赤淵地区(八鹿町畑ケ中)

赤淵地区(八鹿町畑ケ中) わっさ : 2007-10-10 20:33
image1image2
国指定史跡八木城跡の一つです。赤淵神社は八木氏が守護神として祀られたものと伝えられる神社で、永らくその場所が不明でしたが、江戸時代末期、天保年間のため池築造の際、八間四方の柱や茶臼、開元通宝が発見され、村では不明となっていた赤淵大明神の跡と考え、池の傍に赤淵社を再興しました。赤淵神社は朝来市和田山町枚田にある神社が本社であり、八木氏や朝倉氏などが本姓とする日下部一族の氏神です。
先日、畑ケ中民芸保存会の長老から赤淵池が何故いつも濁っているのか教えていただきました。「昔、八木城のお姫様が赤淵を散歩中に鼻緒を池に落としてしまった。慌てた家来が皆で探したが見つからなかった。その時、かき混ぜ、かき混ぜしたため、いまだに濁ったままなのじゃ。」とのことです。ため池ができたのが江戸末期とあるので、信憑性は薄いかもしれませんが、聞いていた皆が素直に納得してしまいました。

コメント一覧

Re: 赤淵地区(八鹿町畑ケ中) ウォーキング : 2007-10-11 8:57
赤淵池の濁りの言い伝えがいいですね。
龍や蛇とか、首切りとかでなく、お姫様の鼻緒でよかった。
こう言う語り継ぎを大事にしたいものです。
Re: 赤淵地区(八鹿町畑ケ中) にんまり : 2007-10-11 17:18
但馬には由緒ある歴史遺産いっぱいありますね。
牧田の神社にお参りしたことありますが八鹿にも
あったんですか。
一番上へ
サイドナビ
サイトマップ