但馬のイベント情報

今月のイベント 今日から1週間のイベント

2016年8月のイベント

1
(Mon)
2
(Tue)
3
(Wed)
4
(Thu)
5
(Fri)
6
(Sat)
7
(Sun)
8
(Mon)
9
(Tue)
10
(Wed)
11
(Thu)
12
(Fri)
13
(Sat)
14
(Sun)
15
(Mon)
16
(Tue)
17
(Wed)
18
(Thu)
19
(Fri)
20
(Sat)
21
(Sun)
22
(Mon)
23
(Tue)
24
(Wed)
25
(Thu)
26
(Fri)
27
(Sat)
28
(Sun)
29
(Mon)
30
(Tue)
31
(Wed)

今日から1週間のイベント

31
(Wed)
開催日
2016年5月21日(Sat)〜9月25日(Sun)

 朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」は開館10周年を迎えます。
 これを記念し、市民の皆さんになじみの深い「池田古墳」の出土資料を一斉公開する特別展を開催します。
 地元での一斉公開は初めてです。全国最多の出土数を誇る水鳥形埴輪も皆さんをお待ちしています。
 是非、この機会にお越しください。

■内容
 池田古墳の調査開始から45年を振り返り、出土品をはじめさまざまな資料を展示

日時5月21日(土曜)〜9月25日(日曜)
 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
 ※月曜休館(祝日の場合は翌日)
場所朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」特別展示室
(朝来市山東町大月91−2)
特別展観覧料100円(高校生以上)

※中学生以下及び65歳以上、障がい者手帳をお持ちの方は無料。
 また、障がい者及び小中学校の引率者は免除。団体割引あり(20名以上1割引き


■連絡先
朝来市埋蔵文化財センター古代あさご館
 TEL/079-670-7330
 FAX/079-670-7333
 住所/〒669-5153兵庫県朝来市山東町大月91-2

朝来市
美術展/展覧会
古代あさご館 鳥と翔ける王〜池田古墳出土資料一斉公開〜1
開催日
2016年6月24日(Fri)〜9月27日(Tue)

 江戸時代、現在の豊岡市は出石藩と豊岡藩、二つの藩にわかれていました。各藩の政治の中心は出石城と豊岡陣屋でした。豊岡市教育委員会では、近年この二つの「城」を発掘調査しており、新しい発見が増えています。
 今回の展覧会では、発掘調査成果と絵図等から当時の景観を復元し、二つの城と城下町を紹介します。江戸時代の出石と豊岡の人々は、どんな「城」や景色を眺めていたのか、思いを馳せていただければ幸いです。

■主な展示資料
(1)出石城の発掘
 ・出石城 本丸、二の丸、三の丸出土資料
 ・「出石城之図」、トレンチ配置図
 ・現場写真
(2)豊岡陣屋の発掘
 ・豊岡陣屋出土資料、図面、写真
 ・「豊岡之図(文化11年写元禄15年豊岡城下図)」
(3)その後の出石城・豊岡陣屋と城下町
 ・「但州出石城下之図」(パネル)
 ・「禾亭昔噺し」
 ・「豊岡街並絵図」
(4)発掘調査速報
 おもに平成15〜16年度におこなった山里曲輪の発掘調査、石垣積み直しの様子をDVDで紹介します。)

■入場料
 大人500円(400円)
 65歳以上250円(200円)
 高校生200円(150円)
 小・中学生150円(100円)
 ※(  )は20名以上の団体料金
 ※65歳以上の方は半額になります。年齢を証明できるものをご提示ください。
 ※兵庫県内の小・中学生は無料です。ココロンカードをご提示ください。
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ
 

日時6月24日(金曜)〜9月27日(火曜)
 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場但馬国府・国分寺館 企画展示室
休館日毎週水曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)

■関連イベント
1.講演「豊岡の二大城!!」
 日時:9月10日(土) 午後1時30分〜
 場所:日高農村環境改善センター 多目的ホール
 講師:西尾孝昌氏(山名氏城跡保存会会長)

■連絡先
豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−
 TEL/0796-42-6111 
 FAX/0796-42-6112
 住所/〒669-5305 豊岡市日高町祢布808 

豊岡市
美術展/展覧会
豊岡市立歴史博物館 第38回企画展「知られざる!!豊岡の二大城−出石城と豊岡陣屋−」1
開催日
2016年6月26日(Sun)〜9月20日(Tue)

 昭和19(1944)年春、旧高橋村(現在の豊岡市但東町高橋地区)の方々が、「満州国」(現在の中国東北部)に入植しました。団の名称は「第十三次大兵庫開拓団」。
 太平洋戦争のさなか、移住を推し進めた当時の国策にしたがい、479名の方々が海を渡りました。
 そして、昭和20(1945)年8月9日、旧ソ連軍の「満州国」への軍事侵攻に伴う混乱の中で、開拓団員の逃避行が始まり、8月17日、298名の方々が入水自決という悲惨な最期を迎えます。

 本展では特に、当時の日本の「国策」として満州開拓が推進されていった背景や、高橋村からの送出の経緯に焦点を当てます。
 村に残された当時の資料(公文書)や関係者の証言を紹介するとともに、現地の写真もまじえ、開拓団の軌跡をたどります。

 7月31日(日)と8月7日(日)には、いずれも午後2時〜当館の会場内で、元開拓団員の方のお話会もおこないます。
 当時を実際によく知る方のお話を聞くことのできる貴重な機会です。

「戦後70年」が過ぎた今日、あらためて、戦争が地域社会にもたらした”事実”を考える機会になれば、幸いです。

■入館料
 一般500円(450円)   
 高校・大学生300円(250円)
 小・中学生200円(150円)
 (  )内の金額は、20名以上の団体料金
 65歳以上250円(年齢を証明できるものを提示)
 身体障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は各料金の半額(手帳を提示)
 ※兵庫県内の小・中学生は、ココロンカードの提示により無料
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ

期間6月26日(日曜)〜9月20日(火曜)
 午前9時30分〜午後5時
場所日本・モンゴル民族博物館 企画展示室
休館日毎週水曜日(水曜が祝日の場合、翌日休館)

■連絡先
日本・モンゴル民族博物館
 TEL/0796-56-1000  
 FAX/0796-56-1022
 MAIL/monpaku@city.toyooka.lg.jp
 住所/〒668-0345 兵庫県豊岡市但東町中山711

豊岡市
美術展/展覧会
日本・モンゴル民族博物館「満州『大兵庫開拓団』と高橋村」1
開催日
2016年7月2日(Sat)〜9月25日(Sun)

 剪画家 坂田陽一の作品は、1枚の黒い和紙をナイフで緻密に切り出し、色和紙の色彩を利用して絵画のような作品を生み出しています。坂田作品61点と豊岡市立港公民館所蔵の「港かるた」の原画、株式会社北星社所蔵の「鳥あわせ(絵あわせかるた)」の原画89点、計150点の作品をご覧いただけます。
 ​また、展覧会開催時に併せて、坂田陽一によるワークショップ「和紙でつくる切り絵アート」(3日間コース)も開催いたします。(事前予約が必要です。定員超過の場合はご参加いただけません。お早めにご予約ください。)

■観覧料 クールスポット特別料金
 大人180円、65歳以上・高校生90円、中学生以下は無料

時間7月2日(土曜)〜9月25日(日曜)
 午前9時〜午後5時
場所県立円山川公苑美術館(豊岡市小島)

※展覧会の内容、会期等は変更する場合があります。
 年間200日程度、近・現代美術の企画展を開催します。
 企画展のない期間は、個人展覧会等にもご利用いただけます。
※観覧料は展覧会ごとに設定することがあります。

■連絡先
兵庫県立円山川公苑
 TEL/0796-28-3085
 FAX/0796-28-3087
 住所/〒669-6123兵庫県豊岡市小島1163

豊岡市
美術展/展覧会
和紙を剪り出す絵画展1
開催日
2016年7月2日(Sat)〜9月4日(Sun)

 あさご芸術の森美術館が昆虫館?に大変身!

 世界一美しいといわれる「モルフォチョウ」(標本)や、実物の数百倍もあるリアルな「ゴホンダイコク」(巨大模型)、顔を極端にクローズアップした迫力満点の「ヒグラシ」(写真)など、美術館内は昆虫作品でいっぱい。知っているようで実はあまり知られていない昆虫の世界が目の前に広がります。

入館料 
 大人500円
 高校・大学生300円
 小・中学生200円
 ※兵庫県内の小・中学生は無料(ココロンカードを提示) 
  ココロンカードについて詳しく知りたい方は兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ


日時7月2日(土曜)〜9月4日(日曜)
 午前10時〜午後5時(入館は、閉館30分前まで)
休館日/水曜日(水曜日が祝日の場合はその翌日)
場所あさご芸術の森美術館 1階アトリエ室/2階企画展示室

■連絡先
あさご芸術の森美術館
 TEL/079-670-4111
 FAX/079-670-4113
 住所/〒679-3423 兵庫県朝来市多々良木739番地3

朝来市
美術展/展覧会
あさご夏の昆虫展 むしむし大集合!1
開催日
2016年7月8日(Fri)〜10月2日(Sun)

 普段、何気なく使っているクリア・ファイルを「アート」として、楽しんで頂く企画展です。
 アニメ作品を中心に、アイドル・企業物など沢山のクリア・ファイルが大集合します!

■料金
 初回:500円 2回目以降:200円(小学生以下無料)

日時7月8日(金曜)〜10月2日(日曜)
 午前9時〜午後5時50分(最終入館午後5時)
休館日不定期
場所思い出の記録博物館
(朝来市生野町奥銀谷1522-2)

■連絡先
思い出の記録博物館
 TEL/079-666-8580

朝来市
美術展/展覧会
アートとしてのクリア・ファイル展1
開催日
2016年7月15日(Fri)〜10月4日(Tue)

 豊岡ゆかりの芸術家による作品を順に紹介・展示する収蔵作品展です。
 洋画家・伊藤清永(1911〜2001年)による色彩優美な裸婦・バラなどの油彩画のほか、 河原英雄(1911〜2005年)が制作したリトグラフ(版画)を展示します。

■入館料
 一般600円
 大学・高校生400円
 中学生・小学生200円
 ※兵庫県内の中学生・小学生はココロンカードご提示で無料です。
 ※65歳以上・障害者手帳をお持ちの方は半額になります。受付で証明書をご提示ください。

期間7月15日(金曜)〜10月4日(火曜)
 午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
 ※毎週水曜日は休館です。
場所豊岡市立美術館−伊藤清永記念館−(豊岡市出石町内町)
休館日毎週水曜日(水曜が祝祭日の場合は翌日)

■連絡先
豊岡市立美術館−伊藤清永記念館−
 TEL/0796-52-5456
 FAX/0796-53-2088

豊岡市
美術展/展覧会
夏季収蔵作品展1
開催日
2016年8月1日(Mon)〜8月31日(Wed)

 兵庫県立但馬ドームはネーミングライツの導入に伴い、平成28年4月より愛称が「全但バス但馬ドーム」に変わりました。
 そんな当館と関係の深い全但バスグループは来年創業100周年を迎えます。今年のサマーミュージアムは、全但バスについてご紹介いたします。
 ご家族、お友達などお誘い合わせのうえ、ぜひお越しください。


内容
名  称
但馬ドーム サマーミュージアム
「人と地域をつなぐ全但バス〜まもなく創業一世紀〜」

開催期間
平成28年8月1日(月)〜31日(水) 9:00〜17:00

開催内容
本年のサマーミュージアムは、但馬地域の足を支える「全但バス株式会社」の歴史をパネル等で紹介し、
私たちの大切な移動手段である公共交通を守り、次の世代に引き継いでいくために欠かせない存在であることを広くPRいたします。

開催場所
全但バス但馬ドーム ドーム棟2F展望デッキ

入 場 料
無  料

主  催
(公財)兵庫県勤労福祉協会 但馬ドーム
全但バス株式会社

後  援
兵庫県但馬県民局 兵庫県教育委員会但馬教育事務所
豊岡市 豊岡市教育委員会    
        
協  力
神鍋線乗って守ろう市民運動推進協議会

開催場所全但バス但馬ドーム2階展望デッキ
開催場所住所豊岡市日高町名色88-50



■連絡先
住所/豊岡市日高町名色88-50 全但バス但馬ドーム
TEL/0796-45-1900
FAX/0796-45-1901

全但馬
美術展/展覧会
但馬ドームサマーミュージアム「人と地域をつなぐ全但バス〜まもなく創業一世紀〜」1
開催日
2016年8月6日(Sat)〜8月31日(Wed)

 豊岡市在住の山本ふう氏が制作した押し花絵を展示します。
 野に咲く可憐な草花を素材にした、素晴らしい押し花絵を多数展示しますので、この機会にぜひご覧ください。

■入場料
 無料

日時8月6日(土曜)〜8月31日(水曜)
 10:00〜16:30
(月曜休館 ただし、祝日が重なったら開館し、次の平日が休館)
開催場所木の殿堂 展示スペース
(兵庫県美方郡香美町村岡区和池951)

■連絡先
兵庫県木の殿堂
 TEL/0796-96-1388
 FAX/0796-96-1390

香美町
美術展/展覧会
山本ふう 押し花絵展1
開催日
2016年8月20日(Sat)〜9月2日(Fri)

 鳥取県北栄町在住の創作和紙人形作家・浜本恵美子氏による鳥取因州和紙で作る和紙人形の作品展を開催します。
 色合いや手触りなど和紙の特性をいかして表現された作品は、今にも踊り出しそうな趣を醸し出しています。
 和紙人形が舞う絢爛な舞台をお楽しみください。
また、8月27日(土)にはワークショップを行いますので、ぜひご参加ください。
期間8月20日(土曜)〜9月2日(金曜)
 午前9時〜午後5時 ※最終日は正午まで
会場新温泉町民センター農林研修室 ※入場無料

■創作和紙人形・浜本恵美子展ワークショップ参加者募集!
 創作和紙人形・浜本恵美子先生によるワークショップを開催します。
 因州和紙を使って『あじさい人形』を作ってみませんか?
この機会にぜひご参加ください!

・日時:8月27日(土)午前10時30分〜12時30分、午後1時30分〜3時30分
・会場:新温泉町民センター 2階 集会室

・募集人数
 午前、午後共に10人 ※定員になり次第締切ります。

・対象
 小学校3年生以上

・材料費
 2,500円

・持ち物
 定規・はさみ・ぬれおしぼり・筆記用具

・申込方法
 温泉公民館へ電話でお申し込みください。

■連絡先
温泉公民館
 TEL/0796-92-1870

新温泉町
美術展/展覧会
創作和紙人形・浜本恵美子展1
開催日
2016年8月27日(Sat)〜9月22日(Thu)

 浜坂先人記念館では、郷土の先人に関する資料や作品を多数所蔵しています。
 このたび、その所蔵品の点検と虫干しをかねて、その一部を町民の皆さんや多くの人々に鑑賞していただく機会として、郷土の日本画家「谷角日沙春」や「立脇泰山」、洋画家「川元顧山」などの作品約25点を展示します。

■入館料
 大人200円
 小人(小・中学生)100円
日時8月27日(土曜)〜9月22日(木曜)
 午前9時〜午後5時(※最終日は正午まで、※木曜日休館・9月
22日は開館)
場所浜坂先人記念館「以命亭」

■連絡先
浜坂先人記念館「以命亭」
 TEL/0796-82-4490

新温泉町
美術展/展覧会
1
(Thu)
開催日
2016年5月21日(Sat)〜9月25日(Sun)

 朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」は開館10周年を迎えます。
 これを記念し、市民の皆さんになじみの深い「池田古墳」の出土資料を一斉公開する特別展を開催します。
 地元での一斉公開は初めてです。全国最多の出土数を誇る水鳥形埴輪も皆さんをお待ちしています。
 是非、この機会にお越しください。

■内容
 池田古墳の調査開始から45年を振り返り、出土品をはじめさまざまな資料を展示

日時5月21日(土曜)〜9月25日(日曜)
 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
 ※月曜休館(祝日の場合は翌日)
場所朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」特別展示室
(朝来市山東町大月91−2)
特別展観覧料100円(高校生以上)

※中学生以下及び65歳以上、障がい者手帳をお持ちの方は無料。
 また、障がい者及び小中学校の引率者は免除。団体割引あり(20名以上1割引き


■連絡先
朝来市埋蔵文化財センター古代あさご館
 TEL/079-670-7330
 FAX/079-670-7333
 住所/〒669-5153兵庫県朝来市山東町大月91-2

朝来市
美術展/展覧会
古代あさご館 鳥と翔ける王〜池田古墳出土資料一斉公開〜1
開催日
2016年6月24日(Fri)〜9月27日(Tue)

 江戸時代、現在の豊岡市は出石藩と豊岡藩、二つの藩にわかれていました。各藩の政治の中心は出石城と豊岡陣屋でした。豊岡市教育委員会では、近年この二つの「城」を発掘調査しており、新しい発見が増えています。
 今回の展覧会では、発掘調査成果と絵図等から当時の景観を復元し、二つの城と城下町を紹介します。江戸時代の出石と豊岡の人々は、どんな「城」や景色を眺めていたのか、思いを馳せていただければ幸いです。

■主な展示資料
(1)出石城の発掘
 ・出石城 本丸、二の丸、三の丸出土資料
 ・「出石城之図」、トレンチ配置図
 ・現場写真
(2)豊岡陣屋の発掘
 ・豊岡陣屋出土資料、図面、写真
 ・「豊岡之図(文化11年写元禄15年豊岡城下図)」
(3)その後の出石城・豊岡陣屋と城下町
 ・「但州出石城下之図」(パネル)
 ・「禾亭昔噺し」
 ・「豊岡街並絵図」
(4)発掘調査速報
 おもに平成15〜16年度におこなった山里曲輪の発掘調査、石垣積み直しの様子をDVDで紹介します。)

■入場料
 大人500円(400円)
 65歳以上250円(200円)
 高校生200円(150円)
 小・中学生150円(100円)
 ※(  )は20名以上の団体料金
 ※65歳以上の方は半額になります。年齢を証明できるものをご提示ください。
 ※兵庫県内の小・中学生は無料です。ココロンカードをご提示ください。
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ
 

日時6月24日(金曜)〜9月27日(火曜)
 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場但馬国府・国分寺館 企画展示室
休館日毎週水曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)

■関連イベント
1.講演「豊岡の二大城!!」
 日時:9月10日(土) 午後1時30分〜
 場所:日高農村環境改善センター 多目的ホール
 講師:西尾孝昌氏(山名氏城跡保存会会長)

■連絡先
豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−
 TEL/0796-42-6111 
 FAX/0796-42-6112
 住所/〒669-5305 豊岡市日高町祢布808 

豊岡市
美術展/展覧会
豊岡市立歴史博物館 第38回企画展「知られざる!!豊岡の二大城−出石城と豊岡陣屋−」1
開催日
2016年6月26日(Sun)〜9月20日(Tue)

 昭和19(1944)年春、旧高橋村(現在の豊岡市但東町高橋地区)の方々が、「満州国」(現在の中国東北部)に入植しました。団の名称は「第十三次大兵庫開拓団」。
 太平洋戦争のさなか、移住を推し進めた当時の国策にしたがい、479名の方々が海を渡りました。
 そして、昭和20(1945)年8月9日、旧ソ連軍の「満州国」への軍事侵攻に伴う混乱の中で、開拓団員の逃避行が始まり、8月17日、298名の方々が入水自決という悲惨な最期を迎えます。

 本展では特に、当時の日本の「国策」として満州開拓が推進されていった背景や、高橋村からの送出の経緯に焦点を当てます。
 村に残された当時の資料(公文書)や関係者の証言を紹介するとともに、現地の写真もまじえ、開拓団の軌跡をたどります。

 7月31日(日)と8月7日(日)には、いずれも午後2時〜当館の会場内で、元開拓団員の方のお話会もおこないます。
 当時を実際によく知る方のお話を聞くことのできる貴重な機会です。

「戦後70年」が過ぎた今日、あらためて、戦争が地域社会にもたらした”事実”を考える機会になれば、幸いです。

■入館料
 一般500円(450円)   
 高校・大学生300円(250円)
 小・中学生200円(150円)
 (  )内の金額は、20名以上の団体料金
 65歳以上250円(年齢を証明できるものを提示)
 身体障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は各料金の半額(手帳を提示)
 ※兵庫県内の小・中学生は、ココロンカードの提示により無料
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ

期間6月26日(日曜)〜9月20日(火曜)
 午前9時30分〜午後5時
場所日本・モンゴル民族博物館 企画展示室
休館日毎週水曜日(水曜が祝日の場合、翌日休館)

■連絡先
日本・モンゴル民族博物館
 TEL/0796-56-1000  
 FAX/0796-56-1022
 MAIL/monpaku@city.toyooka.lg.jp
 住所/〒668-0345 兵庫県豊岡市但東町中山711

豊岡市
美術展/展覧会
日本・モンゴル民族博物館「満州『大兵庫開拓団』と高橋村」1
開催日
2016年7月2日(Sat)〜9月25日(Sun)

 剪画家 坂田陽一の作品は、1枚の黒い和紙をナイフで緻密に切り出し、色和紙の色彩を利用して絵画のような作品を生み出しています。坂田作品61点と豊岡市立港公民館所蔵の「港かるた」の原画、株式会社北星社所蔵の「鳥あわせ(絵あわせかるた)」の原画89点、計150点の作品をご覧いただけます。
 ​また、展覧会開催時に併せて、坂田陽一によるワークショップ「和紙でつくる切り絵アート」(3日間コース)も開催いたします。(事前予約が必要です。定員超過の場合はご参加いただけません。お早めにご予約ください。)

■観覧料 クールスポット特別料金
 大人180円、65歳以上・高校生90円、中学生以下は無料

時間7月2日(土曜)〜9月25日(日曜)
 午前9時〜午後5時
場所県立円山川公苑美術館(豊岡市小島)

※展覧会の内容、会期等は変更する場合があります。
 年間200日程度、近・現代美術の企画展を開催します。
 企画展のない期間は、個人展覧会等にもご利用いただけます。
※観覧料は展覧会ごとに設定することがあります。

■連絡先
兵庫県立円山川公苑
 TEL/0796-28-3085
 FAX/0796-28-3087
 住所/〒669-6123兵庫県豊岡市小島1163

豊岡市
美術展/展覧会
和紙を剪り出す絵画展1
開催日
2016年7月2日(Sat)〜9月4日(Sun)

 あさご芸術の森美術館が昆虫館?に大変身!

 世界一美しいといわれる「モルフォチョウ」(標本)や、実物の数百倍もあるリアルな「ゴホンダイコク」(巨大模型)、顔を極端にクローズアップした迫力満点の「ヒグラシ」(写真)など、美術館内は昆虫作品でいっぱい。知っているようで実はあまり知られていない昆虫の世界が目の前に広がります。

入館料 
 大人500円
 高校・大学生300円
 小・中学生200円
 ※兵庫県内の小・中学生は無料(ココロンカードを提示) 
  ココロンカードについて詳しく知りたい方は兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ


日時7月2日(土曜)〜9月4日(日曜)
 午前10時〜午後5時(入館は、閉館30分前まで)
休館日/水曜日(水曜日が祝日の場合はその翌日)
場所あさご芸術の森美術館 1階アトリエ室/2階企画展示室

■連絡先
あさご芸術の森美術館
 TEL/079-670-4111
 FAX/079-670-4113
 住所/〒679-3423 兵庫県朝来市多々良木739番地3

朝来市
美術展/展覧会
あさご夏の昆虫展 むしむし大集合!1
開催日
2016年7月8日(Fri)〜10月2日(Sun)

 普段、何気なく使っているクリア・ファイルを「アート」として、楽しんで頂く企画展です。
 アニメ作品を中心に、アイドル・企業物など沢山のクリア・ファイルが大集合します!

■料金
 初回:500円 2回目以降:200円(小学生以下無料)

日時7月8日(金曜)〜10月2日(日曜)
 午前9時〜午後5時50分(最終入館午後5時)
休館日不定期
場所思い出の記録博物館
(朝来市生野町奥銀谷1522-2)

■連絡先
思い出の記録博物館
 TEL/079-666-8580

朝来市
美術展/展覧会
アートとしてのクリア・ファイル展1
開催日
2016年7月15日(Fri)〜10月4日(Tue)

 豊岡ゆかりの芸術家による作品を順に紹介・展示する収蔵作品展です。
 洋画家・伊藤清永(1911〜2001年)による色彩優美な裸婦・バラなどの油彩画のほか、 河原英雄(1911〜2005年)が制作したリトグラフ(版画)を展示します。

■入館料
 一般600円
 大学・高校生400円
 中学生・小学生200円
 ※兵庫県内の中学生・小学生はココロンカードご提示で無料です。
 ※65歳以上・障害者手帳をお持ちの方は半額になります。受付で証明書をご提示ください。

期間7月15日(金曜)〜10月4日(火曜)
 午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
 ※毎週水曜日は休館です。
場所豊岡市立美術館−伊藤清永記念館−(豊岡市出石町内町)
休館日毎週水曜日(水曜が祝祭日の場合は翌日)

■連絡先
豊岡市立美術館−伊藤清永記念館−
 TEL/0796-52-5456
 FAX/0796-53-2088

豊岡市
美術展/展覧会
夏季収蔵作品展1
開催日
2016年8月20日(Sat)〜9月2日(Fri)

 鳥取県北栄町在住の創作和紙人形作家・浜本恵美子氏による鳥取因州和紙で作る和紙人形の作品展を開催します。
 色合いや手触りなど和紙の特性をいかして表現された作品は、今にも踊り出しそうな趣を醸し出しています。
 和紙人形が舞う絢爛な舞台をお楽しみください。
また、8月27日(土)にはワークショップを行いますので、ぜひご参加ください。
期間8月20日(土曜)〜9月2日(金曜)
 午前9時〜午後5時 ※最終日は正午まで
会場新温泉町民センター農林研修室 ※入場無料

■創作和紙人形・浜本恵美子展ワークショップ参加者募集!
 創作和紙人形・浜本恵美子先生によるワークショップを開催します。
 因州和紙を使って『あじさい人形』を作ってみませんか?
この機会にぜひご参加ください!

・日時:8月27日(土)午前10時30分〜12時30分、午後1時30分〜3時30分
・会場:新温泉町民センター 2階 集会室

・募集人数
 午前、午後共に10人 ※定員になり次第締切ります。

・対象
 小学校3年生以上

・材料費
 2,500円

・持ち物
 定規・はさみ・ぬれおしぼり・筆記用具

・申込方法
 温泉公民館へ電話でお申し込みください。

■連絡先
温泉公民館
 TEL/0796-92-1870

新温泉町
美術展/展覧会
創作和紙人形・浜本恵美子展1
開催日
2016年8月27日(Sat)〜9月22日(Thu)

 浜坂先人記念館では、郷土の先人に関する資料や作品を多数所蔵しています。
 このたび、その所蔵品の点検と虫干しをかねて、その一部を町民の皆さんや多くの人々に鑑賞していただく機会として、郷土の日本画家「谷角日沙春」や「立脇泰山」、洋画家「川元顧山」などの作品約25点を展示します。

■入館料
 大人200円
 小人(小・中学生)100円
日時8月27日(土曜)〜9月22日(木曜)
 午前9時〜午後5時(※最終日は正午まで、※木曜日休館・9月
22日は開館)
場所浜坂先人記念館「以命亭」

■連絡先
浜坂先人記念館「以命亭」
 TEL/0796-82-4490

新温泉町
美術展/展覧会
開催日
2016年9月1日(Thu)〜9月15日(Thu)

 但馬長寿の郷ギャラリー「温(ぬくもり)」において、「八鹿フォトサロン」による展示「八鹿フォトサロン作品展」が開催されます。

内容
 但馬長寿の郷ギャラリー「温(ぬくもり)」において、「八鹿フォトサロン」による展示「八鹿フォトサロン作品展」が開催されます。
 団体「八鹿フォトサロン」の会員10人が思い思いに撮影したスナップ写真や風景写真が多数展示されていますので、ぜひ御来場ください。

開催時間:9:00〜17:00


開催場所県立但馬長寿の郷 レストラン棟2階 ギャラリー「温(ぬくもり)」
開催場所住所養父市八鹿町国木594−10



■連絡先
住所/養父市八鹿町国木594-10 県立但馬長寿の郷
TEL/079-662-8456

養父市
美術展/展覧会
2
(Fri)
開催日
2016年5月21日(Sat)〜9月25日(Sun)

 朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」は開館10周年を迎えます。
 これを記念し、市民の皆さんになじみの深い「池田古墳」の出土資料を一斉公開する特別展を開催します。
 地元での一斉公開は初めてです。全国最多の出土数を誇る水鳥形埴輪も皆さんをお待ちしています。
 是非、この機会にお越しください。

■内容
 池田古墳の調査開始から45年を振り返り、出土品をはじめさまざまな資料を展示

日時5月21日(土曜)〜9月25日(日曜)
 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
 ※月曜休館(祝日の場合は翌日)
場所朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」特別展示室
(朝来市山東町大月91−2)
特別展観覧料100円(高校生以上)

※中学生以下及び65歳以上、障がい者手帳をお持ちの方は無料。
 また、障がい者及び小中学校の引率者は免除。団体割引あり(20名以上1割引き


■連絡先
朝来市埋蔵文化財センター古代あさご館
 TEL/079-670-7330
 FAX/079-670-7333
 住所/〒669-5153兵庫県朝来市山東町大月91-2

朝来市
美術展/展覧会
古代あさご館 鳥と翔ける王〜池田古墳出土資料一斉公開〜1
開催日
2016年6月24日(Fri)〜9月27日(Tue)

 江戸時代、現在の豊岡市は出石藩と豊岡藩、二つの藩にわかれていました。各藩の政治の中心は出石城と豊岡陣屋でした。豊岡市教育委員会では、近年この二つの「城」を発掘調査しており、新しい発見が増えています。
 今回の展覧会では、発掘調査成果と絵図等から当時の景観を復元し、二つの城と城下町を紹介します。江戸時代の出石と豊岡の人々は、どんな「城」や景色を眺めていたのか、思いを馳せていただければ幸いです。

■主な展示資料
(1)出石城の発掘
 ・出石城 本丸、二の丸、三の丸出土資料
 ・「出石城之図」、トレンチ配置図
 ・現場写真
(2)豊岡陣屋の発掘
 ・豊岡陣屋出土資料、図面、写真
 ・「豊岡之図(文化11年写元禄15年豊岡城下図)」
(3)その後の出石城・豊岡陣屋と城下町
 ・「但州出石城下之図」(パネル)
 ・「禾亭昔噺し」
 ・「豊岡街並絵図」
(4)発掘調査速報
 おもに平成15〜16年度におこなった山里曲輪の発掘調査、石垣積み直しの様子をDVDで紹介します。)

■入場料
 大人500円(400円)
 65歳以上250円(200円)
 高校生200円(150円)
 小・中学生150円(100円)
 ※(  )は20名以上の団体料金
 ※65歳以上の方は半額になります。年齢を証明できるものをご提示ください。
 ※兵庫県内の小・中学生は無料です。ココロンカードをご提示ください。
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ
 

日時6月24日(金曜)〜9月27日(火曜)
 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場但馬国府・国分寺館 企画展示室
休館日毎週水曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)

■関連イベント
1.講演「豊岡の二大城!!」
 日時:9月10日(土) 午後1時30分〜
 場所:日高農村環境改善センター 多目的ホール
 講師:西尾孝昌氏(山名氏城跡保存会会長)

■連絡先
豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−
 TEL/0796-42-6111 
 FAX/0796-42-6112
 住所/〒669-5305 豊岡市日高町祢布808 

豊岡市
美術展/展覧会
豊岡市立歴史博物館 第38回企画展「知られざる!!豊岡の二大城−出石城と豊岡陣屋−」1
開催日
2016年6月26日(Sun)〜9月20日(Tue)

 昭和19(1944)年春、旧高橋村(現在の豊岡市但東町高橋地区)の方々が、「満州国」(現在の中国東北部)に入植しました。団の名称は「第十三次大兵庫開拓団」。
 太平洋戦争のさなか、移住を推し進めた当時の国策にしたがい、479名の方々が海を渡りました。
 そして、昭和20(1945)年8月9日、旧ソ連軍の「満州国」への軍事侵攻に伴う混乱の中で、開拓団員の逃避行が始まり、8月17日、298名の方々が入水自決という悲惨な最期を迎えます。

 本展では特に、当時の日本の「国策」として満州開拓が推進されていった背景や、高橋村からの送出の経緯に焦点を当てます。
 村に残された当時の資料(公文書)や関係者の証言を紹介するとともに、現地の写真もまじえ、開拓団の軌跡をたどります。

 7月31日(日)と8月7日(日)には、いずれも午後2時〜当館の会場内で、元開拓団員の方のお話会もおこないます。
 当時を実際によく知る方のお話を聞くことのできる貴重な機会です。

「戦後70年」が過ぎた今日、あらためて、戦争が地域社会にもたらした”事実”を考える機会になれば、幸いです。

■入館料
 一般500円(450円)   
 高校・大学生300円(250円)
 小・中学生200円(150円)
 (  )内の金額は、20名以上の団体料金
 65歳以上250円(年齢を証明できるものを提示)
 身体障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は各料金の半額(手帳を提示)
 ※兵庫県内の小・中学生は、ココロンカードの提示により無料
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ

期間6月26日(日曜)〜9月20日(火曜)
 午前9時30分〜午後5時
場所日本・モンゴル民族博物館 企画展示室
休館日毎週水曜日(水曜が祝日の場合、翌日休館)

■連絡先
日本・モンゴル民族博物館
 TEL/0796-56-1000  
 FAX/0796-56-1022
 MAIL/monpaku@city.toyooka.lg.jp
 住所/〒668-0345 兵庫県豊岡市但東町中山711

豊岡市
美術展/展覧会
日本・モンゴル民族博物館「満州『大兵庫開拓団』と高橋村」1
開催日
2016年7月2日(Sat)〜9月25日(Sun)

 剪画家 坂田陽一の作品は、1枚の黒い和紙をナイフで緻密に切り出し、色和紙の色彩を利用して絵画のような作品を生み出しています。坂田作品61点と豊岡市立港公民館所蔵の「港かるた」の原画、株式会社北星社所蔵の「鳥あわせ(絵あわせかるた)」の原画89点、計150点の作品をご覧いただけます。
 ​また、展覧会開催時に併せて、坂田陽一によるワークショップ「和紙でつくる切り絵アート」(3日間コース)も開催いたします。(事前予約が必要です。定員超過の場合はご参加いただけません。お早めにご予約ください。)

■観覧料 クールスポット特別料金
 大人180円、65歳以上・高校生90円、中学生以下は無料

時間7月2日(土曜)〜9月25日(日曜)
 午前9時〜午後5時
場所県立円山川公苑美術館(豊岡市小島)

※展覧会の内容、会期等は変更する場合があります。
 年間200日程度、近・現代美術の企画展を開催します。
 企画展のない期間は、個人展覧会等にもご利用いただけます。
※観覧料は展覧会ごとに設定することがあります。

■連絡先
兵庫県立円山川公苑
 TEL/0796-28-3085
 FAX/0796-28-3087
 住所/〒669-6123兵庫県豊岡市小島1163

豊岡市
美術展/展覧会
和紙を剪り出す絵画展1
開催日
2016年7月2日(Sat)〜9月4日(Sun)

 あさご芸術の森美術館が昆虫館?に大変身!

 世界一美しいといわれる「モルフォチョウ」(標本)や、実物の数百倍もあるリアルな「ゴホンダイコク」(巨大模型)、顔を極端にクローズアップした迫力満点の「ヒグラシ」(写真)など、美術館内は昆虫作品でいっぱい。知っているようで実はあまり知られていない昆虫の世界が目の前に広がります。

入館料 
 大人500円
 高校・大学生300円
 小・中学生200円
 ※兵庫県内の小・中学生は無料(ココロンカードを提示) 
  ココロンカードについて詳しく知りたい方は兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ


日時7月2日(土曜)〜9月4日(日曜)
 午前10時〜午後5時(入館は、閉館30分前まで)
休館日/水曜日(水曜日が祝日の場合はその翌日)
場所あさご芸術の森美術館 1階アトリエ室/2階企画展示室

■連絡先
あさご芸術の森美術館
 TEL/079-670-4111
 FAX/079-670-4113
 住所/〒679-3423 兵庫県朝来市多々良木739番地3

朝来市
美術展/展覧会
あさご夏の昆虫展 むしむし大集合!1
開催日
2016年7月8日(Fri)〜10月2日(Sun)

 普段、何気なく使っているクリア・ファイルを「アート」として、楽しんで頂く企画展です。
 アニメ作品を中心に、アイドル・企業物など沢山のクリア・ファイルが大集合します!

■料金
 初回:500円 2回目以降:200円(小学生以下無料)

日時7月8日(金曜)〜10月2日(日曜)
 午前9時〜午後5時50分(最終入館午後5時)
休館日不定期
場所思い出の記録博物館
(朝来市生野町奥銀谷1522-2)

■連絡先
思い出の記録博物館
 TEL/079-666-8580

朝来市
美術展/展覧会
アートとしてのクリア・ファイル展1
開催日
2016年7月15日(Fri)〜10月4日(Tue)

 豊岡ゆかりの芸術家による作品を順に紹介・展示する収蔵作品展です。
 洋画家・伊藤清永(1911〜2001年)による色彩優美な裸婦・バラなどの油彩画のほか、 河原英雄(1911〜2005年)が制作したリトグラフ(版画)を展示します。

■入館料
 一般600円
 大学・高校生400円
 中学生・小学生200円
 ※兵庫県内の中学生・小学生はココロンカードご提示で無料です。
 ※65歳以上・障害者手帳をお持ちの方は半額になります。受付で証明書をご提示ください。

期間7月15日(金曜)〜10月4日(火曜)
 午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
 ※毎週水曜日は休館です。
場所豊岡市立美術館−伊藤清永記念館−(豊岡市出石町内町)
休館日毎週水曜日(水曜が祝祭日の場合は翌日)

■連絡先
豊岡市立美術館−伊藤清永記念館−
 TEL/0796-52-5456
 FAX/0796-53-2088

豊岡市
美術展/展覧会
夏季収蔵作品展1
開催日
2016年8月20日(Sat)〜9月2日(Fri)

 鳥取県北栄町在住の創作和紙人形作家・浜本恵美子氏による鳥取因州和紙で作る和紙人形の作品展を開催します。
 色合いや手触りなど和紙の特性をいかして表現された作品は、今にも踊り出しそうな趣を醸し出しています。
 和紙人形が舞う絢爛な舞台をお楽しみください。
また、8月27日(土)にはワークショップを行いますので、ぜひご参加ください。
期間8月20日(土曜)〜9月2日(金曜)
 午前9時〜午後5時 ※最終日は正午まで
会場新温泉町民センター農林研修室 ※入場無料

■創作和紙人形・浜本恵美子展ワークショップ参加者募集!
 創作和紙人形・浜本恵美子先生によるワークショップを開催します。
 因州和紙を使って『あじさい人形』を作ってみませんか?
この機会にぜひご参加ください!

・日時:8月27日(土)午前10時30分〜12時30分、午後1時30分〜3時30分
・会場:新温泉町民センター 2階 集会室

・募集人数
 午前、午後共に10人 ※定員になり次第締切ります。

・対象
 小学校3年生以上

・材料費
 2,500円

・持ち物
 定規・はさみ・ぬれおしぼり・筆記用具

・申込方法
 温泉公民館へ電話でお申し込みください。

■連絡先
温泉公民館
 TEL/0796-92-1870

新温泉町
美術展/展覧会
創作和紙人形・浜本恵美子展1
開催日
2016年8月27日(Sat)〜9月22日(Thu)

 浜坂先人記念館では、郷土の先人に関する資料や作品を多数所蔵しています。
 このたび、その所蔵品の点検と虫干しをかねて、その一部を町民の皆さんや多くの人々に鑑賞していただく機会として、郷土の日本画家「谷角日沙春」や「立脇泰山」、洋画家「川元顧山」などの作品約25点を展示します。

■入館料
 大人200円
 小人(小・中学生)100円
日時8月27日(土曜)〜9月22日(木曜)
 午前9時〜午後5時(※最終日は正午まで、※木曜日休館・9月
22日は開館)
場所浜坂先人記念館「以命亭」

■連絡先
浜坂先人記念館「以命亭」
 TEL/0796-82-4490

新温泉町
美術展/展覧会
開催日
2016年9月1日(Thu)〜9月15日(Thu)

 但馬長寿の郷ギャラリー「温(ぬくもり)」において、「八鹿フォトサロン」による展示「八鹿フォトサロン作品展」が開催されます。

内容
 但馬長寿の郷ギャラリー「温(ぬくもり)」において、「八鹿フォトサロン」による展示「八鹿フォトサロン作品展」が開催されます。
 団体「八鹿フォトサロン」の会員10人が思い思いに撮影したスナップ写真や風景写真が多数展示されていますので、ぜひ御来場ください。

開催時間:9:00〜17:00


開催場所県立但馬長寿の郷 レストラン棟2階 ギャラリー「温(ぬくもり)」
開催場所住所養父市八鹿町国木594−10



■連絡先
住所/養父市八鹿町国木594-10 県立但馬長寿の郷
TEL/079-662-8456

養父市
美術展/展覧会
開催日
2016年9月2日(Fri)

 社会人としての基本姿勢は「主体性」です。主体性は「自分なりのやりがい」を仕事の中で発見することで生まれます。ただ、やりがいを発見するには、自分を知り、自分を動機づける方法を学ぶ必要があります。「どうありたいか、どうなりたいか」のビジョンを持ち、自らにエンジンをかけて、仕事に取り組む。その心の技術を社員研修で学んでいただき、人材を会社の「人財」へと育成します。

・講師:泉一也氏(株式会社場活堂 代表取締役)

■参加費
 無料

■対象
 新入社員、従業員、幹部、役員等

■定員
 50名(先着申し込み順)

 >>申込書(PDF)

日時9月2日(金曜)
 18:30〜20:30
場所朝来市商工会朝来支所
(朝来市新井132)

■連絡先
朝来市商工会経営支援課
 TEL/079-672-2362
 FAX/079-672-4844
 MAIL/shokokai@asago.org

朝来市
講演会/セミナー
社員研修会〜自らの主体性を引き出すセルフコーチングを学ぶ〜1
開催日
2016年9月2日(Fri)

 集い・出会い・語り・学び・楽しむ・活かす 「あさご・まちづくりカフェ」
 テーマをもとにゲストスピーカーのお話を聞いて、参加者と一緒に語り合い、学び合う場です。

■第2回テーマ
「無理しない地域づくり」※AsagoLaboプレセミナーを兼ねています。
・ゲストスピーカー
 尾野寛明さん(有限会社エコカレッジ代表取締役)

 「過疎と戦うインターネット古本屋」として、過疎地のデメリットを逆手にとったビジネスモデルで成長する有限会社エコカレッジ。
 一方で、高齢者率の高い過疎地でしばしば見かけるのは、地域に残る数少ない若手に「役」が集中することによって、若者が疲弊していくという現実。
 誰もが無理せずに気軽に参画できる地域づくりの必要性を痛感するなかでの尾野さんの活動を紹介していただきます。

 今回は、9月30日から開講する「AsagoLabo」のプレセミナーも兼ねた開催です。

■参加費
 無料

■参加申込
 不要
日時9月2日(金曜)
 午後7時30分から
開催場所竹田城城下町ホテルEN 2階オープンスペース(旧木村酒造場)

■連絡先
朝来市市長公室総合政策課
 TEL/079-672-6110
 FAX/079-672-4041

朝来市
講演会/セミナー
第2回あさご・まちづくりカフェ1
3
(Sat)
開催日
2016年5月21日(Sat)〜9月25日(Sun)

 朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」は開館10周年を迎えます。
 これを記念し、市民の皆さんになじみの深い「池田古墳」の出土資料を一斉公開する特別展を開催します。
 地元での一斉公開は初めてです。全国最多の出土数を誇る水鳥形埴輪も皆さんをお待ちしています。
 是非、この機会にお越しください。

■内容
 池田古墳の調査開始から45年を振り返り、出土品をはじめさまざまな資料を展示

日時5月21日(土曜)〜9月25日(日曜)
 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
 ※月曜休館(祝日の場合は翌日)
場所朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」特別展示室
(朝来市山東町大月91−2)
特別展観覧料100円(高校生以上)

※中学生以下及び65歳以上、障がい者手帳をお持ちの方は無料。
 また、障がい者及び小中学校の引率者は免除。団体割引あり(20名以上1割引き


■連絡先
朝来市埋蔵文化財センター古代あさご館
 TEL/079-670-7330
 FAX/079-670-7333
 住所/〒669-5153兵庫県朝来市山東町大月91-2

朝来市
美術展/展覧会
古代あさご館 鳥と翔ける王〜池田古墳出土資料一斉公開〜1
開催日
2016年6月24日(Fri)〜9月27日(Tue)

 江戸時代、現在の豊岡市は出石藩と豊岡藩、二つの藩にわかれていました。各藩の政治の中心は出石城と豊岡陣屋でした。豊岡市教育委員会では、近年この二つの「城」を発掘調査しており、新しい発見が増えています。
 今回の展覧会では、発掘調査成果と絵図等から当時の景観を復元し、二つの城と城下町を紹介します。江戸時代の出石と豊岡の人々は、どんな「城」や景色を眺めていたのか、思いを馳せていただければ幸いです。

■主な展示資料
(1)出石城の発掘
 ・出石城 本丸、二の丸、三の丸出土資料
 ・「出石城之図」、トレンチ配置図
 ・現場写真
(2)豊岡陣屋の発掘
 ・豊岡陣屋出土資料、図面、写真
 ・「豊岡之図(文化11年写元禄15年豊岡城下図)」
(3)その後の出石城・豊岡陣屋と城下町
 ・「但州出石城下之図」(パネル)
 ・「禾亭昔噺し」
 ・「豊岡街並絵図」
(4)発掘調査速報
 おもに平成15〜16年度におこなった山里曲輪の発掘調査、石垣積み直しの様子をDVDで紹介します。)

■入場料
 大人500円(400円)
 65歳以上250円(200円)
 高校生200円(150円)
 小・中学生150円(100円)
 ※(  )は20名以上の団体料金
 ※65歳以上の方は半額になります。年齢を証明できるものをご提示ください。
 ※兵庫県内の小・中学生は無料です。ココロンカードをご提示ください。
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ
 

日時6月24日(金曜)〜9月27日(火曜)
 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場但馬国府・国分寺館 企画展示室
休館日毎週水曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)

■関連イベント
1.講演「豊岡の二大城!!」
 日時:9月10日(土) 午後1時30分〜
 場所:日高農村環境改善センター 多目的ホール
 講師:西尾孝昌氏(山名氏城跡保存会会長)

■連絡先
豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−
 TEL/0796-42-6111 
 FAX/0796-42-6112
 住所/〒669-5305 豊岡市日高町祢布808 

豊岡市
美術展/展覧会
豊岡市立歴史博物館 第38回企画展「知られざる!!豊岡の二大城−出石城と豊岡陣屋−」1
開催日
2016年6月26日(Sun)〜9月20日(Tue)

 昭和19(1944)年春、旧高橋村(現在の豊岡市但東町高橋地区)の方々が、「満州国」(現在の中国東北部)に入植しました。団の名称は「第十三次大兵庫開拓団」。
 太平洋戦争のさなか、移住を推し進めた当時の国策にしたがい、479名の方々が海を渡りました。
 そして、昭和20(1945)年8月9日、旧ソ連軍の「満州国」への軍事侵攻に伴う混乱の中で、開拓団員の逃避行が始まり、8月17日、298名の方々が入水自決という悲惨な最期を迎えます。

 本展では特に、当時の日本の「国策」として満州開拓が推進されていった背景や、高橋村からの送出の経緯に焦点を当てます。
 村に残された当時の資料(公文書)や関係者の証言を紹介するとともに、現地の写真もまじえ、開拓団の軌跡をたどります。

 7月31日(日)と8月7日(日)には、いずれも午後2時〜当館の会場内で、元開拓団員の方のお話会もおこないます。
 当時を実際によく知る方のお話を聞くことのできる貴重な機会です。

「戦後70年」が過ぎた今日、あらためて、戦争が地域社会にもたらした”事実”を考える機会になれば、幸いです。

■入館料
 一般500円(450円)   
 高校・大学生300円(250円)
 小・中学生200円(150円)
 (  )内の金額は、20名以上の団体料金
 65歳以上250円(年齢を証明できるものを提示)
 身体障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は各料金の半額(手帳を提示)
 ※兵庫県内の小・中学生は、ココロンカードの提示により無料
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ

期間6月26日(日曜)〜9月20日(火曜)
 午前9時30分〜午後5時
場所日本・モンゴル民族博物館 企画展示室
休館日毎週水曜日(水曜が祝日の場合、翌日休館)

■連絡先
日本・モンゴル民族博物館
 TEL/0796-56-1000  
 FAX/0796-56-1022
 MAIL/monpaku@city.toyooka.lg.jp
 住所/〒668-0345 兵庫県豊岡市但東町中山711

豊岡市
美術展/展覧会
日本・モンゴル民族博物館「満州『大兵庫開拓団』と高橋村」1
開催日
2016年7月2日(Sat)〜9月25日(Sun)

 剪画家 坂田陽一の作品は、1枚の黒い和紙をナイフで緻密に切り出し、色和紙の色彩を利用して絵画のような作品を生み出しています。坂田作品61点と豊岡市立港公民館所蔵の「港かるた」の原画、株式会社北星社所蔵の「鳥あわせ(絵あわせかるた)」の原画89点、計150点の作品をご覧いただけます。
 ​また、展覧会開催時に併せて、坂田陽一によるワークショップ「和紙でつくる切り絵アート」(3日間コース)も開催いたします。(事前予約が必要です。定員超過の場合はご参加いただけません。お早めにご予約ください。)

■観覧料 クールスポット特別料金
 大人180円、65歳以上・高校生90円、中学生以下は無料

時間7月2日(土曜)〜9月25日(日曜)
 午前9時〜午後5時
場所県立円山川公苑美術館(豊岡市小島)

※展覧会の内容、会期等は変更する場合があります。
 年間200日程度、近・現代美術の企画展を開催します。
 企画展のない期間は、個人展覧会等にもご利用いただけます。
※観覧料は展覧会ごとに設定することがあります。

■連絡先
兵庫県立円山川公苑
 TEL/0796-28-3085
 FAX/0796-28-3087
 住所/〒669-6123兵庫県豊岡市小島1163

豊岡市
美術展/展覧会
和紙を剪り出す絵画展1
開催日
2016年7月2日(Sat)〜9月4日(Sun)

 あさご芸術の森美術館が昆虫館?に大変身!

 世界一美しいといわれる「モルフォチョウ」(標本)や、実物の数百倍もあるリアルな「ゴホンダイコク」(巨大模型)、顔を極端にクローズアップした迫力満点の「ヒグラシ」(写真)など、美術館内は昆虫作品でいっぱい。知っているようで実はあまり知られていない昆虫の世界が目の前に広がります。

入館料 
 大人500円
 高校・大学生300円
 小・中学生200円
 ※兵庫県内の小・中学生は無料(ココロンカードを提示) 
  ココロンカードについて詳しく知りたい方は兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ


日時7月2日(土曜)〜9月4日(日曜)
 午前10時〜午後5時(入館は、閉館30分前まで)
休館日/水曜日(水曜日が祝日の場合はその翌日)
場所あさご芸術の森美術館 1階アトリエ室/2階企画展示室

■連絡先
あさご芸術の森美術館
 TEL/079-670-4111
 FAX/079-670-4113
 住所/〒679-3423 兵庫県朝来市多々良木739番地3

朝来市
美術展/展覧会
あさご夏の昆虫展 むしむし大集合!1
開催日
2016年7月8日(Fri)〜10月2日(Sun)

 普段、何気なく使っているクリア・ファイルを「アート」として、楽しんで頂く企画展です。
 アニメ作品を中心に、アイドル・企業物など沢山のクリア・ファイルが大集合します!

■料金
 初回:500円 2回目以降:200円(小学生以下無料)

日時7月8日(金曜)〜10月2日(日曜)
 午前9時〜午後5時50分(最終入館午後5時)
休館日不定期
場所思い出の記録博物館
(朝来市生野町奥銀谷1522-2)

■連絡先
思い出の記録博物館
 TEL/079-666-8580

朝来市
美術展/展覧会
アートとしてのクリア・ファイル展1
開催日
2016年7月15日(Fri)〜10月4日(Tue)

 豊岡ゆかりの芸術家による作品を順に紹介・展示する収蔵作品展です。
 洋画家・伊藤清永(1911〜2001年)による色彩優美な裸婦・バラなどの油彩画のほか、 河原英雄(1911〜2005年)が制作したリトグラフ(版画)を展示します。

■入館料
 一般600円
 大学・高校生400円
 中学生・小学生200円
 ※兵庫県内の中学生・小学生はココロンカードご提示で無料です。
 ※65歳以上・障害者手帳をお持ちの方は半額になります。受付で証明書をご提示ください。

期間7月15日(金曜)〜10月4日(火曜)
 午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
 ※毎週水曜日は休館です。
場所豊岡市立美術館−伊藤清永記念館−(豊岡市出石町内町)
休館日毎週水曜日(水曜が祝祭日の場合は翌日)

■連絡先
豊岡市立美術館−伊藤清永記念館−
 TEL/0796-52-5456
 FAX/0796-53-2088

豊岡市
美術展/展覧会
夏季収蔵作品展1
開催日
2016年8月27日(Sat)〜9月22日(Thu)

 浜坂先人記念館では、郷土の先人に関する資料や作品を多数所蔵しています。
 このたび、その所蔵品の点検と虫干しをかねて、その一部を町民の皆さんや多くの人々に鑑賞していただく機会として、郷土の日本画家「谷角日沙春」や「立脇泰山」、洋画家「川元顧山」などの作品約25点を展示します。

■入館料
 大人200円
 小人(小・中学生)100円
日時8月27日(土曜)〜9月22日(木曜)
 午前9時〜午後5時(※最終日は正午まで、※木曜日休館・9月
22日は開館)
場所浜坂先人記念館「以命亭」

■連絡先
浜坂先人記念館「以命亭」
 TEL/0796-82-4490

新温泉町
美術展/展覧会
開催日
2016年9月1日(Thu)〜9月15日(Thu)

 但馬長寿の郷ギャラリー「温(ぬくもり)」において、「八鹿フォトサロン」による展示「八鹿フォトサロン作品展」が開催されます。

内容
 但馬長寿の郷ギャラリー「温(ぬくもり)」において、「八鹿フォトサロン」による展示「八鹿フォトサロン作品展」が開催されます。
 団体「八鹿フォトサロン」の会員10人が思い思いに撮影したスナップ写真や風景写真が多数展示されていますので、ぜひ御来場ください。

開催時間:9:00〜17:00


開催場所県立但馬長寿の郷 レストラン棟2階 ギャラリー「温(ぬくもり)」
開催場所住所養父市八鹿町国木594−10



■連絡先
住所/養父市八鹿町国木594-10 県立但馬長寿の郷
TEL/079-662-8456

養父市
美術展/展覧会
開催日
2016年9月3日(Sat)

■コンセプト
 神鍋火山祭りの魅力は、なんといっても広大な自然の中で行われる祭りです。特に本年度より、ダンスステージを設ける事で、ジャンルにとらわれる事がなく踊り子の皆様にも澄んだ空気をいっぱいに吸込みながら美しい大自然の中でのびのびと踊りを楽しむことができます。

 夜になると星空が一段と近く感じられ、神秘的なロケーションで踊りをお楽しみ頂き、美味しい屋台に舌鼓を打ち、フィナーレには打ち上げ花火も楽しんで頂けます。

 今回のコンセプトは、「学ぶ・行動・成長」としております。イベント企画に関わる若手メンバーも経験を通じ学び、参加される方全ての方に感動して頂けるよう誠心誠意行動し、今回のお祭りを通じて成長できるような場になればと考えます。

 また、踊り子の皆様とのご縁を大切に皆様の元気あふれる踊りによる一体感、臨場感、パフォーマンスを、来場された皆様と共に感じ、そして当日感じて頂いたエネルギーを、これからの人生の活力として活かして頂けるような踊り子同士の皆様はもちろん、よさこいや踊りを経験した事のない方々、「神鍋火山祭り」に関わるすべての方々と一緒になって繋げていくお祭りを目指します。

■内容
・みんなで踊るんだしけぇパフォーマンスステージ
・美味しい屋台大集合!旨いもん屋台村
・神鍋火山が大噴火!?打ち上げ花火
・願いを込めて参加しよう!豪華景品のあたる抽選会

■タイムスケジュール
11:00 セカンド会場露店オープン
12:00 セカンド、サード会場にて演舞開始
      ※各チーム5分以内で順次ご披露頂く
14:00 メイン会場にて開幕式
      (神事/主催者挨拶/演舞開始/露店オープン)
      ※各チーム5分以内で順次ご披露頂く
16:30 セカンド、サード会場での演舞終了
18:00 メイン会場での演舞終了
      演舞終了後、抽選会当選者発表等
19:00 演舞受賞者発表 表彰式
19:30 受賞者による演舞
20:00 打ち上げ花火開始
20:30 お祭り終了

 ※演舞予定時間は参加チームの数により変動する可能性が有ります。
 参加チーム数30チーム程度(1チーム約20名以上を予定)
 
開催日9月3日(土曜)
 12:00〜20:30
開催場所神鍋高原(豊岡市日高町栗栖野)
○メイン会場
 アップ神鍋スキー場 中央駐車場内
 兵庫県豊岡市日高町栗栖野59−78
○セカンド会場
 神鍋高原 道の駅 駐車場内
 (メイン会場より徒歩約3分)
○サード会場
 神鍋高原 キャンプ場屋外ステージ
 (メイン会場より徒歩約3分)

※但馬地方の方言
 サブタイトルにあります、〜がっ祭 踊るんだしけぇ そうだろよさこい!〜は、兵庫県北部の但馬地方の方言を用いております。
・「がっさい」・・・凄い、もの凄い
・「だしけぇ」・・・だから
・「そうだろ」・・・江戸時代より神鍋高原に伝わる民謡「そうだろ節」

 意味と致しまして、〜凄いお祭りで 踊るんだから そうだろ節よさこい〜となります。ジャンルにとらわれない踊りのお祭りですが地域の民謡を大切にしていく為「みんなそうだろ!」とそうだろ節を掛けたタイトルとなっております。

■連絡先
神鍋火山祭り実行委員会
 TEL/0796-45-0800
 FAX/0796-45-1501
 住所/兵庫県豊岡市日高町栗栖59-13 日高神鍋観光協会内

豊岡市
式典/祭典
第38回神鍋火山祭り がっ祭踊るんだしけぇ−そうだろよさこい−1
4
(Sun)
開催日
2016年5月21日(Sat)〜9月25日(Sun)

 朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」は開館10周年を迎えます。
 これを記念し、市民の皆さんになじみの深い「池田古墳」の出土資料を一斉公開する特別展を開催します。
 地元での一斉公開は初めてです。全国最多の出土数を誇る水鳥形埴輪も皆さんをお待ちしています。
 是非、この機会にお越しください。

■内容
 池田古墳の調査開始から45年を振り返り、出土品をはじめさまざまな資料を展示

日時5月21日(土曜)〜9月25日(日曜)
 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
 ※月曜休館(祝日の場合は翌日)
場所朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」特別展示室
(朝来市山東町大月91−2)
特別展観覧料100円(高校生以上)

※中学生以下及び65歳以上、障がい者手帳をお持ちの方は無料。
 また、障がい者及び小中学校の引率者は免除。団体割引あり(20名以上1割引き


■連絡先
朝来市埋蔵文化財センター古代あさご館
 TEL/079-670-7330
 FAX/079-670-7333
 住所/〒669-5153兵庫県朝来市山東町大月91-2

朝来市
美術展/展覧会
古代あさご館 鳥と翔ける王〜池田古墳出土資料一斉公開〜1
開催日
2016年6月24日(Fri)〜9月27日(Tue)

 江戸時代、現在の豊岡市は出石藩と豊岡藩、二つの藩にわかれていました。各藩の政治の中心は出石城と豊岡陣屋でした。豊岡市教育委員会では、近年この二つの「城」を発掘調査しており、新しい発見が増えています。
 今回の展覧会では、発掘調査成果と絵図等から当時の景観を復元し、二つの城と城下町を紹介します。江戸時代の出石と豊岡の人々は、どんな「城」や景色を眺めていたのか、思いを馳せていただければ幸いです。

■主な展示資料
(1)出石城の発掘
 ・出石城 本丸、二の丸、三の丸出土資料
 ・「出石城之図」、トレンチ配置図
 ・現場写真
(2)豊岡陣屋の発掘
 ・豊岡陣屋出土資料、図面、写真
 ・「豊岡之図(文化11年写元禄15年豊岡城下図)」
(3)その後の出石城・豊岡陣屋と城下町
 ・「但州出石城下之図」(パネル)
 ・「禾亭昔噺し」
 ・「豊岡街並絵図」
(4)発掘調査速報
 おもに平成15〜16年度におこなった山里曲輪の発掘調査、石垣積み直しの様子をDVDで紹介します。)

■入場料
 大人500円(400円)
 65歳以上250円(200円)
 高校生200円(150円)
 小・中学生150円(100円)
 ※(  )は20名以上の団体料金
 ※65歳以上の方は半額になります。年齢を証明できるものをご提示ください。
 ※兵庫県内の小・中学生は無料です。ココロンカードをご提示ください。
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ
 

日時6月24日(金曜)〜9月27日(火曜)
 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場但馬国府・国分寺館 企画展示室
休館日毎週水曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)

■関連イベント
1.講演「豊岡の二大城!!」
 日時:9月10日(土) 午後1時30分〜
 場所:日高農村環境改善センター 多目的ホール
 講師:西尾孝昌氏(山名氏城跡保存会会長)

■連絡先
豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−
 TEL/0796-42-6111 
 FAX/0796-42-6112
 住所/〒669-5305 豊岡市日高町祢布808 

豊岡市
美術展/展覧会
豊岡市立歴史博物館 第38回企画展「知られざる!!豊岡の二大城−出石城と豊岡陣屋−」1
開催日
2016年6月26日(Sun)〜9月20日(Tue)

 昭和19(1944)年春、旧高橋村(現在の豊岡市但東町高橋地区)の方々が、「満州国」(現在の中国東北部)に入植しました。団の名称は「第十三次大兵庫開拓団」。
 太平洋戦争のさなか、移住を推し進めた当時の国策にしたがい、479名の方々が海を渡りました。
 そして、昭和20(1945)年8月9日、旧ソ連軍の「満州国」への軍事侵攻に伴う混乱の中で、開拓団員の逃避行が始まり、8月17日、298名の方々が入水自決という悲惨な最期を迎えます。

 本展では特に、当時の日本の「国策」として満州開拓が推進されていった背景や、高橋村からの送出の経緯に焦点を当てます。
 村に残された当時の資料(公文書)や関係者の証言を紹介するとともに、現地の写真もまじえ、開拓団の軌跡をたどります。

 7月31日(日)と8月7日(日)には、いずれも午後2時〜当館の会場内で、元開拓団員の方のお話会もおこないます。
 当時を実際によく知る方のお話を聞くことのできる貴重な機会です。

「戦後70年」が過ぎた今日、あらためて、戦争が地域社会にもたらした”事実”を考える機会になれば、幸いです。

■入館料
 一般500円(450円)   
 高校・大学生300円(250円)
 小・中学生200円(150円)
 (  )内の金額は、20名以上の団体料金
 65歳以上250円(年齢を証明できるものを提示)
 身体障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は各料金の半額(手帳を提示)
 ※兵庫県内の小・中学生は、ココロンカードの提示により無料
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ

期間6月26日(日曜)〜9月20日(火曜)
 午前9時30分〜午後5時
場所日本・モンゴル民族博物館 企画展示室
休館日毎週水曜日(水曜が祝日の場合、翌日休館)

■連絡先
日本・モンゴル民族博物館
 TEL/0796-56-1000  
 FAX/0796-56-1022
 MAIL/monpaku@city.toyooka.lg.jp
 住所/〒668-0345 兵庫県豊岡市但東町中山711

豊岡市
美術展/展覧会
日本・モンゴル民族博物館「満州『大兵庫開拓団』と高橋村」1
開催日
2016年7月2日(Sat)〜9月25日(Sun)

 剪画家 坂田陽一の作品は、1枚の黒い和紙をナイフで緻密に切り出し、色和紙の色彩を利用して絵画のような作品を生み出しています。坂田作品61点と豊岡市立港公民館所蔵の「港かるた」の原画、株式会社北星社所蔵の「鳥あわせ(絵あわせかるた)」の原画89点、計150点の作品をご覧いただけます。
 ​また、展覧会開催時に併せて、坂田陽一によるワークショップ「和紙でつくる切り絵アート」(3日間コース)も開催いたします。(事前予約が必要です。定員超過の場合はご参加いただけません。お早めにご予約ください。)

■観覧料 クールスポット特別料金
 大人180円、65歳以上・高校生90円、中学生以下は無料

時間7月2日(土曜)〜9月25日(日曜)
 午前9時〜午後5時
場所県立円山川公苑美術館(豊岡市小島)

※展覧会の内容、会期等は変更する場合があります。
 年間200日程度、近・現代美術の企画展を開催します。
 企画展のない期間は、個人展覧会等にもご利用いただけます。
※観覧料は展覧会ごとに設定することがあります。

■連絡先
兵庫県立円山川公苑
 TEL/0796-28-3085
 FAX/0796-28-3087
 住所/〒669-6123兵庫県豊岡市小島1163

豊岡市
美術展/展覧会
和紙を剪り出す絵画展1
開催日
2016年7月2日(Sat)〜9月4日(Sun)

 あさご芸術の森美術館が昆虫館?に大変身!

 世界一美しいといわれる「モルフォチョウ」(標本)や、実物の数百倍もあるリアルな「ゴホンダイコク」(巨大模型)、顔を極端にクローズアップした迫力満点の「ヒグラシ」(写真)など、美術館内は昆虫作品でいっぱい。知っているようで実はあまり知られていない昆虫の世界が目の前に広がります。

入館料 
 大人500円
 高校・大学生300円
 小・中学生200円
 ※兵庫県内の小・中学生は無料(ココロンカードを提示) 
  ココロンカードについて詳しく知りたい方は兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ


日時7月2日(土曜)〜9月4日(日曜)
 午前10時〜午後5時(入館は、閉館30分前まで)
休館日/水曜日(水曜日が祝日の場合はその翌日)
場所あさご芸術の森美術館 1階アトリエ室/2階企画展示室

■連絡先
あさご芸術の森美術館
 TEL/079-670-4111
 FAX/079-670-4113
 住所/〒679-3423 兵庫県朝来市多々良木739番地3

朝来市
美術展/展覧会
あさご夏の昆虫展 むしむし大集合!1
開催日
2016年7月8日(Fri)〜10月2日(Sun)

 普段、何気なく使っているクリア・ファイルを「アート」として、楽しんで頂く企画展です。
 アニメ作品を中心に、アイドル・企業物など沢山のクリア・ファイルが大集合します!

■料金
 初回:500円 2回目以降:200円(小学生以下無料)

日時7月8日(金曜)〜10月2日(日曜)
 午前9時〜午後5時50分(最終入館午後5時)
休館日不定期
場所思い出の記録博物館
(朝来市生野町奥銀谷1522-2)

■連絡先
思い出の記録博物館
 TEL/079-666-8580

朝来市
美術展/展覧会
アートとしてのクリア・ファイル展1
開催日
2016年7月15日(Fri)〜10月4日(Tue)

 豊岡ゆかりの芸術家による作品を順に紹介・展示する収蔵作品展です。
 洋画家・伊藤清永(1911〜2001年)による色彩優美な裸婦・バラなどの油彩画のほか、 河原英雄(1911〜2005年)が制作したリトグラフ(版画)を展示します。

■入館料
 一般600円
 大学・高校生400円
 中学生・小学生200円
 ※兵庫県内の中学生・小学生はココロンカードご提示で無料です。
 ※65歳以上・障害者手帳をお持ちの方は半額になります。受付で証明書をご提示ください。

期間7月15日(金曜)〜10月4日(火曜)
 午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
 ※毎週水曜日は休館です。
場所豊岡市立美術館−伊藤清永記念館−(豊岡市出石町内町)
休館日毎週水曜日(水曜が祝祭日の場合は翌日)

■連絡先
豊岡市立美術館−伊藤清永記念館−
 TEL/0796-52-5456
 FAX/0796-53-2088

豊岡市
美術展/展覧会
夏季収蔵作品展1
開催日
2016年8月27日(Sat)〜9月22日(Thu)

 浜坂先人記念館では、郷土の先人に関する資料や作品を多数所蔵しています。
 このたび、その所蔵品の点検と虫干しをかねて、その一部を町民の皆さんや多くの人々に鑑賞していただく機会として、郷土の日本画家「谷角日沙春」や「立脇泰山」、洋画家「川元顧山」などの作品約25点を展示します。

■入館料
 大人200円
 小人(小・中学生)100円
日時8月27日(土曜)〜9月22日(木曜)
 午前9時〜午後5時(※最終日は正午まで、※木曜日休館・9月
22日は開館)
場所浜坂先人記念館「以命亭」

■連絡先
浜坂先人記念館「以命亭」
 TEL/0796-82-4490

新温泉町
美術展/展覧会
開催日
2016年9月1日(Thu)〜9月15日(Thu)

 但馬長寿の郷ギャラリー「温(ぬくもり)」において、「八鹿フォトサロン」による展示「八鹿フォトサロン作品展」が開催されます。

内容
 但馬長寿の郷ギャラリー「温(ぬくもり)」において、「八鹿フォトサロン」による展示「八鹿フォトサロン作品展」が開催されます。
 団体「八鹿フォトサロン」の会員10人が思い思いに撮影したスナップ写真や風景写真が多数展示されていますので、ぜひ御来場ください。

開催時間:9:00〜17:00


開催場所県立但馬長寿の郷 レストラン棟2階 ギャラリー「温(ぬくもり)」
開催場所住所養父市八鹿町国木594−10



■連絡先
住所/養父市八鹿町国木594-10 県立但馬長寿の郷
TEL/079-662-8456

養父市
美術展/展覧会
開催日
2016年9月4日(Sun)

 27回目を迎えた浜坂走ろう会による「12時間チャリティマラソン」を行います。
 これまで震災等への義援金や福祉施設への寄付を行ってきました。今回は4月に発生した熊本地震の被災者への義援金を目的に実施します。
 参加は無料です。どなたでも参加いただけますので、ぜひご参加ください。

■コース
 浜坂海岸レクリエーションセンターを発着点とする松林周回コース(1周1.1km)

■内容
 タスキをリレーする方式で12時間走り続けます。個々のペースで走っていただけます。

■申込方法
 浜坂海岸レクリエーションセンターで当日受け付けます。

■参加料
 無料

■その他
 義援金のみの受付もしますので、皆さまのご協力をお願いします。

日時9月4日(日曜) 午前6時スタート、午後6時ゴール
受付場所浜坂海岸レクリエーションセンター

■連絡先
浜坂走ろう会

新温泉町
スポーツ
開催日
2016年9月4日(Sun)

 コウノトリチャレンジライドin但馬はタイムを競うレースではなく、交通ルールを守って走行するサイクリングイベントです。
 コース上の一般車両の交通規制はいたしません。


 山陰海岸ジオパークが平成22年10月「世界ジオパーク」に認定され、但馬地域に大きな観光資源が誕生しました。この広範囲な観光資源を全国の皆さんに広く知っていただき、その素晴らしさを体感していただく為に自転車で巡るイベントを計画いたしました。自転車は環境に優しく、風を肌で感じ、美しい海岸線や高原の山々の景色を見ながら、そして通過するまちの魅力や人の触れ合いを感じながら移動できる素晴らしい乗り物です。
 多くの方に山陰海岸ジオパークを知っていただき、さらには観光資源に富んだ魅力的なこの地にエコツーリズムや広域観光といった視点で来ていただける大きなきっかけづくりになればと思っております。

 申込受付は終了しております!

■テーマ
 青い海! 緑の高原! グルメ! 温泉を楽しむ欲張りツーリング

■大会形式
 ロングライド(サイクリング)

■コース
 山陰海岸ジオパークを巡る全長約120kmのロングツーリング
 山陰海岸、コウノトリ但馬空港といった山陰海岸ジオパーク内の名所を巡るコース

■参加費
 8,000円(税込)
 ※城崎温泉外湯入浴券付
 ※別途駐車料金1台500円(概ね4km以内の駐車場を手配)

■募集定員
 1,000人

■参加資格
 高校生以上の健康な男女で各コースの制限時間内で完走できる走力を有する者。その他大会規則、交通規則・マナーを順守できる者。誓約書の内容を了解した者。また、すべての未成年者は保護者の同意を必要とします。出場車両はスポーツ自転車(小径車を含む)に限る。参加者はヘルメットを必ず着用すること。

■使用自転車・装備
・十分に整備された、安全装置を有するロードバイク、MTB、クロスバイク、小径車を含む公道を入れるスポーツサイクル車。
・ヘルメット(カスク:casqueのような安全性の弱い簡易ヘルメットは不可)、グローブを必ず着用。※無しでの参加は認めません。
・前後ブレーキの装着、ライト(前照灯)、反射材(赤色点滅式を推奨)の装着。
・DHバーの装備は禁止。
・リカンベント、ピストバイク、電動自転車、電動アシスト付き自転車、一般自転車(ママチャリ)、サイクルトレーラーは禁止。
・当日車検は行いませんので事前にプロショップ等で整備を済ませてご来場下さい。

日程9月4日(日曜)
 受付時間
 ・当日受付:6:00〜7:30(予定)
 ・前日受付:10:00〜17:00(予定)
 開催時間
 ・競技時間:7:00〜17:00(予定)
開催場所兵庫県豊岡市城崎町(城崎温泉)スタート&フィニッシュ

■連絡先
山陰海岸ジオパークコウノトリチャレンジライド in 但馬 実行委員会(城崎温泉観光協会内)
 TEL/0796-32-3663

豊岡市
スポーツ
コウノトリチャレンジライドin但馬20161
5
(Mon)
開催日
2016年5月21日(Sat)〜9月25日(Sun)

 朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」は開館10周年を迎えます。
 これを記念し、市民の皆さんになじみの深い「池田古墳」の出土資料を一斉公開する特別展を開催します。
 地元での一斉公開は初めてです。全国最多の出土数を誇る水鳥形埴輪も皆さんをお待ちしています。
 是非、この機会にお越しください。

■内容
 池田古墳の調査開始から45年を振り返り、出土品をはじめさまざまな資料を展示

日時5月21日(土曜)〜9月25日(日曜)
 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
 ※月曜休館(祝日の場合は翌日)
場所朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」特別展示室
(朝来市山東町大月91−2)
特別展観覧料100円(高校生以上)

※中学生以下及び65歳以上、障がい者手帳をお持ちの方は無料。
 また、障がい者及び小中学校の引率者は免除。団体割引あり(20名以上1割引き


■連絡先
朝来市埋蔵文化財センター古代あさご館
 TEL/079-670-7330
 FAX/079-670-7333
 住所/〒669-5153兵庫県朝来市山東町大月91-2

朝来市
美術展/展覧会
古代あさご館 鳥と翔ける王〜池田古墳出土資料一斉公開〜1
開催日
2016年6月24日(Fri)〜9月27日(Tue)

 江戸時代、現在の豊岡市は出石藩と豊岡藩、二つの藩にわかれていました。各藩の政治の中心は出石城と豊岡陣屋でした。豊岡市教育委員会では、近年この二つの「城」を発掘調査しており、新しい発見が増えています。
 今回の展覧会では、発掘調査成果と絵図等から当時の景観を復元し、二つの城と城下町を紹介します。江戸時代の出石と豊岡の人々は、どんな「城」や景色を眺めていたのか、思いを馳せていただければ幸いです。

■主な展示資料
(1)出石城の発掘
 ・出石城 本丸、二の丸、三の丸出土資料
 ・「出石城之図」、トレンチ配置図
 ・現場写真
(2)豊岡陣屋の発掘
 ・豊岡陣屋出土資料、図面、写真
 ・「豊岡之図(文化11年写元禄15年豊岡城下図)」
(3)その後の出石城・豊岡陣屋と城下町
 ・「但州出石城下之図」(パネル)
 ・「禾亭昔噺し」
 ・「豊岡街並絵図」
(4)発掘調査速報
 おもに平成15〜16年度におこなった山里曲輪の発掘調査、石垣積み直しの様子をDVDで紹介します。)

■入場料
 大人500円(400円)
 65歳以上250円(200円)
 高校生200円(150円)
 小・中学生150円(100円)
 ※(  )は20名以上の団体料金
 ※65歳以上の方は半額になります。年齢を証明できるものをご提示ください。
 ※兵庫県内の小・中学生は無料です。ココロンカードをご提示ください。
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ
 

日時6月24日(金曜)〜9月27日(火曜)
 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場但馬国府・国分寺館 企画展示室
休館日毎週水曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)

■関連イベント
1.講演「豊岡の二大城!!」
 日時:9月10日(土) 午後1時30分〜
 場所:日高農村環境改善センター 多目的ホール
 講師:西尾孝昌氏(山名氏城跡保存会会長)

■連絡先
豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−
 TEL/0796-42-6111 
 FAX/0796-42-6112
 住所/〒669-5305 豊岡市日高町祢布808 

豊岡市
美術展/展覧会
豊岡市立歴史博物館 第38回企画展「知られざる!!豊岡の二大城−出石城と豊岡陣屋−」1
開催日
2016年6月26日(Sun)〜9月20日(Tue)

 昭和19(1944)年春、旧高橋村(現在の豊岡市但東町高橋地区)の方々が、「満州国」(現在の中国東北部)に入植しました。団の名称は「第十三次大兵庫開拓団」。
 太平洋戦争のさなか、移住を推し進めた当時の国策にしたがい、479名の方々が海を渡りました。
 そして、昭和20(1945)年8月9日、旧ソ連軍の「満州国」への軍事侵攻に伴う混乱の中で、開拓団員の逃避行が始まり、8月17日、298名の方々が入水自決という悲惨な最期を迎えます。

 本展では特に、当時の日本の「国策」として満州開拓が推進されていった背景や、高橋村からの送出の経緯に焦点を当てます。
 村に残された当時の資料(公文書)や関係者の証言を紹介するとともに、現地の写真もまじえ、開拓団の軌跡をたどります。

 7月31日(日)と8月7日(日)には、いずれも午後2時〜当館の会場内で、元開拓団員の方のお話会もおこないます。
 当時を実際によく知る方のお話を聞くことのできる貴重な機会です。

「戦後70年」が過ぎた今日、あらためて、戦争が地域社会にもたらした”事実”を考える機会になれば、幸いです。

■入館料
 一般500円(450円)   
 高校・大学生300円(250円)
 小・中学生200円(150円)
 (  )内の金額は、20名以上の団体料金
 65歳以上250円(年齢を証明できるものを提示)
 身体障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は各料金の半額(手帳を提示)
 ※兵庫県内の小・中学生は、ココロンカードの提示により無料
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ

期間6月26日(日曜)〜9月20日(火曜)
 午前9時30分〜午後5時
場所日本・モンゴル民族博物館 企画展示室
休館日毎週水曜日(水曜が祝日の場合、翌日休館)

■連絡先
日本・モンゴル民族博物館
 TEL/0796-56-1000  
 FAX/0796-56-1022
 MAIL/monpaku@city.toyooka.lg.jp
 住所/〒668-0345 兵庫県豊岡市但東町中山711

豊岡市
美術展/展覧会
日本・モンゴル民族博物館「満州『大兵庫開拓団』と高橋村」1
開催日
2016年7月2日(Sat)〜9月25日(Sun)

 剪画家 坂田陽一の作品は、1枚の黒い和紙をナイフで緻密に切り出し、色和紙の色彩を利用して絵画のような作品を生み出しています。坂田作品61点と豊岡市立港公民館所蔵の「港かるた」の原画、株式会社北星社所蔵の「鳥あわせ(絵あわせかるた)」の原画89点、計150点の作品をご覧いただけます。
 ​また、展覧会開催時に併せて、坂田陽一によるワークショップ「和紙でつくる切り絵アート」(3日間コース)も開催いたします。(事前予約が必要です。定員超過の場合はご参加いただけません。お早めにご予約ください。)

■観覧料 クールスポット特別料金
 大人180円、65歳以上・高校生90円、中学生以下は無料

時間7月2日(土曜)〜9月25日(日曜)
 午前9時〜午後5時
場所県立円山川公苑美術館(豊岡市小島)

※展覧会の内容、会期等は変更する場合があります。
 年間200日程度、近・現代美術の企画展を開催します。
 企画展のない期間は、個人展覧会等にもご利用いただけます。
※観覧料は展覧会ごとに設定することがあります。

■連絡先
兵庫県立円山川公苑
 TEL/0796-28-3085
 FAX/0796-28-3087
 住所/〒669-6123兵庫県豊岡市小島1163

豊岡市
美術展/展覧会
和紙を剪り出す絵画展1
開催日
2016年7月8日(Fri)〜10月2日(Sun)

 普段、何気なく使っているクリア・ファイルを「アート」として、楽しんで頂く企画展です。
 アニメ作品を中心に、アイドル・企業物など沢山のクリア・ファイルが大集合します!

■料金
 初回:500円 2回目以降:200円(小学生以下無料)

日時7月8日(金曜)〜10月2日(日曜)
 午前9時〜午後5時50分(最終入館午後5時)
休館日不定期
場所思い出の記録博物館
(朝来市生野町奥銀谷1522-2)

■連絡先
思い出の記録博物館
 TEL/079-666-8580

朝来市
美術展/展覧会
アートとしてのクリア・ファイル展1
開催日
2016年7月15日(Fri)〜10月4日(Tue)

 豊岡ゆかりの芸術家による作品を順に紹介・展示する収蔵作品展です。
 洋画家・伊藤清永(1911〜2001年)による色彩優美な裸婦・バラなどの油彩画のほか、 河原英雄(1911〜2005年)が制作したリトグラフ(版画)を展示します。

■入館料
 一般600円
 大学・高校生400円
 中学生・小学生200円
 ※兵庫県内の中学生・小学生はココロンカードご提示で無料です。
 ※65歳以上・障害者手帳をお持ちの方は半額になります。受付で証明書をご提示ください。

期間7月15日(金曜)〜10月4日(火曜)
 午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
 ※毎週水曜日は休館です。
場所豊岡市立美術館−伊藤清永記念館−(豊岡市出石町内町)
休館日毎週水曜日(水曜が祝祭日の場合は翌日)

■連絡先
豊岡市立美術館−伊藤清永記念館−
 TEL/0796-52-5456
 FAX/0796-53-2088

豊岡市
美術展/展覧会
夏季収蔵作品展1
開催日
2016年8月27日(Sat)〜9月22日(Thu)

 浜坂先人記念館では、郷土の先人に関する資料や作品を多数所蔵しています。
 このたび、その所蔵品の点検と虫干しをかねて、その一部を町民の皆さんや多くの人々に鑑賞していただく機会として、郷土の日本画家「谷角日沙春」や「立脇泰山」、洋画家「川元顧山」などの作品約25点を展示します。

■入館料
 大人200円
 小人(小・中学生)100円
日時8月27日(土曜)〜9月22日(木曜)
 午前9時〜午後5時(※最終日は正午まで、※木曜日休館・9月
22日は開館)
場所浜坂先人記念館「以命亭」

■連絡先
浜坂先人記念館「以命亭」
 TEL/0796-82-4490

新温泉町
美術展/展覧会
開催日
2016年9月1日(Thu)〜9月15日(Thu)

 但馬長寿の郷ギャラリー「温(ぬくもり)」において、「八鹿フォトサロン」による展示「八鹿フォトサロン作品展」が開催されます。

内容
 但馬長寿の郷ギャラリー「温(ぬくもり)」において、「八鹿フォトサロン」による展示「八鹿フォトサロン作品展」が開催されます。
 団体「八鹿フォトサロン」の会員10人が思い思いに撮影したスナップ写真や風景写真が多数展示されていますので、ぜひ御来場ください。

開催時間:9:00〜17:00


開催場所県立但馬長寿の郷 レストラン棟2階 ギャラリー「温(ぬくもり)」
開催場所住所養父市八鹿町国木594−10



■連絡先
住所/養父市八鹿町国木594-10 県立但馬長寿の郷
TEL/079-662-8456

養父市
美術展/展覧会
開催日
2016年9月5日(Mon)〜10月25日(Tue)

秋の教室受講生を募集!2学期からすぐのスタートです!!
ドームではルールやマナー、基本滑走の指導を中心に楽しい教室を開催します。
初心者から経験者までコース別に指導いたしますので、たくさんのご参加お待ちしております。


内容
【募集内容】
★Aコース:平面初級
(対象)  平面滑走初級者の小学生(28年度夏季体験教室に参加した幼稚園児(5歳児)は対象者)
(実施日)9/5(月)〜10/24(月)毎週月曜日 全8回 18:00〜19:00 
(定員)  20名程度
★Bコース:平面中級
(対象)  平面滑走中級者の小学生《Aコース修了者》
(実施日)9/6(火)〜10/25(火)毎週火曜日 全8回 18:00〜19:00 
(定員)  20名程度
★Cコース:アグレッシブ初級
(対象)  アグレッシブ滑走初級者の小学生《Bコース修了者》
(実施日)9/5(月)〜10/24(月)毎週月曜日 全8回 19:15〜20:30 
(定員)  10名程度
★Dコース:アグレッシブ中級
(対象)  アグレッシブ滑走中級者の小・中学生《Cコース修了者》
(実施日)9/6(火)〜10/25(火)毎週火曜日 全8回 19:15〜20:30 
(定員)  10名程度
【受講料】
1,500円 (全コース共通)

【レンタル】
数に限りがありますのでお早めにお申し込みください。
・シューズ  1,000円(17cm〜28cm)
・アグレッシブシューズは22cm〜24cmの調整式のみ
・防具一式    500円

【保険料】
800円
※スポーツ安全保険に加入していただくことをお勧めします。平成28年度既にお申し込みの方は不要です。

【開催場所】
但馬ドームインラインスケートパーク

【お申込方法】
来館、又はお電話にてお申し込みください。(FAX不可)

【受付期間】
平成28年8月28日(日)まで ※先着順のため、定員になり次第締め切ります。

開催場所但馬ドームインラインスケートパーク
開催場所住所豊岡市日高町名色88-50



■連絡先
住所/豊岡市日高町名色88-50 全但バス但馬ドーム
TEL/0796-45-1900
FAX/0796-45-1901

全但馬
スポーツ
第40期但馬ドームインラインスケート教室1
開催日
2016年9月5日(Mon)

■出演
 桂紋四郎、桂華紋

■入場料
 1,200円(当日300円増)
 ※和装500円割引

日時9月5日(月曜)
 18:30〜20:00
場所旧木村酒造場EN(朝来市和田山町竹田上町西側363)

■連絡先
竹田劇場
 TEL/090-5097-3740

朝来市
講演会/セミナー
第八回竹劇寄席1
6
(Tue)
開催日
2016年5月21日(Sat)〜9月25日(Sun)

 朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」は開館10周年を迎えます。
 これを記念し、市民の皆さんになじみの深い「池田古墳」の出土資料を一斉公開する特別展を開催します。
 地元での一斉公開は初めてです。全国最多の出土数を誇る水鳥形埴輪も皆さんをお待ちしています。
 是非、この機会にお越しください。

■内容
 池田古墳の調査開始から45年を振り返り、出土品をはじめさまざまな資料を展示

日時5月21日(土曜)〜9月25日(日曜)
 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
 ※月曜休館(祝日の場合は翌日)
場所朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」特別展示室
(朝来市山東町大月91−2)
特別展観覧料100円(高校生以上)

※中学生以下及び65歳以上、障がい者手帳をお持ちの方は無料。
 また、障がい者及び小中学校の引率者は免除。団体割引あり(20名以上1割引き


■連絡先
朝来市埋蔵文化財センター古代あさご館
 TEL/079-670-7330
 FAX/079-670-7333
 住所/〒669-5153兵庫県朝来市山東町大月91-2

朝来市
美術展/展覧会
古代あさご館 鳥と翔ける王〜池田古墳出土資料一斉公開〜1
開催日
2016年6月24日(Fri)〜9月27日(Tue)

 江戸時代、現在の豊岡市は出石藩と豊岡藩、二つの藩にわかれていました。各藩の政治の中心は出石城と豊岡陣屋でした。豊岡市教育委員会では、近年この二つの「城」を発掘調査しており、新しい発見が増えています。
 今回の展覧会では、発掘調査成果と絵図等から当時の景観を復元し、二つの城と城下町を紹介します。江戸時代の出石と豊岡の人々は、どんな「城」や景色を眺めていたのか、思いを馳せていただければ幸いです。

■主な展示資料
(1)出石城の発掘
 ・出石城 本丸、二の丸、三の丸出土資料
 ・「出石城之図」、トレンチ配置図
 ・現場写真
(2)豊岡陣屋の発掘
 ・豊岡陣屋出土資料、図面、写真
 ・「豊岡之図(文化11年写元禄15年豊岡城下図)」
(3)その後の出石城・豊岡陣屋と城下町
 ・「但州出石城下之図」(パネル)
 ・「禾亭昔噺し」
 ・「豊岡街並絵図」
(4)発掘調査速報
 おもに平成15〜16年度におこなった山里曲輪の発掘調査、石垣積み直しの様子をDVDで紹介します。)

■入場料
 大人500円(400円)
 65歳以上250円(200円)
 高校生200円(150円)
 小・中学生150円(100円)
 ※(  )は20名以上の団体料金
 ※65歳以上の方は半額になります。年齢を証明できるものをご提示ください。
 ※兵庫県内の小・中学生は無料です。ココロンカードをご提示ください。
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ
 

日時6月24日(金曜)〜9月27日(火曜)
 午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場但馬国府・国分寺館 企画展示室
休館日毎週水曜日(祝日の場合は開館し、翌日が休館)

■関連イベント
1.講演「豊岡の二大城!!」
 日時:9月10日(土) 午後1時30分〜
 場所:日高農村環境改善センター 多目的ホール
 講師:西尾孝昌氏(山名氏城跡保存会会長)

■連絡先
豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館−
 TEL/0796-42-6111 
 FAX/0796-42-6112
 住所/〒669-5305 豊岡市日高町祢布808 

豊岡市
美術展/展覧会
豊岡市立歴史博物館 第38回企画展「知られざる!!豊岡の二大城−出石城と豊岡陣屋−」1
開催日
2016年6月26日(Sun)〜9月20日(Tue)

 昭和19(1944)年春、旧高橋村(現在の豊岡市但東町高橋地区)の方々が、「満州国」(現在の中国東北部)に入植しました。団の名称は「第十三次大兵庫開拓団」。
 太平洋戦争のさなか、移住を推し進めた当時の国策にしたがい、479名の方々が海を渡りました。
 そして、昭和20(1945)年8月9日、旧ソ連軍の「満州国」への軍事侵攻に伴う混乱の中で、開拓団員の逃避行が始まり、8月17日、298名の方々が入水自決という悲惨な最期を迎えます。

 本展では特に、当時の日本の「国策」として満州開拓が推進されていった背景や、高橋村からの送出の経緯に焦点を当てます。
 村に残された当時の資料(公文書)や関係者の証言を紹介するとともに、現地の写真もまじえ、開拓団の軌跡をたどります。

 7月31日(日)と8月7日(日)には、いずれも午後2時〜当館の会場内で、元開拓団員の方のお話会もおこないます。
 当時を実際によく知る方のお話を聞くことのできる貴重な機会です。

「戦後70年」が過ぎた今日、あらためて、戦争が地域社会にもたらした”事実”を考える機会になれば、幸いです。

■入館料
 一般500円(450円)   
 高校・大学生300円(250円)
 小・中学生200円(150円)
 (  )内の金額は、20名以上の団体料金
 65歳以上250円(年齢を証明できるものを提示)
 身体障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は各料金の半額(手帳を提示)
 ※兵庫県内の小・中学生は、ココロンカードの提示により無料
  ココロンカードについての問い合わせは兵庫県教育委員会社会教育課へ 
 ※海外からの留学生(兵庫県内の大学院・大学・短期大学・高等専門学校・専修学校に通学)、就学生(兵庫県内の日本語学校・高等学校、専修学校、各種学校に通学)の方は無料(ひょうごカルチャーパスと学校の学生証を提示)
  ひょうごカルチャーパスについて詳しく知りたい方は兵庫県国際交流協会へ

期間6月26日(日曜)〜9月20日(火曜)
 午前9時30分〜午後5時
場所日本・モンゴル民族博物館 企画展示室
休館日毎週水曜日(水曜が祝日の場合、翌日休館)

■連絡先
日本・モンゴル民族博物館
 TEL/0796-56-1000  
 FAX/0796-56-1022
 MAIL/monpaku@city.toyooka.lg.jp
 住所/〒668-0345 兵庫県豊岡市但東町中山711

豊岡市
美術展/展覧会
日本・モンゴル民族博物館「満州『大兵庫開拓団』と高橋村」1
開催日
2016年7月2日(Sat)〜9月25日(Sun)

 剪画家 坂田陽一の作品は、1枚の黒い和紙をナイフで緻密に切り出し、色和紙の色彩を利用して絵画のような作品を生み出しています。坂田作品61点と豊岡市立港公民館所蔵の「港かるた」の原画、株式会社北星社所蔵の「鳥あわせ(絵あわせかるた)」の原画89点、計150点の作品をご覧いただけます。
 ​また、展覧会開催時に併せて、坂田陽一によるワークショップ「和紙でつくる切り絵アート」(3日間コース)も開催いたします。(事前予約が必要です。定員超過の場合はご参加いただけません。お早めにご予約ください。)

■観覧料 クールスポット特別料金
 大人180円、65歳以上・高校生90円、中学生以下は無料

時間7月2日(土曜)〜9月25日(日曜)
 午前9時〜午後5時
場所県立円山川公苑美術館(豊岡市小島)

※展覧会の内容、会期等は変更する場合があります。
 年間200日程度、近・現代美術の企画展を開催します。
 企画展のない期間は、個人展覧会等にもご利用いただけます。
※観覧料は展覧会ごとに設定することがあります。

■連絡先
兵庫県立円山川公苑
 TEL/0796-28-3085
 FAX/0796-28-3087
 住所/〒669-6123兵庫県豊岡市小島1163

豊岡市
美術展/展覧会
和紙を剪り出す絵画展1
開催日
2016年7月8日(Fri)〜10月2日(Sun)

 普段、何気なく使っているクリア・ファイルを「アート」として、楽しんで頂く企画展です。
 アニメ作品を中心に、アイドル・企業物など沢山のクリア・ファイルが大集合します!

■料金
 初回:500円 2回目以降:200円(小学生以下無料)

日時7月8日(金曜)〜10月2日(日曜)
 午前9時〜午後5時50分(最終入館午後5時)
休館日不定期
場所思い出の記録博物館
(朝来市生野町奥銀谷1522-2)

■連絡先
思い出の記録博物館
 TEL/079-666-8580

朝来市
美術展/展覧会
アートとしてのクリア・ファイル展1
開催日
2016年7月15日(Fri)〜10月4日(Tue)

 豊岡ゆかりの芸術家による作品を順に紹介・展示する収蔵作品展です。
 洋画家・伊藤清永(1911〜2001年)による色彩優美な裸婦・バラなどの油彩画のほか、 河原英雄(1911〜2005年)が制作したリトグラフ(版画)を展示します。

■入館料
 一般600円
 大学・高校生400円
 中学生・小学生200円
 ※兵庫県内の中学生・小学生はココロンカードご提示で無料です。
 ※65歳以上・障害者手帳をお持ちの方は半額になります。受付で証明書をご提示ください。

期間7月15日(金曜)〜10月4日(火曜)
 午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
 ※毎週水曜日は休館です。
場所豊岡市立美術館−伊藤清永記念館−(豊岡市出石町内町)
休館日毎週水曜日(水曜が祝祭日の場合は翌日)

■連絡先
豊岡市立美術館−伊藤清永記念館−
 TEL/0796-52-5456
 FAX/0796-53-2088

豊岡市
美術展/展覧会
夏季収蔵作品展1
開催日
2016年8月27日(Sat)〜9月22日(Thu)

 浜坂先人記念館では、郷土の先人に関する資料や作品を多数所蔵しています。
 このたび、その所蔵品の点検と虫干しをかねて、その一部を町民の皆さんや多くの人々に鑑賞していただく機会として、郷土の日本画家「谷角日沙春」や「立脇泰山」、洋画家「川元顧山」などの作品約25点を展示します。

■入館料
 大人200円
 小人(小・中学生)100円
日時8月27日(土曜)〜9月22日(木曜)
 午前9時〜午後5時(※最終日は正午まで、※木曜日休館・9月
22日は開館)
場所浜坂先人記念館「以命亭」

■連絡先
浜坂先人記念館「以命亭」
 TEL/0796-82-4490

新温泉町
美術展/展覧会
開催日
2016年9月1日(Thu)〜9月15日(Thu)

 但馬長寿の郷ギャラリー「温(ぬくもり)」において、「八鹿フォトサロン」による展示「八鹿フォトサロン作品展」が開催されます。

内容
 但馬長寿の郷ギャラリー「温(ぬくもり)」において、「八鹿フォトサロン」による展示「八鹿フォトサロン作品展」が開催されます。
 団体「八鹿フォトサロン」の会員10人が思い思いに撮影したスナップ写真や風景写真が多数展示されていますので、ぜひ御来場ください。

開催時間:9:00〜17:00


開催場所県立但馬長寿の郷 レストラン棟2階 ギャラリー「温(ぬくもり)」
開催場所住所養父市八鹿町国木594−10



■連絡先
住所/養父市八鹿町国木594-10 県立但馬長寿の郷
TEL/079-662-8456

養父市
美術展/展覧会
開催日
2016年9月5日(Mon)〜10月25日(Tue)

秋の教室受講生を募集!2学期からすぐのスタートです!!
ドームではルールやマナー、基本滑走の指導を中心に楽しい教室を開催します。
初心者から経験者までコース別に指導いたしますので、たくさんのご参加お待ちしております。


内容
【募集内容】
★Aコース:平面初級
(対象)  平面滑走初級者の小学生(28年度夏季体験教室に参加した幼稚園児(5歳児)は対象者)
(実施日)9/5(月)〜10/24(月)毎週月曜日 全8回 18:00〜19:00 
(定員)  20名程度
★Bコース:平面中級
(対象)  平面滑走中級者の小学生《Aコース修了者》
(実施日)9/6(火)〜10/25(火)毎週火曜日 全8回 18:00〜19:00 
(定員)  20名程度
★Cコース:アグレッシブ初級
(対象)  アグレッシブ滑走初級者の小学生《Bコース修了者》
(実施日)9/5(月)〜10/24(月)毎週月曜日 全8回 19:15〜20:30 
(定員)  10名程度
★Dコース:アグレッシブ中級
(対象)  アグレッシブ滑走中級者の小・中学生《Cコース修了者》
(実施日)9/6(火)〜10/25(火)毎週火曜日 全8回 19:15〜20:30 
(定員)  10名程度
【受講料】
1,500円 (全コース共通)

【レンタル】
数に限りがありますのでお早めにお申し込みください。
・シューズ  1,000円(17cm〜28cm)
・アグレッシブシューズは22cm〜24cmの調整式のみ
・防具一式    500円

【保険料】
800円
※スポーツ安全保険に加入していただくことをお勧めします。平成28年度既にお申し込みの方は不要です。

【開催場所】
但馬ドームインラインスケートパーク

【お申込方法】
来館、又はお電話にてお申し込みください。(FAX不可)

【受付期間】
平成28年8月28日(日)まで ※先着順のため、定員になり次第締め切ります。

開催場所但馬ドームインラインスケートパーク
開催場所住所豊岡市日高町名色88-50



■連絡先
住所/豊岡市日高町名色88-50 全但バス但馬ドーム
TEL/0796-45-1900
FAX/0796-45-1901

全但馬
スポーツ
第40期但馬ドームインラインスケート教室1
一番上へ
サイドナビ
サイトマップ