たじまのしぜん

サシバ

谷沿いの立ち枯れの枝先に、サシバが止まっているのを久しぶりに観察しました。サシバはカラスよりひと回りほど大きいタカの仲間で、但馬には夏鳥として飛来し山中で繁殖します。谷地田が人の手によって管理されていた時代には、山の田んぼを餌場としているサシバも多く見られました。山の田んぼの多くが放棄された今では、すっかり珍しい鳥になってしまいました。

今回サシバがいた場所は、やはり谷地田のそばでした。木の上からしきりに地上を覗いながら、鋭い視線で餌動物を探します。すーっと音もなく急降下したかと思うと、すぐに獲物をくわえて同じ枝に戻ってきました。ご馳走は、どうやらモリアオガエルのようでした。

食べ終えると、「ピッ・クィー ピッ・クィー」という特徴的な鳴き声を上げながら、森の中へと飛び去って行きました。
写真・文 コウノトリ市民研究所 高橋 信

RECOMMEND

詳しく見る

但馬全域

投稿日 :
たじまのしぜん

ヒキガエルの繁殖

詳しく見る

豊岡市

投稿日 :
たじまのしぜん

アユカケの稚魚

詳しく見る

投稿日 :
たじまのしぜん

キビタキ

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー

EVENT CALENDAR

2020年10月

123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

RANKING

POPULAR TAG

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー