たじまのしぜん

アブラハヤ

アブラハヤ    コイ目 コイ科

渓流に住んでいる茶色い魚をアブラハヤと呼ぶことがありますが、その場合はタカハヤであることが多いです。両種はよく混同され、外見も似ています。どちらもウグイ亜科に分類される近縁な種類です。ただ、生息場所が異なります。タカハヤの生息場所は山間部の渓流など河川上流部ですが、アブラハヤはそれより下流の中流域に生息します。

また、但馬地方ではタカハヤは広く分布していますが、アブラハヤは円山川水系と矢田川水系のみで確認されています。アブラハヤの自然分布域は、青森県から福井県の日本海側、青森県から岡山県の太平洋・瀬戸内海側とされており、但馬のアブラハヤは移入ではないかという説もあります。

全長は大きくて15センチほどです。ウグイ亜科に分類されるだけあって、顔つきがウグイに似ています。名前の由来は体表のヌメリが多いことだと言われています。雑食性です。

アブラハヤとタカハヤの比較です。外見にも違いがあります。アブラハヤは体側の金色と黒色の筋が明瞭で、尾びれの付け根が細いのに対し、タカハヤは筋が不明瞭で尾びれの付け根が太いです。

あくまでも傾向が強いという事でして、稀にどちらともいえない個体がいることもあります。

物陰に隠れている事が多く、この画像を撮影した時も、護岸ブロックの陰に張り付いていました。

但馬ではアブラハヤが生息する場所は、あまり多くありません。もし移入でなく自然分布だとすれば、河川争奪とよばれる地形の変化により、瀬戸内海に流れ込んでいた川の一部が円山川や矢田川へと流れが変わった可能性が考えられます。今後の研究を待つばかりです。

RECOMMEND

詳しく見る

但馬全域

投稿日 :
たじまのしぜん

今年も但馬にサケが帰ってきました

詳しく見る

但馬全域

投稿日 :
たじまのしぜん

ヒロハフウリンホオズキ 畑に入ったらすぐに駆除しましょう

詳しく見る

但馬全域

投稿日 :
たじまのしぜん

ソウシチョウ

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー

EVENT CALENDAR

2021年12月

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

RANKING

POPULAR TAG

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー