たじまのしぜん

ホオジロ

一筆啓上仕り候

春を告げる身近な鳥としてウグイスが有名です。法華経と聞こえるわかりやすい鳴き声は、姿が見えなくても誰もがすぐにウグイスだと反応します。ウグイスが鳴き始める頃、より人家の近くで囀る鳥がいます。それが今回紹介するホオジロです。ごく普通種なので、話題にのぼることが少ない野鳥ですが、この時期はホオジロを知るよい季節なので、ぜひ覚えてもらいたいと思います。スズメ目ホオジロ科の鳥のグループの代表選手です。

写真はホオジロのオスです。頭頸部以外はスズメの羽根色によく似ています。ただし、尾羽はスズメより長く、全長もスズメより少し大きい鳥。繁殖期は昆虫を食べますが、非繁殖期は主に植物の種子を拾って食べます。留鳥として1年中見られますが、但馬では冬は雪のない地方へと移動しているようです。

ホオジロの名前は、頭部の頬の部分(目の下の部分)が白いことに由来します。ここが赤いホオアカというホオジロ科の鳥もいます。

 

こちらはホオジロのメスです。オスに比べて茶色が薄く、オスの黒い部分も茶色くなっています。河原や山地などの低木に巣を作って子育てをしますが、人家の庭木の目立たない場所で営巣することも珍しくありません。

多くの鳥は、繁殖期にはきれいな声で囀って縄張り宣言をします。囀りを行う場所は、縄張り内の見晴らしの良い枝先などで、そこはソングポストと呼ばれます。

さて、ウグイスが法華経と鳴くなら、ホオジロはどのような鳴き方をするのでしょう。鳥の声を人間の言葉に置き換えて覚えることを「聞きなし」といいます。ホオジロの聞きなしには沢山の種類があり、聞いた人のセンスによりそれぞれ。

「一筆啓上仕り候」
「源平ツツジ白ツツジ」
「札幌ラーメン味噌ラーメン」

などが有名な聞きなしですが、ネットで調べているとこんなのもありました。

「ちょっとExcuse me」

みなさんの覚えやすい聞きなしで、ホオジロの囀りを覚えてください。春から夏にかけて、身近な場所で長く囀ります。声が聞こえてくる枝先などを探せば、一生懸命歌い続けるホオジロの姿が見つかることでしょう。

RECOMMEND

詳しく見る

但馬全域

投稿日 :
たじまのしぜん

カネヒラ

詳しく見る

但馬全域

投稿日 :
たじまのしぜん

クワクサ

詳しく見る

豊岡市

投稿日 :
たじまのしぜん

タカブシギ

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー

EVENT CALENDAR

2022年10月

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

RANKING

POPULAR TAG

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー