人材育成事業

交流促進事業

自然環境保全事業

調査研究事業

資料室

平成30年度但馬ふるさとづくり大学 ~聴講制度~


但馬ふるさとづくり協会では、但馬の自然・歴史・文化・人物などの分野の学習を通じて但馬の再発見、地域に対する誇りや愛着心を持ってもらうことを目的に但馬ふるさとづくり大学を開講しています。

この中で、但馬ふるさとづくり大学を受講したいけれども仕事の都合等で正規の受講生となることが難しい方にも学習の機会を提供するため、但馬ふるさとづくり大学聴講制度を設けました。多様な講座の中から、ご都合の良い日、興味のある講座だけを選んで受講していただけますので、この機会に是非ご参加ください。

開催日程・講座内容

No. 日時・会場 講師 内容
  5/12(土)
13:45~15:15
但馬長寿の郷
湯村温泉観光協会
会長
朝野 泰昌 氏
【湯村温泉 半径400mのまち創り】
湯村の生活に欠かせない豊富な温泉を、まち創りに有効活用する取り 組みについてお話ししていただきます。
  6/2(土)
13:00~14:30
但馬長寿の郷
香美町教育委員会
主幹
石松 崇 氏
【〜御崎の平家伝承〜余部鉄橋の歴史から地域の活力へ】
御崎の平家伝承と余部鉄橋の歴史から地域の活力へつながる要素をお 話ししていただきます。
  7/14(土)
14:45~16:15
じばさんTAJIMA
宗鏡寺「沢庵寺」
住職
小原 游堂 氏
【たくあん和尚について】
沢庵が考えたといわれる「沢庵漬け」。徳川家光が気に入るなど、江戸に 広めたといわれる説をお話ししていただきます。
  7/14(土)
13:00~14:30
じばさんTAJIMA
漫画家
ひうら さとる 氏
【但馬での「ある漫画家の暮らし」】
ドラマ化もされた人気漫画『ホタルノヒカリ』の作者。都会から城崎へ移 り住み漫画を描き続けられています。漫画の表現方法についてワークショ ップ形式で学びます。
  8/4(土)
14:45~16:15
但馬長寿の郷
但馬漁業協同組合
代表理事組合長
村瀬 晴好 氏
【海の付加価値からの創造〜魚醤の商品化へ向けて〜】
私たちの生活を支える海の恵みを商品化へと創造する、これからの 漁業についてお話ししていただきます。
  8/4(土)
14:45~16:15
但馬長寿の郷
元関西大学文学部教授
森 隆男 氏
【ふるさとの文化を守る・活かす】
先人の築いた貴重な財産である但馬の民俗芸能を後世に伝えていく ため、他地域での取り組みなどを交えて、お話ししていただきます。
  8/19(日)
豊岡市民会館
≪第51回文教府夏期大学特別講座≫ 【但馬から世界へ、未来を担う人づくり(仮題)】アグネス・チャン 氏
【コウノトリ翔る郷 〜あしたのふるさと但馬の創生〜(仮題)】柳生 博 氏
  9/1(土)
13:00~14:30
但馬長寿の郷
道の駅「但馬のまほろば」
支配人兼駅長
福丸 泰正 氏 
【但馬の良さを再認識〜食を通じて地域の活性化へ〜】
約10年前に京都から移住され、外からの目で但馬の良さを実感。地域の活性化に向け、日々何か面白いことを考案する福丸さんの夢をお話ししていただきます。
    9/1(土)
14:45~16:15
但馬長寿の郷
映像作家
藤原 次郎 氏
【「道」ストーリーをレジェンドに〜映像「鉱石の道・銀の馬車道」の制作から観えたこと〜】
シンプルながらインパクトを与える藤原さんの作品。わずか3年で完成した銀の馬車道は、当時の技術でどのように造ったのか、謎解き要素もお話 ししていただきます。  
  9/9(日)
13:30~
但馬長寿の郷
≪第13回但馬検定≫ 出題される問題は、自然、人物、歴史など盛りだくさん。皆さんもチャレンジして但馬通になりましょう。
  10/6(土)
13:00~14:30
日高地区コミュニティセンター
≪現地学習≫
【古代但馬の都〜国府・国分寺を巡る〜】
会場:但馬国分寺館・但馬国分寺跡ほか 
古代但馬の役所のあった『国分寺跡』『祢布ヶ森古墳』を巡り、古代に思いを馳せます。  
  10/6(土)
14:45~16:15
日高地区コミュニティセンター
豊岡市歴史博物館
学芸員
仲田 周平 氏
【遺跡からみた奈良・平安時代の但馬】
発掘調査を行い、遺跡からたどる当時の生活の様子をお話ししていただ きます。
  11/10(土)
13:00~14:30
じばさんTAJIMA
伝統工芸士
寺内 卓己 氏
【杞柳細工体験を通じて〜伝統工芸の魅力を伝承〜】
約1200年以上も歴史がある豊岡杞柳細工。魅力ある伝統工芸を 残していこうとする寺内さんの思いをお話しいただき『かご編み体験』をしていただきます。


対 象 但馬について学ぶ意欲のある方

定 員 各講座10名程度

受講料 各講座1,000円
               ※ 10/6 日高地区コミュニティセンターでの現地学習は講座とのセット申込となります。両講座で2,000円
               ※ 8/19 文教府夏期大学は2,000円
               ※受講料は当日お支払いください。但し、8/19 文教府夏期大学及び 9/9 但馬検定は納付書による前払。

申込方法 氏名・年齢・住所・電話番号・希望講座を明記の上、
                    希望される講座の開催日前日までにFAX、メール、郵送でお申し込みください。
               ※ただし、9/9 の但馬検定は検定で定められた申込書・申込期間によります。

申込先  公益財団法人 但馬ふるさとづくり協会
 TEL 0796-24-2247
 FAX 0796-24-1613
 メール tjm-furusato@tajima.or.jp