たじまのしぜん

HOME たじまのしぜん さかな・みずのいきもの 春、川と海を往き来する魚たち

春、川と海を往き来する魚たち

サケ / アユカケ(カマキリ) / スミウキゴリ

川と海の間を往き来する魚がいます。川で生まれて海へ下ったり、逆に海で生まれて川へ上るものもいます。また、川で生まれて海へ下り、すぐに川へ戻ってくるものもいます。このような魚のことを「通し回遊魚」と呼び、遡河回遊魚、降河回遊魚、両側回遊魚の3タイプがあります。

春になると但馬の川でも、これらの稚魚が川と海を往き来する光景が見られます。今回はタイプごとに1種類ずつ紹介します。

サケ  サケ目 サケ科

サケは遡河回遊魚というタイプです。秋、産卵のため海から川へ帰ってきます。産卵のために河川を遡上することから“遡河”回遊魚と呼ばれます。但馬の主要な河川では、サケが産卵します。

親魚は産卵後、その一生を終えます。冬にふ化した稚魚は、ちょうど今の時期、海へと下り始めます。

サケの稚魚の群れの中を、桜の花びらが流れていました。春らしい光景です。

海へ出たサケたちは、4年かけて北米アラスカ湾まで旅をして、生まれ故郷の川へ帰って来ます。

アユカケ(カマキリ) スズキ目 カジカ科

アユカケは降河回遊魚です。サケとは逆で、秋、産卵のため“降河”、つまり川から海へ下ります。冬、沿岸近くで産卵し、ふ化した稚魚は春になると川を遡ってきます。

環境省レッドリストでは絶滅危惧Ⅱ類、兵庫県レッドリストではBランクに選定されており、絶滅の危険が増大しています。但馬の川にもアユカケが生息しています。

川を遡ってきたアユカケです。2センチほどの小さな稚魚です。大きくなると20センチ以上に成長します。

スミウキゴリ  スズキ目 ハゼ科

スミウキゴリ

スミウキゴリは両側回遊魚というタイプです。冬から春にかけて川で産卵します。ふ化した稚魚はすぐに海へ下り、しばらく海で過ごした後、川へと戻ってきます。

但馬では、ほぼ全ての川に生息しています。稚魚の遡上は但馬では4~5月頃がピークでして、群れをなして川を遡上します。

 

これら通し回遊魚が生息していくためには、障害物が少なく、海との連続性が良好な河川でなければいけません。

RECOMMEND

詳しく見る

但馬全域

投稿日 :
たじまのしぜん

キツネアザミ

詳しく見る

豊岡市

投稿日 :
たじまのしぜん

ヘラサギ

詳しく見る

豊岡市

投稿日 :
たじまのしぜん

ガマグチフクロホコリ

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー

EVENT CALENDAR

2024年5月

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

RANKING

POPULAR TAG

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー