たじまのしぜん

HOME たじまのしぜん しょくぶつ サクラが一度に咲いた ヤマザクラ

サクラが一度に咲いた ヤマザクラ

近年にない大雪で春が遅れました。
 ウメやモモがなかなか咲かず、サクラと同じ時期になってしまいました。例年なら1ヶ月から2ヶ月離れているウメとサクラの開花がほぼ重なりました。大変珍しいことです。五荘小学校のソメイヨシノは、開花から満開までが3日もありませんでした。どれもこれもまるで一気にやってくる東北の春のようです。

手前は、ソメイヨシノ。白が強い。山に咲いているのは、ヤマザクラと思われる。写真ではよく分からないが、肉眼では明らかに赤味が強かった。もし、人が植えたとは思えない場所に白の強いサクラがあれが、それはエドヒガンの可能性が高い。(4月14日撮影)

例年ならこの頃に咲く。竹野町(2009年3月29日)
 普段の年には、キンキマメザクラが早く咲いて、ヤマザクラやエドヒガンが少し遅れて咲いて、最後にソメイヨシノが咲きます。ところが今年はキンキマメザクラもエドヒガンもヤマザクラもソメイヨシノも一度に咲きました。

赤の強い個体。
江戸末期にソメイヨシノが出てくるまで、サクラといえばヤマザクラを指しました。
 ヤマザクラは、花と同時に葉が展開します。葉は赤く、よく目立ちます。遠くからも花咲く木が赤く染まっているのが分かるくらいです。
 葉は日に日に大きくなり色も微妙に変化し、花の様子は日々異なります。また、単一クローンとされているソメイヨシノと異なりヤマザクラは、野生種であり一本一本が多様性に富んでいます。ですから花の咲く時期、花の色、葉の色など、・・・・個性的で様々です。ソメイヨシノが好きになれない私は、ヤマザクラの多様性を好みます。

黄色っぽい個体。 
 但馬のヤマザクラは、山地から海岸線まで広く生育しています。エドヒガンのような巨木は少ないですが、豊岡市竹野町の三原には兵庫県一の見事なヤマザクラが見られます。
三原は標高が高いので、開花がかなり遅れます。
 
 ソメイヨシノは、なかなか発芽できる種子をつけません。それは、自分の花粉では発芽能力のある果実をつけないからです。ソメイヨシノは他の種類のサクラの花粉がないまともな種子ができないのです。今年は他の種類のサクラが同時期に咲いたので、うまく花粉が運ばれていれば、ソメイヨシノに発芽可能な果実がたくさんつくはずです。その種子からサクラを育てると意外な様々なサクラが出てきて面白いと思います。

RECOMMEND

詳しく見る

但馬全域

投稿日 :
たじまのしぜん

ヒロハフウリンホオズキ 畑に入ったらすぐに駆除しましょう

詳しく見る

但馬全域

投稿日 :
たじまのしぜん

クルマバナ

詳しく見る

但馬全域

投稿日 :
たじまのしぜん

ムシトリナデシコ ちょっと気の毒だけど印象的な名前です

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー

EVENT CALENDAR

2021年12月

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

RANKING

POPULAR TAG

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー