湯村温泉

基本情報 マップ 類似コンテンツ 特派員の耳より情報(0)

 「湯村温泉」は、嘉祥元年に慈覚大師が発見して以来、1150年以上もの歴史を持ち、国道9号線沿い、清流春来川のほとりに位置し、三方を自然公園の山並みに囲まれた素朴で静かな温泉郷です。

開湯以来、泉量・泉質とも衰えをみせず無色透明炭酸泉が豊富に湧き出ており、温泉街の全家庭に配湯されているほど。日本一の高温、湯量といわれる湯村の源泉「荒湯」は街の中心に位置し、摂氏98度の熱泉が毎分470リットルも湧き出しています。
山菜や玉子、魚介類をゆがく姿がみられます。
 
NHKのドラマ夢千代日記を記念して立てられた夢千代像を見たり、湯村温泉独特の風情が楽しめます。

泉質:炭酸水素塩、効能:神経痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節こわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病ほか

アクセスJR山陰本線浜坂駅下車、町民バス湯村温泉行き25分。JR山陰本線八鹿駅下車、全但バス湯村温泉行き60分。大阪阪急三番街から特急全但バス1日3便。
湯村温泉1
但馬情報特急
クリックで拡大
湯村温泉2
但馬情報特急
湯村温泉3
但馬情報特急

■HP

マップ

類似情報

動画で但馬「動蔵」

自然情報

スポット情報

ふるさと特派員ブログ

わいわい広場

田舎暮らしブログ

但馬トピックス

写真で但馬「写蔵」

特派員の耳より情報

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ