ふるさと特派員

HOME ふるさと特派員 神子畑選鉱場跡を散策

神子畑選鉱場跡を散策

神子畑選鉱場跡に鉱石の道交流館が完成したとの情報を取得。
さっそく見学してきました。交流館の名前は「神選」(しんせん)。
今日交流館を担当されていた地元・神子畑の区長さんから鉱石の道の事、
神子畑選鉱場の事をいろいろ教えていただきました。
なお、交流館は春に完成していたが、コロナの関係で開館が6月になったそうです。

神子畑選鉱場跡全景

神子畑鉱山は明治終期に閉山し、大正8年より明延鉱山の鉱石を選鉱する
神子畑選鉱場に生まれ変わったそうです。その選鉱場も昭和62年、
明延鉱山の閉山とともに操業を停止、平成16年に老朽化した建物が
取り壊されて現在はコンクリート基礎部分のみが残っている。

新築の交流館 「神選」SHINSEN

交流館内部の様子

鉱石の道の事いろいろ勉強できます。
しゃれたタオルやTシャツなども販売してます。

選鉱場跡全景の模型

明延鉱山の鉱石が、トロッコに積まれて神子畑選鉱場にやってくるルートが
よくわかる模型です。明延から神子畑は約6.4キロ。

インクライン(ケーブルカー)

頂上にある小屋は操作室。
明延鉱山から来るトロッコはどこからここえくるのか???
といつも疑問に思っていましたが、交流館の模型でわかりました。
この操作室に向かって左側から急峻な山を縫うように、いくつかの
トンネル(明神トンネル)をくぐって鉱石を積んだトロッコ(明神電車)がやってきます。

操作室の小屋

シックナーと呼ばれる円形の水槽

液体中に混じる固体粒子を分離する装置で、全部で5基のこっているそうです。

コンクリートの基礎部分とともに、神子畑選鉱場の代表的構築物で近代化産業遺産

下からしかみえませんが、粉砕した鉱石を流し込んでゆっくり回転させて分離させ、
重たい鉱物などが下に溜まる。

ムーセ旧居(旧神子畑鉱山事務舎)

入口にあるサルスベリの木

但馬の巨木に選定されています。

今まで発行されているパンフなどでの知識習得でしたが、この度交流館が
できた事により、よりいっそう鉱石の道の事がわかるようになりました。
明延、神子畑、生野が例えばウオーキングの道、サイクリングの道、
小さなバスでの観光めぐり・・・などなどでつながる観光ルートとして
発展すれば良いですね。

RECOMMEND

詳しく見る

朝来市

投稿日 :
ふるさと特派員

日本の近代化を支えた生野銀山の鉱山町・口銀谷を歩く

詳しく見る

新温泉町

投稿日 :
ふるさと特派員

鉄道遺産 桃観トンネルそばの秘境駅から伝統を受継ぐ村・久谷を歩く

詳しく見る

養父市

投稿日 :
ふるさと特派員

氷ノ山の紅葉情報

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー

EVENT CALENDAR

2020年10月

123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

RANKING

POPULAR TAG

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー