山田風太郎

基本情報 類似コンテンツ 特派員の耳より情報(0)

忍法帖シリーズで知られる作家。養父市関宮の医者一家に生まれた。本名は山田誠也。幼くして両親を亡くすが、東京医科専門学校(現東京医科大学)に入学。しかし、在学中に創刊間もない探偵小説誌「宝石」の懸賞小説に当選。卒業後は作家の道を歩むこととなる。風変わりなペンネームは中学生時代に悪童仲間と呼びあったあだ名。戦後の荒廃した世相を背景とした推理小説を中心に多数の作品を発表し、その後、1959年(昭和34)に発表した「甲賀忍法帖」を皮切りに、忍法帖シリーズで一世を風靡。また、明治時代を背景に実在の人物や歴史上の事件を扱った明治伝奇小説と呼ばれる作品を発表し、多くの読者を魅了し続けた。地元・養父市関宮に記念館が建設され、自筆原稿や創作ノート、愛用品などが展示されている。

特派員の耳より情報

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ