瓦礫の考古学

瓦礫の考古学 わっさ : 2007-11-3 23:03
image1image2
但馬国府・国分寺館では、今「瓦礫の考古学−瓦礫の山に蓮華咲く−」が開催されています。価値のないもの、ガラクタを意味する言葉に「瓦礫」がありますが、瓦と礫なくして歴史は語れない。
えっ、入場料500円要るのですか。それでも、行ってきました。そして、但馬の歴史のルーツを手に入れました。

コメント一覧

Re: 瓦礫の考古学 にんまり : 2007-11-4 16:02
そうです。500円いります。
この後か先に道の駅のマロニエですか?
二人の元気ものここどうしました?
Re: 瓦礫の考古学 わっさ : 2007-11-4 19:14
にんまりさん、鋭い指摘です。お二人さんは、車待機で栃餅をほうばっていました。館内をゆっくり見る間もなく、写真を撮りまくって解説文等は、時間がある時、改めてじっくり見る予定です。たった5分間、500円は割高に感じました。
一番上へ
サイドナビ
サイトマップ