)

(交通)JR豊岡駅から全但バス乗車「コウノトリの郷公園」下車(豊岡駅から約15分)

○ 参加料
  無料

開催場所兵庫県立大学 豊岡ジオ・コウノトリキャンパス(兵庫県立コウノトリの郷公園内)
開催場所住所〒668-0814 豊岡市祥雲寺128番地



■連絡先
住所/豊岡市祥雲寺128 兵庫県立大学豊岡ジオ・コウノトリキャンパス経営部学務課
TEL/0796-34-6079
FAX/0796-22-5200

全但馬
コミュニティ/交流会
兵庫県立大学大学院 地域資源マネジメント研究科 「夏のオープンキャンパス」1
開催日
2016年7月2日(Sat)

 ボサノヴァシンガーの第一人者として知られ、ナチュラルな歌声とリズミカルなギターでお届けする“小野リサ”ボサノヴァ・コンサート

 15歳からギターを弾きながら歌い始め、ボサノヴァ・ジャズ・サンバの著名アーティストと共演。海外での公演も成功を収め、アルバムにおいては多くの賞を獲得。近年では映画のテーマ曲・CMソングなど、ボサノヴァシンガーの第一人者として幅広い活動を行う小野リサさんの魅力あふれるコンサートをお楽しみください。

時間7月2日(土曜)
 開場18:00、開演18:30(予定)
場所出石文化会館ひぼこホール
(兵庫県豊岡市出石町水上318)
入場料【全席指定】
 一般席3,500円
 桟敷席(ペア)5,600円
 (当日各500円増)
 ※未就学児の入場はご遠慮ください。

■連絡先
出石文化会館ひぼこホール
 TEL/0796-52–6222
 FAX/0796-53-2131

豊岡市
映画/演劇/コンサート
LISA ONO Dancing Bossa Tour 20161
開催日
2016年7月2日(Sat)

 豊かな自然に包まれた養父市のすばらしい環境を実感しながら、親子で楽しめる星空観察会を開催します。

■内容
 「土星の“輪っか”を見よう」

■参加料
 高校生以上100円
 小・中学生50円

 ※天候不良で観望できない場合は、中止いたします。
日時7月2日(土曜)
 20:00〜 ※当日受付
場所天文館バルーンようか

■連絡先
天文館バルーンようか(但馬全天候運動場内)
 TEL/079-663-2021

養父市
コミュニティ/交流会
3
(Sun)
開催日
2016年3月12日(Sat)〜8月30日(Tue)

 2月末まで募集した公募BIG LABO!!「猫屋敷・・・展」を開催します。

 BIG LABO!!「猫屋敷・・・展」は、8月30日(火)まで開催しています。
 アートファンのみなさん、猫好きのみなさんはもちろん、春休み・夏休みにはお子さんといっしょにご家族で遊びにきてください!!

■入場料
 一般300円、中学生以下150円
 ※ココロンカードの提示で兵庫県内の小学生・中学生は無料です。
日時3月12日(土曜)〜8月30日(火曜)
 午前9時〜午後5時(入場は午後4時30分まで)
 ※水曜日は休館です(祝日のときは翌日)
場所おおやアート村BIGLABO展示場(旧八鹿高等学校大屋校:養父市大屋町加保7番地)

■連絡先
NPO法人おおやアート村BIG LABO
 TEL/079-669-2449
 FAX/079-669-2448
 MAIL/ooyart@biglabo.info

養父市
美術展/展覧会
公募BIG LABO!!猫屋敷・・・展1
開催日
2016年5月21日(Sat)〜9月25日(Sun)

 朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」は開館10周年を迎えます。
 これを記念し、市民の皆さんになじみの深い「池田古墳」の出土資料を一斉公開する特別展を開催します。
 地元での一斉公開は初めてです。全国最多の出土数を誇る水鳥形埴輪も皆さんをお待ちしています。
 是非、この機会にお越しください。

■内容
 池田古墳の調査開始から45年を振り返り、出土品をはじめさまざまな資料を展示

日時5月21日(土曜)〜9月25日(日曜)
 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
 ※月曜休館(祝日の場合は翌日)
場所朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」特別展示室
(朝来市山東町大月91−2)
特別展観覧料100円(高校生以上)

※中学生以下及び65歳以上、障がい者手帳をお持ちの方は無料。
 また、障がい者及び小中学校の引率者は免除。団体割引あり(20名以上1割引き


■連絡先
朝来市埋蔵文化財センター古代あさご館
 TEL/079-670-7330
 FAX/079-670-7333
 住所/〒669-5153兵庫県朝来市山東町大月91-2

朝来市
美術展/展覧会
古代あさご館 鳥と翔ける王〜池田古墳出土資料一斉公開〜1
開催日
2016年6月19日(Sun)〜7月3日(Sun)

但馬長寿の郷ギャラリー「温(ぬくもり)」において、「写友みずばしょう」による「第9回写友みずばしょう写真展」を開催します。


内容
 但馬長寿の郷ギャラリー「温(ぬくもり)」において、「写友みずばしょう」による「第9回写友みずばしょう写真展」を開催します。
 養父市内在住の写真愛好家グループである「写友みずばしょう」による自然写真やスナップ写真等が多数展示されていますので、ぜひ御来場ください。

■日時:6/19(日)〜7/3(日)9:00〜16:00



備考・注意事項
※7月3日は16時終了です。

開催場所県立但馬長寿の郷 レストラン棟2階 ギャラリー「温(ぬくもり)」
開催場所住所養父市八鹿町国木594−10



■連絡先
住所/養父市八鹿町国木594-10 県立但馬長寿の郷
TEL/079-662-8456

全但馬
美術展/展覧会
開催日
2016年6月24日(Fri)〜9月27日(Tue)

 江戸時代、現在の豊岡市は出石藩と豊岡藩、二つの藩にわかれていました。各藩の政治の中心は出石城と豊岡陣屋でした。豊岡市教育委員会では、近年この二つの「城」を発掘調査しており、新しい発見が増えています。
 今回の展覧会では、発掘調査成果と絵図等から当時の景観を復元し、二つの城と城下町を紹介します。江戸時代の出石と豊岡の人々は、どんな「城」や景色を眺めていたのか、思いを馳せていただければ幸いです。

■主な展示資料
(1)出石城の発掘
 ・出石城 本丸、二の丸、三の丸出土資料
 ・「出石城之図」、トレンチ配置図
 ・現場写真
(2)豊岡陣屋の発掘
 ・豊岡陣屋出土資料、図面、写真
 ・「豊岡之図(文化11年写元禄15年豊岡城下図)」
(3)その後の出石城・豊岡陣屋と城下町
 ・「但州出石城下之図」(パネル)
 ・「禾亭昔噺し」
 ・「豊岡街並絵図」
(4)発掘調査速報
 おもに平成15〜16年度におこなった山里曲輪の発掘調査、石垣積み直しの様子をDVDで紹介します。)

■入場料
 大人500円(400円)
 65歳以上250円(200円)
 高校生200円(150円)
 小・中学生150円(100円)
 ※(  )は20名以上の団体料金
 ※65歳以上の方は半額になります。年齢を証明できるものをご提示ください。
 ※兵庫県内の小・中学生は無料です。ココロンカードをご提示ください。
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ
 

日時6月24日(金曜)〜9月27日(火曜)
 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場但馬国府・国分寺館 企画展示室
休館日毎週水曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)

■関連イベント
1.講演「豊岡の二大城!!」
 日時:9月10日(土) 午後1時30分〜
 場所:日高農村環境改善センター 多目的ホール
 講師:西尾孝昌氏(山名氏城跡保存会会長)

■連絡先
豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−
 TEL/0796-42-6111 
 FAX/0796-42-6112
 住所/〒669-5305 豊岡市日高町祢布808 

豊岡市
美術展/展覧会
豊岡市立歴史博物館 第38回企画展「知られざる!!豊岡の二大城−出石城と豊岡陣屋−」1
開催日
2016年6月25日(Sat)〜7月3日(Sun)

 養父市大屋町大杉にある「木彫展示館」周辺で「うちげぇのアートおおや」が開催されます。

“うちげぇ”というのは、但馬弁で、”私の(うちの)家”という意味
 古民家を利用した会場で、絵画や書、木彫など地元芸術家13名の作品が展示されます。
 大屋は、その昔養蚕で栄えたまち・・・。その面影を残した風景や自然と共に、お楽しみ下さい。

■料金
 入場無料

​■オープニングパーティー
 6/25(土)​18:00から
 会場:いろり 入場無料

・PanJumbie Live -パンジャビ
​ 〜カリブ海の楽器スティールパンのバンド〜

・​潮吹亭六巻-しおふくていろっく-
 〜子供落語〜

​■新井厚子ワークショップ
 6/26(土)​13:30から
 会場:木彫展示館 参加費無料
​・ぷつぷつマジキリげぇ
 ​展示用穴あきパネルに色々な材料を引っ掛けたり吊ったりして作品を作ります。

■木彫公開制作
 ほぼ毎日
 大屋のアートシーンの根幹でもある但馬木彫。
 ​地元作家による木彫の公開制作が見られるかも。

■書−あなたの言葉書きます−
 ほぼ毎日
​ 近藤研秀 会場:いろり
 前田華汀 会場:木彫展示館

​■占い−金子游煌−
 6/26(土)​12:00から17:00
 会場:木彫展示館 

​■スタンプラリー
 展示会場3つ以上でうちげぇのカンバッチプレゼント
 ​限定300名様

■おみやげ
 地元のおいしい新鮮野菜など

■作家一覧
 正垣宏樹さん(木彫)
 中尾健二さん(木彫)
 松田一戯さん(木彫)
 松田京子さん(木彫)
 松田掲三さん(木工)
 近藤研秀さん(書)
 前田華汀さん(書)
 井上奏さん(陶)
 戸川勝義さん(染)
 田中今子さん(絵画)
 田中孝さん(絵画)
 新井厚子さん(美術)
 河内友久さん(美術)

会期6月25日(土)〜7月3日(日)
 10:00〜18:00
 ※最終日のみ17:00まで
展示会場養父市大屋町大杉
−ふるさと交流の家いろり
−木彫展示館創作棟
−分散ギャラリー養蚕農家


■連絡先
うちげぇのアート実行委員会事務局(旧南谷保育所 Gocco)
 TEL/090-9869-6012
 MAIL/monopuzzle00@gmail.com
 住所/〒667-0314 養父市大屋町大杉1062

養父市
美術展/展覧会
うちげぇのアートおおや1
開催日
2016年6月26日(Sun)〜9月20日(Tue)

 昭和19(1944)年春、旧高橋村(現在の豊岡市但東町高橋地区)の方々が、「満州国」(現在の中国東北部)に入植しました。団の名称は「第十三次大兵庫開拓団」。
 太平洋戦争のさなか、移住を推し進めた当時の国策にしたがい、479名の方々が海を渡りました。
 そして、昭和20(1945)年8月9日、旧ソ連軍の「満州国」への軍事侵攻に伴う混乱の中で、開拓団員の逃避行が始まり、8月17日、298名の方々が入水自決という悲惨な最期を迎えます。

 本展では特に、当時の日本の「国策」として満州開拓が推進されていった背景や、高橋村からの送出の経緯に焦点を当てます。
 村に残された当時の資料(公文書)や関係者の証言を紹介するとともに、現地の写真もまじえ、開拓団の軌跡をたどります。

 7月31日(日)と8月7日(日)には、いずれも午後2時〜当館の会場内で、元開拓団員の方のお話会もおこないます。
 当時を実際によく知る方のお話を聞くことのできる貴重な機会です。

「戦後70年」が過ぎた今日、あらためて、戦争が地域社会にもたらした”事実”を考える機会になれば、幸いです。

■入館料
 一般500円(450円)   
 高校・大学生300円(250円)
 小・中学生200円(150円)
 (  )内の金額は、20名以上の団体料金
 65歳以上250円(年齢を証明できるものを提示)
 身体障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は各料金の半額(手帳を提示)
 ※兵庫県内の小・中学生は、ココロンカードの提示により無料
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ

期間6月26日(日曜)〜9月20日(火曜)
 午前9時30分〜午後5時
場所日本・モンゴル民族博物館 企画展示室
休館日毎週水曜日(水曜が祝日の場合、翌日休館)

■連絡先
日本・モンゴル民族博物館
 TEL/0796-56-1000  
 FAX/0796-56-1022
 MAIL/monpaku@city.toyooka.lg.jp
 住所/〒668-0345 兵庫県豊岡市但東町中山711

豊岡市
美術展/展覧会
日本・モンゴル民族博物館「満州『大兵庫開拓団』と高橋村」1
開催日
2016年7月3日(Sun)

■期  日 7月3日(日) 予備日7月10日(日)
■会  場 豊岡市立三方小学校グラウンド
      延期の場合は、豊岡市立日高小学校グラウンド
■参加規定 )岡市内に住所を有するか、通勤・通学していること。
      中学生以上であること。
      先着8チーム。
■参 加 料 1チームにつき3,000円
■申込方法 申込用紙に必要事項を記入の上、6月23日(木)までに事務局まで。
■組合抽選 6月27日(月)19:30より、植村直己記念スポーツ公園管理事務所内ミーティングルームで開催。
■そ の 他 詳細は大会開催要項をご覧ください。

内容


開催場所豊岡市立三方小学校グラウンド
開催場所住所豊岡市日高町栗山735





■連絡先

豊岡市
スポーツ
第43回日高地域市民ソフトボール大会1
開催日
2016年7月3日(Sun)

 神鍋・日高・豊岡の女性でつくる!
 手作り雑貨とワークショップ!!
 カフェ・お菓子等の販売!!!

内容
・豆カフェ
・Happy Bird
・MK
・RON
・ゆのわら工房
・和紙kaneko
・386(ミヤム)
・Chichi&gugu
・木楽々(きらら)
・コットンM
・サークルMOMO
・tip+だんすけ
・Plants+

日時7月3日(日曜)
 10:00〜15:00
開催場所道の駅「神鍋高原」
(兵庫県豊岡市日高町栗栖野59-13)

■連絡先
道の駅神鍋高原
 TEL/0796-45-1331
 FAX/0796-45-1338

豊岡市
コミュニティ/交流会
第2回かんなべマルシェ1
開催日
2016年7月3日(Sun)

 兵庫県立大学大学院地域資源マネジメント研究科の教員が、コウノトリの行動などについて解説します。

 一部:コウノトリの生態や朝来市で実施されている野生復帰の取組みと拠点でリリースされたコウノトリの行動を紹介します。そして、コウノトリの主要な餌生物やこれらの生物が棲める環境整備について解説します。

 二部:山東町のコウノトリの放鳥拠点や特徴的な自然、地形、地質のある場所を案内します。

 一部、二部を通して、朝来市の地域の宝(地域資源)について話し合います。

内容
‘時:2016年7月3日(日)
      一部:「朝来の自然とコウノトリ」 10:30-12:00
      二部:「山東を歩こう」 13:00-16:00
⊂貊蝓朝来市シルバー人材センター 集会室
       兵庫県朝来市山東町溝黒411 電話:079-670-7600
9峪奸 大迫義人(兵庫県立大学大学院)
     佐川志朗(兵庫県立大学大学院)
     先山 徹(兵庫県立大学大学院)
つ螳:30名
セ臆暖顱部ごとに、それぞれ500円
     (小中学生300円) 当日徴収
持ち物:筆記用具、二部にも参加する
         人は昼食、雨具(雨天時)
Э醜締切: 7月1日(金)
※この講座は、山陰海岸ジオパークのガイドスキルアップのための講座にも位置づけられています。ジオガイドの方には1回参加されるごとに、ジオ・ポイント1点が付与されます。


備考・注意事項
<申込先>
兵庫県立大学大学院地域資源マネジメント研究科    
先山 徹(さきやま とおる)
Fax: 0796-22-5200(裏面の申込用紙を使用して下さい)またはE-maiI: geosakiyama@rrm.u-hyogo.ac.jp(@を半角に)
<問合せ先>
〒668-0814 豊岡市祥雲寺字ニヶ谷128
兵庫県立大学大学院地域資源マネジメント研究科
(担当:先山 徹・松原典孝)
電話:0796-34-6079 (代表)
E-mail:geosakiyama@rrm.u-hyogo.ac.jp(先山)

開催場所朝来市シルバー人材センター 集会室
開催場所住所兵庫県朝来市山東町溝黒411



■連絡先
TEL/0796-34-6079
FAX/0796-22-5200

全但馬
講演会/セミナー
兵庫県立大学公開講座 「朝来の自然とコウノトリ / 山東を歩こう」1
開催日
2016年7月3日(Sun)

 生涯現役で歩ける体づくりのためには、一人ひとりが健康づくりについて正しい知識を持ち、実践することが大切です。
 「ロコモティブシンドローム」とは、加齢に伴う筋力低下や骨・関節の疾患など、運動器の障害が起こり、「立つ・座る・歩く」などの移動動作が低下する状態のことを言います。
 朝来市は、高齢社会を迎え、単なる「長寿」だけではなく、「健康長寿」を実現するため、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)予防についての講演会を開催します。ぜひ、ご参加ください。

 講師:足立秀氏(朝来市医師会 医師)
 講師:小森昌彦氏(但馬長寿の郷 理学療法士)

■参加料
 無料(定員300人)
 ※事前申し込み不要

日時7月3日(日曜)
 午後1時30分〜3時30分
開催場所あさご・ささゆりホール(朝来市新井73番地1)

■連絡先
朝来市役所健康福祉部地域医療・健康課
 TEL/079-672-5269
 FAX/079-672-5369

朝来市
講演会/セミナー
開催日
2016年7月3日(Sun)

 「但馬聖人」と呼ばれ、幕末から明治にかけて多くの門人を育てた池田草庵先生は、養父市が誇る先人です。 昨年に引き続き、陽明学研究の第一人者である東洋大学名誉教授 吉田公平さんをお招きし、県指定史跡「青谿書院」で夏の青谿書院塾を開講します。

 静かに草庵先生の心に触れながら、地方創生の鍵を探す、吉田さん流の提案です。明治時代の日本を変革した多くの門人を生み出した青谿書院で、学びの地方創生について考えてみます。

・プログラム
 講演「池田草庵先生に地域活性化の原点を学ぶ」
 講師:吉田公平先生(東洋大学名誉教授)

■参加費
 無料

■参加申込み・お問い合わせ
 八鹿公民館へ申し込んでください。
 TEL 079−662−6141
 FAX 079−662−3201

日時7月3日(日曜)
 13:30〜
場所県指定史跡 青谿書院(養父市八鹿町宿南)

■連絡先
八鹿公民館
 TEL/079-662-6141
 FAX/079-662-3201
 MAIL/youkakouminkan@city.yabu.hyogo.jp

養父市
コミュニティ/交流会
夏の青谿書院塾1
4
(Mon)
開催日
2016年3月12日(Sat)〜8月30日(Tue)

 2月末まで募集した公募BIG LABO!!「猫屋敷・・・展」を開催します。

 BIG LABO!!「猫屋敷・・・展」は、8月30日(火)まで開催しています。
 アートファンのみなさん、猫好きのみなさんはもちろん、春休み・夏休みにはお子さんといっしょにご家族で遊びにきてください!!

■入場料
 一般300円、中学生以下150円
 ※ココロンカードの提示で兵庫県内の小学生・中学生は無料です。
日時3月12日(土曜)〜8月30日(火曜)
 午前9時〜午後5時(入場は午後4時30分まで)
 ※水曜日は休館です(祝日のときは翌日)
場所おおやアート村BIGLABO展示場(旧八鹿高等学校大屋校:養父市大屋町加保7番地)

■連絡先
NPO法人おおやアート村BIG LABO
 TEL/079-669-2449
 FAX/079-669-2448
 MAIL/ooyart@biglabo.info

養父市
美術展/展覧会
公募BIG LABO!!猫屋敷・・・展1
開催日
2016年5月21日(Sat)〜9月25日(Sun)

 朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」は開館10周年を迎えます。
 これを記念し、市民の皆さんになじみの深い「池田古墳」の出土資料を一斉公開する特別展を開催します。
 地元での一斉公開は初めてです。全国最多の出土数を誇る水鳥形埴輪も皆さんをお待ちしています。
 是非、この機会にお越しください。

■内容
 池田古墳の調査開始から45年を振り返り、出土品をはじめさまざまな資料を展示

日時5月21日(土曜)〜9月25日(日曜)
 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
 ※月曜休館(祝日の場合は翌日)
場所朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」特別展示室
(朝来市山東町大月91−2)
特別展観覧料100円(高校生以上)

※中学生以下及び65歳以上、障がい者手帳をお持ちの方は無料。
 また、障がい者及び小中学校の引率者は免除。団体割引あり(20名以上1割引き


■連絡先
朝来市埋蔵文化財センター古代あさご館
 TEL/079-670-7330
 FAX/079-670-7333
 住所/〒669-5153兵庫県朝来市山東町大月91-2

朝来市
美術展/展覧会
古代あさご館 鳥と翔ける王〜池田古墳出土資料一斉公開〜1
開催日
2016年6月24日(Fri)〜9月27日(Tue)

 江戸時代、現在の豊岡市は出石藩と豊岡藩、二つの藩にわかれていました。各藩の政治の中心は出石城と豊岡陣屋でした。豊岡市教育委員会では、近年この二つの「城」を発掘調査しており、新しい発見が増えています。
 今回の展覧会では、発掘調査成果と絵図等から当時の景観を復元し、二つの城と城下町を紹介します。江戸時代の出石と豊岡の人々は、どんな「城」や景色を眺めていたのか、思いを馳せていただければ幸いです。

■主な展示資料
(1)出石城の発掘
 ・出石城 本丸、二の丸、三の丸出土資料
 ・「出石城之図」、トレンチ配置図
 ・現場写真
(2)豊岡陣屋の発掘
 ・豊岡陣屋出土資料、図面、写真
 ・「豊岡之図(文化11年写元禄15年豊岡城下図)」
(3)その後の出石城・豊岡陣屋と城下町
 ・「但州出石城下之図」(パネル)
 ・「禾亭昔噺し」
 ・「豊岡街並絵図」
(4)発掘調査速報
 おもに平成15〜16年度におこなった山里曲輪の発掘調査、石垣積み直しの様子をDVDで紹介します。)

■入場料
 大人500円(400円)
 65歳以上250円(200円)
 高校生200円(150円)
 小・中学生150円(100円)
 ※(  )は20名以上の団体料金
 ※65歳以上の方は半額になります。年齢を証明できるものをご提示ください。
 ※兵庫県内の小・中学生は無料です。ココロンカードをご提示ください。
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ
 

日時6月24日(金曜)〜9月27日(火曜)
 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場但馬国府・国分寺館 企画展示室
休館日毎週水曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)

■関連イベント
1.講演「豊岡の二大城!!」
 日時:9月10日(土) 午後1時30分〜
 場所:日高農村環境改善センター 多目的ホール
 講師:西尾孝昌氏(山名氏城跡保存会会長)

■連絡先
豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−
 TEL/0796-42-6111 
 FAX/0796-42-6112
 住所/〒669-5305 豊岡市日高町祢布808 

豊岡市
美術展/展覧会
豊岡市立歴史博物館 第38回企画展「知られざる!!豊岡の二大城−出石城と豊岡陣屋−」1
開催日
2016年6月26日(Sun)〜9月20日(Tue)

 昭和19(1944)年春、旧高橋村(現在の豊岡市但東町高橋地区)の方々が、「満州国」(現在の中国東北部)に入植しました。団の名称は「第十三次大兵庫開拓団」。
 太平洋戦争のさなか、移住を推し進めた当時の国策にしたがい、479名の方々が海を渡りました。
 そして、昭和20(1945)年8月9日、旧ソ連軍の「満州国」への軍事侵攻に伴う混乱の中で、開拓団員の逃避行が始まり、8月17日、298名の方々が入水自決という悲惨な最期を迎えます。

 本展では特に、当時の日本の「国策」として満州開拓が推進されていった背景や、高橋村からの送出の経緯に焦点を当てます。
 村に残された当時の資料(公文書)や関係者の証言を紹介するとともに、現地の写真もまじえ、開拓団の軌跡をたどります。

 7月31日(日)と8月7日(日)には、いずれも午後2時〜当館の会場内で、元開拓団員の方のお話会もおこないます。
 当時を実際によく知る方のお話を聞くことのできる貴重な機会です。

「戦後70年」が過ぎた今日、あらためて、戦争が地域社会にもたらした”事実”を考える機会になれば、幸いです。

■入館料
 一般500円(450円)   
 高校・大学生300円(250円)
 小・中学生200円(150円)
 (  )内の金額は、20名以上の団体料金
 65歳以上250円(年齢を証明できるものを提示)
 身体障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は各料金の半額(手帳を提示)
 ※兵庫県内の小・中学生は、ココロンカードの提示により無料
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ

期間6月26日(日曜)〜9月20日(火曜)
 午前9時30分〜午後5時
場所日本・モンゴル民族博物館 企画展示室
休館日毎週水曜日(水曜が祝日の場合、翌日休館)

■連絡先
日本・モンゴル民族博物館
 TEL/0796-56-1000  
 FAX/0796-56-1022
 MAIL/monpaku@city.toyooka.lg.jp
 住所/〒668-0345 兵庫県豊岡市但東町中山711

豊岡市
美術展/展覧会
日本・モンゴル民族博物館「満州『大兵庫開拓団』と高橋村」1
5
(Tue)
開催日
2016年3月12日(Sat)〜8月30日(Tue)

 2月末まで募集した公募BIG LABO!!「猫屋敷・・・展」を開催します。

 BIG LABO!!「猫屋敷・・・展」は、8月30日(火)まで開催しています。
 アートファンのみなさん、猫好きのみなさんはもちろん、春休み・夏休みにはお子さんといっしょにご家族で遊びにきてください!!

■入場料
 一般300円、中学生以下150円
 ※ココロンカードの提示で兵庫県内の小学生・中学生は無料です。
日時3月12日(土曜)〜8月30日(火曜)
 午前9時〜午後5時(入場は午後4時30分まで)
 ※水曜日は休館です(祝日のときは翌日)
場所おおやアート村BIGLABO展示場(旧八鹿高等学校大屋校:養父市大屋町加保7番地)

■連絡先
NPO法人おおやアート村BIG LABO
 TEL/079-669-2449
 FAX/079-669-2448
 MAIL/ooyart@biglabo.info

養父市
美術展/展覧会
公募BIG LABO!!猫屋敷・・・展1
開催日
2016年5月21日(Sat)〜9月25日(Sun)

 朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」は開館10周年を迎えます。
 これを記念し、市民の皆さんになじみの深い「池田古墳」の出土資料を一斉公開する特別展を開催します。
 地元での一斉公開は初めてです。全国最多の出土数を誇る水鳥形埴輪も皆さんをお待ちしています。
 是非、この機会にお越しください。

■内容
 池田古墳の調査開始から45年を振り返り、出土品をはじめさまざまな資料を展示

日時5月21日(土曜)〜9月25日(日曜)
 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
 ※月曜休館(祝日の場合は翌日)
場所朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」特別展示室
(朝来市山東町大月91−2)
特別展観覧料100円(高校生以上)

※中学生以下及び65歳以上、障がい者手帳をお持ちの方は無料。
 また、障がい者及び小中学校の引率者は免除。団体割引あり(20名以上1割引き


■連絡先
朝来市埋蔵文化財センター古代あさご館
 TEL/079-670-7330
 FAX/079-670-7333
 住所/〒669-5153兵庫県朝来市山東町大月91-2

朝来市
美術展/展覧会
古代あさご館 鳥と翔ける王〜池田古墳出土資料一斉公開〜1
開催日
2016年6月24日(Fri)〜9月27日(Tue)

 江戸時代、現在の豊岡市は出石藩と豊岡藩、二つの藩にわかれていました。各藩の政治の中心は出石城と豊岡陣屋でした。豊岡市教育委員会では、近年この二つの「城」を発掘調査しており、新しい発見が増えています。
 今回の展覧会では、発掘調査成果と絵図等から当時の景観を復元し、二つの城と城下町を紹介します。江戸時代の出石と豊岡の人々は、どんな「城」や景色を眺めていたのか、思いを馳せていただければ幸いです。

■主な展示資料
(1)出石城の発掘
 ・出石城 本丸、二の丸、三の丸出土資料
 ・「出石城之図」、トレンチ配置図
 ・現場写真
(2)豊岡陣屋の発掘
 ・豊岡陣屋出土資料、図面、写真
 ・「豊岡之図(文化11年写元禄15年豊岡城下図)」
(3)その後の出石城・豊岡陣屋と城下町
 ・「但州出石城下之図」(パネル)
 ・「禾亭昔噺し」
 ・「豊岡街並絵図」
(4)発掘調査速報
 おもに平成15〜16年度におこなった山里曲輪の発掘調査、石垣積み直しの様子をDVDで紹介します。)

■入場料
 大人500円(400円)
 65歳以上250円(200円)
 高校生200円(150円)
 小・中学生150円(100円)
 ※(  )は20名以上の団体料金
 ※65歳以上の方は半額になります。年齢を証明できるものをご提示ください。
 ※兵庫県内の小・中学生は無料です。ココロンカードをご提示ください。
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ
 

日時6月24日(金曜)〜9月27日(火曜)
 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場但馬国府・国分寺館 企画展示室
休館日毎週水曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)

■関連イベント
1.講演「豊岡の二大城!!」
 日時:9月10日(土) 午後1時30分〜
 場所:日高農村環境改善センター 多目的ホール
 講師:西尾孝昌氏(山名氏城跡保存会会長)

■連絡先
豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−
 TEL/0796-42-6111 
 FAX/0796-42-6112
 住所/〒669-5305 豊岡市日高町祢布808 

豊岡市
美術展/展覧会
豊岡市立歴史博物館 第38回企画展「知られざる!!豊岡の二大城−出石城と豊岡陣屋−」1
開催日
2016年6月26日(Sun)〜9月20日(Tue)

 昭和19(1944)年春、旧高橋村(現在の豊岡市但東町高橋地区)の方々が、「満州国」(現在の中国東北部)に入植しました。団の名称は「第十三次大兵庫開拓団」。
 太平洋戦争のさなか、移住を推し進めた当時の国策にしたがい、479名の方々が海を渡りました。
 そして、昭和20(1945)年8月9日、旧ソ連軍の「満州国」への軍事侵攻に伴う混乱の中で、開拓団員の逃避行が始まり、8月17日、298名の方々が入水自決という悲惨な最期を迎えます。

 本展では特に、当時の日本の「国策」として満州開拓が推進されていった背景や、高橋村からの送出の経緯に焦点を当てます。
 村に残された当時の資料(公文書)や関係者の証言を紹介するとともに、現地の写真もまじえ、開拓団の軌跡をたどります。

 7月31日(日)と8月7日(日)には、いずれも午後2時〜当館の会場内で、元開拓団員の方のお話会もおこないます。
 当時を実際によく知る方のお話を聞くことのできる貴重な機会です。

「戦後70年」が過ぎた今日、あらためて、戦争が地域社会にもたらした”事実”を考える機会になれば、幸いです。

■入館料
 一般500円(450円)   
 高校・大学生300円(250円)
 小・中学生200円(150円)
 (  )内の金額は、20名以上の団体料金
 65歳以上250円(年齢を証明できるものを提示)
 身体障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は各料金の半額(手帳を提示)
 ※兵庫県内の小・中学生は、ココロンカードの提示により無料
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ

期間6月26日(日曜)〜9月20日(火曜)
 午前9時30分〜午後5時
場所日本・モンゴル民族博物館 企画展示室
休館日毎週水曜日(水曜が祝日の場合、翌日休館)

■連絡先
日本・モンゴル民族博物館
 TEL/0796-56-1000  
 FAX/0796-56-1022
 MAIL/monpaku@city.toyooka.lg.jp
 住所/〒668-0345 兵庫県豊岡市但東町中山711

豊岡市
美術展/展覧会
日本・モンゴル民族博物館「満州『大兵庫開拓団』と高橋村」1
6
(Wed)
開催日
2016年3月12日(Sat)〜8月30日(Tue)

 2月末まで募集した公募BIG LABO!!「猫屋敷・・・展」を開催します。

 BIG LABO!!「猫屋敷・・・展」は、8月30日(火)まで開催しています。
 アートファンのみなさん、猫好きのみなさんはもちろん、春休み・夏休みにはお子さんといっしょにご家族で遊びにきてください!!

■入場料
 一般300円、中学生以下150円
 ※ココロンカードの提示で兵庫県内の小学生・中学生は無料です。
日時3月12日(土曜)〜8月30日(火曜)
 午前9時〜午後5時(入場は午後4時30分まで)
 ※水曜日は休館です(祝日のときは翌日)
場所おおやアート村BIGLABO展示場(旧八鹿高等学校大屋校:養父市大屋町加保7番地)

■連絡先
NPO法人おおやアート村BIG LABO
 TEL/079-669-2449
 FAX/079-669-2448
 MAIL/ooyart@biglabo.info

養父市
美術展/展覧会
公募BIG LABO!!猫屋敷・・・展1
開催日
2016年5月21日(Sat)〜9月25日(Sun)

 朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」は開館10周年を迎えます。
 これを記念し、市民の皆さんになじみの深い「池田古墳」の出土資料を一斉公開する特別展を開催します。
 地元での一斉公開は初めてです。全国最多の出土数を誇る水鳥形埴輪も皆さんをお待ちしています。
 是非、この機会にお越しください。

■内容
 池田古墳の調査開始から45年を振り返り、出土品をはじめさまざまな資料を展示

日時5月21日(土曜)〜9月25日(日曜)
 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
 ※月曜休館(祝日の場合は翌日)
場所朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」特別展示室
(朝来市山東町大月91−2)
特別展観覧料100円(高校生以上)

※中学生以下及び65歳以上、障がい者手帳をお持ちの方は無料。
 また、障がい者及び小中学校の引率者は免除。団体割引あり(20名以上1割引き


■連絡先
朝来市埋蔵文化財センター古代あさご館
 TEL/079-670-7330
 FAX/079-670-7333
 住所/〒669-5153兵庫県朝来市山東町大月91-2

朝来市
美術展/展覧会
古代あさご館 鳥と翔ける王〜池田古墳出土資料一斉公開〜1
開催日
2016年6月24日(Fri)〜9月27日(Tue)

 江戸時代、現在の豊岡市は出石藩と豊岡藩、二つの藩にわかれていました。各藩の政治の中心は出石城と豊岡陣屋でした。豊岡市教育委員会では、近年この二つの「城」を発掘調査しており、新しい発見が増えています。
 今回の展覧会では、発掘調査成果と絵図等から当時の景観を復元し、二つの城と城下町を紹介します。江戸時代の出石と豊岡の人々は、どんな「城」や景色を眺めていたのか、思いを馳せていただければ幸いです。

■主な展示資料
(1)出石城の発掘
 ・出石城 本丸、二の丸、三の丸出土資料
 ・「出石城之図」、トレンチ配置図
 ・現場写真
(2)豊岡陣屋の発掘
 ・豊岡陣屋出土資料、図面、写真
 ・「豊岡之図(文化11年写元禄15年豊岡城下図)」
(3)その後の出石城・豊岡陣屋と城下町
 ・「但州出石城下之図」(パネル)
 ・「禾亭昔噺し」
 ・「豊岡街並絵図」
(4)発掘調査速報
 おもに平成15〜16年度におこなった山里曲輪の発掘調査、石垣積み直しの様子をDVDで紹介します。)

■入場料
 大人500円(400円)
 65歳以上250円(200円)
 高校生200円(150円)
 小・中学生150円(100円)
 ※(  )は20名以上の団体料金
 ※65歳以上の方は半額になります。年齢を証明できるものをご提示ください。
 ※兵庫県内の小・中学生は無料です。ココロンカードをご提示ください。
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ
 

日時6月24日(金曜)〜9月27日(火曜)
 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場但馬国府・国分寺館 企画展示室
休館日毎週水曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)

■関連イベント
1.講演「豊岡の二大城!!」
 日時:9月10日(土) 午後1時30分〜
 場所:日高農村環境改善センター 多目的ホール
 講師:西尾孝昌氏(山名氏城跡保存会会長)

■連絡先
豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−
 TEL/0796-42-6111 
 FAX/0796-42-6112
 住所/〒669-5305 豊岡市日高町祢布808 

豊岡市
美術展/展覧会
豊岡市立歴史博物館 第38回企画展「知られざる!!豊岡の二大城−出石城と豊岡陣屋−」1
開催日
2016年6月26日(Sun)〜9月20日(Tue)

 昭和19(1944)年春、旧高橋村(現在の豊岡市但東町高橋地区)の方々が、「満州国」(現在の中国東北部)に入植しました。団の名称は「第十三次大兵庫開拓団」。
 太平洋戦争のさなか、移住を推し進めた当時の国策にしたがい、479名の方々が海を渡りました。
 そして、昭和20(1945)年8月9日、旧ソ連軍の「満州国」への軍事侵攻に伴う混乱の中で、開拓団員の逃避行が始まり、8月17日、298名の方々が入水自決という悲惨な最期を迎えます。

 本展では特に、当時の日本の「国策」として満州開拓が推進されていった背景や、高橋村からの送出の経緯に焦点を当てます。
 村に残された当時の資料(公文書)や関係者の証言を紹介するとともに、現地の写真もまじえ、開拓団の軌跡をたどります。

 7月31日(日)と8月7日(日)には、いずれも午後2時〜当館の会場内で、元開拓団員の方のお話会もおこないます。
 当時を実際によく知る方のお話を聞くことのできる貴重な機会です。

「戦後70年」が過ぎた今日、あらためて、戦争が地域社会にもたらした”事実”を考える機会になれば、幸いです。

■入館料
 一般500円(450円)   
 高校・大学生300円(250円)
 小・中学生200円(150円)
 (  )内の金額は、20名以上の団体料金
 65歳以上250円(年齢を証明できるものを提示)
 身体障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は各料金の半額(手帳を提示)
 ※兵庫県内の小・中学生は、ココロンカードの提示により無料
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ

期間6月26日(日曜)〜9月20日(火曜)
 午前9時30分〜午後5時
場所日本・モンゴル民族博物館 企画展示室
休館日毎週水曜日(水曜が祝日の場合、翌日休館)

■連絡先
日本・モンゴル民族博物館
 TEL/0796-56-1000  
 FAX/0796-56-1022
 MAIL/monpaku@city.toyooka.lg.jp
 住所/〒668-0345 兵庫県豊岡市但東町中山711

豊岡市
美術展/展覧会
日本・モンゴル民族博物館「満州『大兵庫開拓団』と高橋村」1
開催日
2016年7月6日(Wed)

 豊岡市では、野村総合研究所 谷川理事長による講演会を開催します。
 将来の技術革新によって、私たちの生活や社会の仕組みがどのように変わっていくのか、地方産業にどのような影響を及ぼすかを講演していただきます。

■講演
 演題「ICTで変わる生活、変わる街 −10年後に向けて私達がすべきこと−」
 ・講師:谷川史郎さん(野村総合研究所 理事長)

■定員
 100人(先着順)

■入場
 無料

■申込期日
 6月30日(木)

■申込方法 >>参加申込書(PDF)
 電話、FAX、メールで申し込んでください。

日時7月6日(木曜)
 午後1時30分〜3時(受付:午後1時)
場所豊岡稽古堂3階 交流室

■連絡先
豊岡市政策調整部政策調整課政策調整係
 TEL/0796-21-9022
 FAX/0796-24-5932
 MAIL/seisakuchousei@city.toyooka.lg.jp

豊岡市
講演会/セミナー
「技術革新が将来の生活や産業を変える」講演会1
一番上へ
サイドナビ
サイトマップ