ふるさと特派員

HOME ふるさと特派員 竹田城跡は桜花爛漫の季節なのに・・・

竹田城跡は桜花爛漫の季節なのに・・・

※過去の写真を活用して記事をお届けしています。
通常ならこんな夜桜が観られるはず・・・(2019年4月) 

新型コロナの影響で竹田城跡は閉山中です。残念ながら綺麗な夜桜を観る事はできません。

また外出を控えねばならず、城跡のいろいろを手持ちの過去画像で思い起こしてみることにしました。

南千畳の伐採寸前の松の木(2017年12月)

2018年1月に伐採されました。その木は一年後の2019年にバイオリンに生まれ変わる予定です。

生まれ変わったバイオリンのお披露目式が開催されました(2019年7月)

南二の丸でお披露目式が開催されましたが、その直後その場所の様子です。
残念ながら演奏は聞けずでした。

 

天守から南千畳方面の様子をふりかえって見たいと思います(2010年1月)

城跡に登った時、天守から南千畳方面を必ず撮っていました。以下その様子です。

天守に三角点と石の標柱がありました(2012年1月)

現在のような冬閉山などの決め事がありません。私は好んで冬の雪の城跡を歩きました。

雪の降った後の晴天は気持ちいいです。歩くコースは今の4登山道のいずれかです。

雪の城跡(2012年1月)

天守からの眺望(2012年9月)

枯死の松はこの時まだ健在ですね。情報によれば樹齢100年以上との事。

雪の城跡 ー降雪中(2013年1月)

直前画像から4年ほど経過して・・・(2017年3月)

松の木は少し色が茶色っぽく変化したように見えます。 またこの頃からローカルな城跡からメジャーな城跡に変わってきたように思います。

そして昨年の12月・・・

一方通行遊歩道があり、夜間照明用の電気設備が見えて・・・今の姿です

立雲峡から夜間照明の城跡

城跡の手持ち画像から10年ほどの南千畳の移り変わりを覗いてみました。

登山道は現在4ケ所ー南、表米、駅裏、西(山城の郷)ーありますが、以前は山道らしい雰囲気を持つ私の好きな竹田小学校からの登山道がありました。ここは今通行止めになっています。竹田城跡が、国の内外からの観光客を向かえることのできる時に早く戻るよう祈るばかりです。

なおこの竹田城跡は「但馬ふるさと特派員」メンバーが数多く発信しています。特に「特派員:きっさん」は竹田城跡のある朝来市和田山町に住むメンバーで、写真技術の腕も立派、春夏秋冬・早朝夜間の発信を数多くしております。

トップ画面右上段の検索窓に「竹田城跡」と入力しぜひご覧ください。

 

【関連記事】

天空の一本松がバイオリンに 竹田城跡で音色響かす

(神戸新聞NEXTより)

RECOMMEND

詳しく見る

豊岡市

投稿日 :
ふるさと特派員

咲き乱れる蕎麦の花<たんとう蕎麦の郷>

詳しく見る

養父市

投稿日 :
ふるさと特派員

うだつと大正ロマンの雰囲気を今に伝える町・八鹿を歩く

詳しく見る

豊岡市

投稿日 :
ふるさと特派員

豊岡演劇祭・江原駅前がアートな街に変貌していた!

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー

EVENT CALENDAR

2020年9月

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

RANKING

POPULAR TAG

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー