ふるさと特派員

感動の同窓会

117年間の歴史を閉じた黒川小中学校で、閉校以来15年、初めての大同窓会が開かれました。
歴代の卒業生みなさんが対象なので、先生よりもかなり年上の生徒達が多いという不思議な同窓会になりました。

井上朝来市長もかけつけてくださり「源流の里・黒川アンコウミュージアム」作りによる、黒川地域の活性化についての強い期待の言葉をいただきました。
基調講演は日本ハンザキ研究所の栃本武良氏。
寒い体育館にもかかわらずみなさん熱心に聞いておられました。

食事には地元のお母さん達の愛情と黒川の野菜たっぷりのお味噌汁がつきます。
少人数ながら若い人たちの参加は、過疎化の村にとって頼もしいかぎり。
「先生ですか?」と、胸の名札でお互いの卒業年度を確認する光景もみられました。

ハンザキ研究所では、オオサンショウウオの卵から幼生が孵化を始めました。
記念すべき日に孵化をするアンコウの姿が見られるなんて、何か未来へのいい知らせなのかもしれません。

RECOMMEND

詳しく見る

朝来市

投稿日 :
ふるさと特派員

梅雨入り直近か?“緑化センター”

詳しく見る

朝来市

投稿日 :
ふるさと特派員

アンネのバラ園(和田山中央文化公園)

詳しく見る

養父市

投稿日 :
ふるさと特派員

勇壮!お走りまつり“川渡御”

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー

RANKING

POPULAR TAG

ライター一覧

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー