ふるさと特派員

HOME ふるさと特派員 十石山~はちまき展望台へスノーシューハイク

十石山~はちまき展望台へスノーシューハイク

「兎和野高原を歩きませんか」とお誘いがあり木の殿堂の駐車場に集合しました。
兎和野高原散策の予定でしたが、十石山~はちまき展望台コースに変更して歩いてきました。
久しぶりの青空の下、冬山でないと歩けないコースの冒険や但馬の雪山の景色を楽しんできました。

スノーシューハイクスタート

木の殿堂を正面に左手に十石山への取りつきがあり1m以上の雪山を登ります。

十石山への尾根歩き

夏山登山道は雪崩がおこりやすいので冬は急な尾根道を直登します。

尾根道からの「蘇武岳」

空は兎和野高原ブルー!

夏山道を登ったり、ショートカットして十石山を目指します。

十石山山頂

このあたりに山頂標識があるはずですが雪の下に埋まっています。

雪のない時の山頂標識です。
ということは2m以上の積雪ですね。

雪を被った棚田

十石山からの激下り尾根道で見た景色

森の工作館への高原歩き

森の工作館

森の工作館でランチ後、但馬アルペンロード(大幹林道)からはちまき展望台を目指します。
カーブミラーが雪に埋まっていました。

尖った山が十石山
手前の急な雪の尾根を下山しました。

はちまき展望台からー白菅山と右奥にアンテナの三川山

蘇武岳

妙見山

素敵な絶景を見ながらコーヒーTimeです。

さあ新雪を下ります。
道なき道を下るからスノーシューは楽しいんです。

兎和野高原まで下りてきました。

兎和野の大かつら

兎和野の大かつらから登り返して木の殿堂の駐車場に戻りました。
歩いた時間は休憩を入れて約6時間。急登は辛いですが、雪を纏った山々の絶景は冬しか見ることができません。
特にはちまき展望台からの景色は絶景で楽しいスノーシューハイク(登山)ができました。

冬の但馬の山といえばスノーシューでないと登ることができません。
はちまき展望台へは宇和野高原教育センターから但馬アルペンロードを約1時間で登ることができます。
はちまき展望台で是非絶景を味わってみてください。

RECOMMEND

詳しく見る

豊岡市

投稿日 :
ふるさと特派員

ジオパークとアートの融合!玄武洞公園の新たな魅力を体感

詳しく見る

朝来市

投稿日 :
ふるさと特派員

秋風を連れてくるヒガンバナ

詳しく見る

新温泉町

投稿日 :
ふるさと特派員

歴史あふれる浜坂の町並みと、世界に誇る針産業

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー

EVENT CALENDAR

2022年9月

123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

RANKING

POPULAR TAG

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー