ニュース

HOME ニュース 2021但馬五社巡り初詣情報!(絹巻神社・小田井縣神社・出石神社・養父神社・粟鹿神社)

2021但馬五社巡り初詣情報!(絹巻神社・小田井縣神社・出石神社・養父神社・粟鹿神社)

但馬を南北にわたる出石神社・絹巻神社・小田井縣神社・養父神社・粟鹿神社、但馬を代表するこの5つの主要神社を総称して「但馬五社明神」と言います。
初詣に五社明神を巡ると、縁起がよいとされていますので挑戦してみてはいかがでしょうか?

各社の守護印を集めよう!
但馬五社各社では、「但馬五社明神巡拝」という地図のついたスタンプシートをいただくことができます。
各社の見所を楽しみながら記念に守護印を集めてみませんか?

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため、初詣は、混雑する時期を避け、境内では長時間の滞在や大声での会話、飲食を控えてください。
(兵庫県年末年始感染防止の緊急要請より)

※神社によっては、コロナウィルスの状況や天候等により行事が行われない場合があります。

◆絹巻神社

絹巻神社入り口

絹巻神社

絹巻神社
住所:豊岡市気比940
連絡先:0796-28-2468

【絹巻神社について】
祭神は天火明命あまのほあかりのみこと ・ 天衣織女命あまのいおりめのみこと ・ 海部直命あまべのあたいのみこと。円山川まるやまがわとほぼ並行して南北に延びる境内の絹巻山は、社名の由来とも言われる。火山岩の肌が絹織反物を積み上げた景色をみせる。
暖地性原生林(県指定天然記念物)で覆われ、県下でも有数の規模と自然性を持ったスダジイ林が成立している。他にも、アカガシ、ケヤキ、ウラジロガシなどの木々の中に、ホウライカズラなどの稀少植物も生育している。ヒメハルゼミの生息地としても知られる。
ウェブサイトザ・たじまより)

【年末年始の主な催し】
12月31日 23:40~ 除夜祭
1月1日 0:00より 初太鼓
・干支根付を配布、ふるまい酒などがあります。

◆小田井縣神社

小田井縣神社鳥居

小田井縣神社

小田井縣神社
住所:豊岡市豊岡市小田井町10-14
連絡先:0796-22-2029

【小田井神社について】
祭神は国作大己貴命くにつくりおおなむちのみこと。鎌倉時代の「但馬国太田文おおたぶみ」には、小田井社々領31町3反80分、神供田25町1反320分とあり、当時は神仏習合で社家4、社僧(金剛、妙楽、正法、三坂)が祭事をとり行っていたとされている。しかし、戦国期、羽柴秀吉による但馬攻めの際、戦火に焼かれ、多くの社領・神供田を没収され、一時衰退した。17〜18世紀に社殿や神殿を復興、昭和初期の円山川まるやまがわ大改修工事で現在の地(権現の森)に移る。
1873年(明治6)まで名神大社海神社と重浪神社を併祀しており、「小田井大社」と呼ばれていた。
ウェブサイトザ・たじまより)

【年末年始の主な催し】
18:00~お祓い
0:00~ 歳旦祭
※例年行われている福箸の授与は、今年はありません。

【関連記事】雪の新年、但馬五社明神・小田井縣神社(豊岡市)に初詣

◆出石神社

出石神社
住所 豊岡市出石町宮内
電話 0796-52-2440

【出石神社について】
祭神は但馬開発の祖神のひとり、天日槍命あめのひぼこのみこと。807年(大同2)に編纂された『古語拾遺』には、「大社と成れり」と記されている。
また、但馬国一の宮であり、「いっきゅうさん」の愛称で親しまれている。
天日槍は新羅しらぎ国の王子で、伝説では五社明神とともに入江湖であった但馬地方を瀬戸の岩戸を切り開いて耕地にしたと伝える。所蔵する祭具の鉾先によって、天日槍命は太陽光の化身とも、祭具としての鉾の擬人化とも言われている。境内には禁足地とされる聖域があり、古来より一木一草も刈り取ることが許されず、禁を破れば、祟りがあるといい伝えられる。
南北朝期に活躍した名刀工「国光」作の「脇指わきざし」を所蔵。
ウェブサイトザ・たじまより)

【年末年始の催し】
干支の杯、福はしの贈呈
※例年行われている御神酒ふるまいは中止となります。

出石神社初詣通行ご案内はこちら

 

 

◆養父神社

養父神社の狼像

養父神社
住所:養父市養父市場840
電話:079-664-1555
ホームページ:http://www.yabu-jinja.jp/xoops/

【養父神社について】
祭神は農業・養蚕・牛馬の神、倉稲魂命うがのみたまのみことを始め大己貴命おおなむちのみこと、少彦名命すくなひこなのみこと、谿羽道主命たにはみちぬしのみこと、船帆足尼命ふなほそこねのみことの5柱を祀る。但馬の式内大社131座の代表格で、但馬三宮。江戸時代には養父大明神と呼ばれ、標高372mの弥高山やたかやまの山頂に上社、中腹に中社、現在地に下社が祀られた。
また、農神として崇められた養父神社の祭礼日に牛市が開かれたのが、養父市場で行われる牛市の始まりとされ、諸国の博労ばくろう(仲買人)が寄進した江戸中期の石灯籠が残る。年間多くの祭礼があり、特に4月中旬に行われる「お走り祭り」が有名。
ウェブサイトザ・たじまより)

【年末年始の催し】
31日~ 境内のお火たき
1日 0:00~ 大祓式
※福箸、絵葉書の贈呈

◆粟鹿神社

粟鹿神社勅使門

粟鹿神社
住所:朝来市山東町粟鹿2152
電話:079-676-2465

【粟鹿神社について】
阿米弥佐利命あめのみさりのみこと、次いで日子坐王命ひこいますおおきみのみことが主祀神で、その他、諸々の神々を祀る。但馬国一の宮と呼ばれていたこともある。延喜式に定める明神大社。古来より朝廷の尊崇が篤く、約600年前には国家の大難に際して4度の勅使ちょくしが派遣され、そのご加護として勅使門が建てられたとされるが、17世紀中期以降に建立されたと推定される。一間一戸四脚門いっけんいっこしきゃくもんの切妻造きりづまづくりで檜皮ひわだ葺ぶき。本柱間の両開きの唐戸は、透かし彫りの欄間をつけ、羽目板には鳳凰が刻まれ、 頭貫かしらぬきには唐草模様が見られる。秋の例祭には「瓶子渡へいじわたし」の珍しい神事が行われる。
ウェブサイトザ・たじまより)

【年末年始の催し】
31日23:30~ 除夜祭
1日 0:00~ 歳旦祭
※例年行われているお神酒のふるまいは中止

 

RECOMMEND

詳しく見る

養父市

投稿日 :
ニュース

養父市結婚新生活スタートアップ事業について

詳しく見る

新温泉町

投稿日 :
ニュース

起業支援アドバイザー事業について(新温泉町)

詳しく見る

豊岡市

投稿日 :
ニュース

豊岡市障害福祉施設整備事業費補助金の創設について

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー

EVENT CALENDAR

2021年4月

123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

RANKING

POPULAR TAG

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー