ニュース

HOME ニュース 但馬が近畿エリア上位独占! 2019年版「住みたい田舎」ランキング発表!

但馬が近畿エリア上位独占! 2019年版「住みたい田舎」ランキング発表!

全国でも上位へ!

1月に宝島社が発行した『田舎暮らしの本』2月号において、但馬地域の3市2町が「2019年版 住みたい田舎ベストランキング」の近畿エリアランキングで上位を占めたことを、たじま田舎暮らし情報センターが発表しました。

近畿エリアのランキングで1位養父市、2位朝来市、3位豊岡市、4位香美町、7位新温泉町と但馬の市町が上位を独占しています。

部門別のランキングでも、「若者世代が住みたい田舎部門」や「子育て世代が住みたい田舎部門」「シニア世代が住みたい田舎部門」「自然の恵み部門」などで但馬の各市町が高い評価を受けています。

また、全国のランキングについても、人口10万人未満の「小さなまち」部門で、養父市の6位をはじめ、4市町が30位以内にランクインしています。

上位独占の理由として、田舎暮らし情報センターは、移住支援事業が活発になってから数年経ち、但馬の全ての自治体がしっかりとした移住支援制度を提供できるようになった点、支援制度を早くに整備できていた自治体が移住に関わる仕事や住まい・子育てなどの環境整備にも取り組んだ点をあげてます。

また、昨年までのランキング算出法変わり、総人口の少ない地域がランクアップしやすくなったことも影響していると分析しています。

当該雑誌編集長も「県内周辺自治体で高め合っている様子が伺えます」と評しています。

■「2019年版 住みたい田舎ベストランキング」について
「住みたい田舎ベストランキング」は、2013年2月号よりスタートしました。移住定住の推進に積極的な市町村を対象に、移住支援策、医療、子育て、自然環境、就労支援、移住者数などを含む220項目のアンケートを実施。663の市町村からいただいた回答をもとに、田舎暮らしの魅力を数値化し、ランキング形式で紹介しています。

■ランキング結果詳細について
※兵庫県北部地域に該当する市町です。
◆エリア別ランキング「近畿エリア」(回答数41市町村)
・総合部門
1位 兵庫県養父市
2位 兵庫県朝来市
3位 兵庫県豊岡市
4位 兵庫県香美町
5位 京都府綾部市
6位 兵庫県丹波市
7位 兵庫県新温泉町
8位 兵庫県赤穂市
9位 兵庫県佐用町
10位 京都府南丹市

以下の各部門は1~3位および10位以内の兵庫県北部市町を記載します。
・若者世代が住みたい田舎部門
1位 京都府綾部市
2位 兵庫県養父市※
3位 兵庫県豊岡市※
4位 兵庫県朝来市※
9位 兵庫県香美町※

・子育て世代が住みたい田舎部門
1位 兵庫県養父市※
2位 京都府綾部市
3位 兵庫県豊岡市※
4位 兵庫県朝来市※

・シニア世代が住みたい田舎部門
1位 兵庫県養父市※
2位 京都府綾部市
3位 兵庫県朝来市※
8位 兵庫県新温泉町※
10位 兵庫県豊岡市※

・自然の恵み部門
1位 兵庫県豊岡市※
2位 兵庫県香美町※
3位 兵庫県養父市※
5位 兵庫県朝来市※
8位 兵庫県新温泉町※

◆全国ランキング 小さなまち
全国ランキングは、人口10万人以上の「大きなまち」と人口10万人未満の「小さなまち」の2カテゴリーに別れてランキング化されています。
・総合部門
1位 大分県豊後高田市
2位 島根県飯南町
3位 大分県臼杵市
4位 富山県南砺市
5位 山梨県北杜市
6位 兵庫県養父市※
7位 千葉県いすみ市
8位 長野県辰野町
9位 宮城県栗原市
10位 兵庫県朝来市※
27位 兵庫県豊岡市※
30位 兵庫県香美町※

以下の各部門は25位以内の兵庫県北部市町を記載します。
・若者世代が住みたい田舎部門
11位 兵庫県養父市※
17位 兵庫県豊岡市※
20位 兵庫県朝来市※

・子育て世代が住みたい田舎部門
9位 兵庫県養父市※

・シニア世代が住みたい田舎部門
5位 兵庫県養父市※
21位 兵庫県朝来市

・自然の恵み部門
4位 兵庫県豊岡市※
8位 兵庫県香美町※
12位 兵庫県養父市※

 

たじま田舎暮らし情報センターによる移住関連イベントの様子

リンク先
たじまUIターン情報サイト「ひょうご北部で暮らす」
連絡先
たじま田舎暮らし情報センター
0796-24-2247
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー

RANKING

POPULAR TAG

ライター一覧

  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー
  • サイドバナー