たじまのしぜん

HOME たじまのしぜん どうぶつ アユカケの稚魚

アユカケの稚魚

アユカケの稚魚  スズキ目 カジカ科
豊岡市内のとある川で、アユカケの稚魚が遡上している姿を見ました。アユカケは別名カマキリとも呼ばれるカジカの仲間の魚です。全国的に減少していて、環境省レッドリストでは絶滅危惧Ⅱ類、兵庫県レッドリストではBランクに指定されています。川に棲んでいますが、産卵は冬、海に下って行います。海でふ化した稚魚は春になると川へ上って来ます。あまり遊泳力が強くないため、堰など川を横断する構造物が作られると、遡上が難しくなります。また、河口域の環境の悪化なども減少の要因と考えられています。但馬にも生息している川はいくつかありますが、やはり減少傾向のようです。肉食性で、水生昆虫や小魚などを食べます。ちょうど今、アユカケの稚魚が遡上する季節です。

この画像は河口で撮影しました。ここは汽水域なので塩分があります。アオサの仲間の海藻の陰に潜んでいます。これから川を遡上するのでしょう。2~3センチほどの大きさです。

こちらは上流の淡水域で撮影したものです。川底の石にそっくりな色をしています。じっと動かなくなる事があります。これを「石化け」と呼びます。石に化けているように見えます。この画像のように、小石が多い川底を好みます。

砂の中に潜っています。

川底を覗いてみると石の隙間に沢山いました。この川にはアユカケがたくさん生息しています。このアユカケのみならず、但馬には希少な生き物が生息している場所がいくつかあります。この但馬に住んでいる私たちは、あまりその事を知らないかもしれません。多くの生き物がすんでいる但馬の自然は、私たちにとっても大きな宝物でしょう。
写真・文 コウノトリ市民研究所 北垣和也

RECOMMEND

詳しく見る

豊岡市

投稿日 :
ふるさと特派員

但東・こもれびのゆり園

詳しく見る

豊岡市

投稿日 :
ふるさと特派員

法花寺万歳

詳しく見る

豊岡市

投稿日 :
たじまのしぜん

コウノトリのヒナJ0001,J0002


Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'tajimaexpress_load_script' not found or invalid function name in /home/tajima1/public_html/core/wp-includes/class-wp-hook.php on line 286