天空の城・竹田城跡

竹田城跡公式ホームページの最新情報

お知らせ

5月22日
竹田城跡フォトギャラリーをリニューアルしました
5月10日
【竹田城跡公式】インスタグラム開設中!
5月8日
アプリ「天空の城 竹田城跡」にVR機能を搭載しました!
5月4日
平成29年度竹田城跡ライトアップ実施のお知らせ
 
お知らせ一覧を見る

ライブカメラ

竹田城跡ライブカメラ
  • ライブ画像は午前5時から午後5時まで、5分ごとに最新の状態が撮影されています。
  • 気象状況、カメラ設置環境等の理由により、画像が提供できない場合があります。
  • 早朝で画面が白い場合は、竹田城跡周辺で霧(雲海)が発生していることがあります。
クリックタッチで拡大します。
  • ライブ画像は午前5時から午後5時まで、5分ごとに最新の状態が撮影されています。
  • 気象状況、カメラ設置環境等の理由により、画像が提供できない場合があります。
  • 早朝で画面が白い場合は、竹田城跡周辺で霧(雲海)が発生していることがあります。

竹田城跡とは

 竹田城跡は、標高353.7メートルの古城山山頂に築かれた山城です。古城山の山全体が虎が伏せているように見えることから、別名「虎臥城(とらふすじょう、こがじょう)」とも呼ばれています。
 嘉吉年間(1441〜43)に但馬の守護大名・山名宗全が基礎を築いたとされ、太田垣氏が5代にわたって城主となりましたが、織田信長の命による秀吉の但馬征伐で落城しました。築城当時は土塁で守られていましたが、最後の城主・赤松広秀により、豪壮な石積みの城郭に改修されたとされます。
 縄張りの規模は東西約100メートル、南北約400メートルに及び、完存する石垣遺構としては全国屈指のもので、平成18年には日本城郭協会により「日本100名城」に選定されました。自然石を巧みに配置した近江穴太衆による石垣は、400年を経た今でも当時の威容を誇っています。
竹田城跡

雲海について

 竹田城跡周辺では秋から冬にかけてのよく晴れた早朝に朝霧が発生し、但馬地方の風物詩となっています。雲海に包まれた竹田城跡は、まさに天空に浮かぶ城を思わせ、いつの頃からか竹田城跡は「天空の城」と呼ばれるようになりました。この幻想的な風景を一目見ようとたくさんの人々が訪れています。

雲海に浮かぶ竹田城跡
【写真提供:吉田利栄】

竹田城跡へのアクセス

周辺マップ

駐車場

駐車場マップ
クリックタッチで拡大します。

観光バスの駐車場について

観光バスは「山城の郷駐車場」と「竹田城下町観光駐車場」に駐車可能です。
なお、「山城の郷駐車場」は予約制となっています。

竹田城跡周辺までのアクセス

登城方法

登城方法
クリックタッチで拡大します。

※1. 駅裏登山道の利用を想定した時間です。

バスの運行について

竹田城跡の観覧について

入城時間(H28.5現在)

期間 入城時間
3月1日〜5月31日(春季) 午前8時〜午後6時 (最終登城 午後5時30分)
6月1日〜8月31日(夏季) 午前6時〜午後6時 (最終登城 午後5時30分)
9月1日〜11月30日(雲海シーズン) 午前4時〜午後5時 (最終登城 午後4時30分)
12月1日〜翌年1月3日(冬季) 午前10時〜午後2時 (最終登城 午後1時)

※冬季の期間・入城時間、及び閉山期間(1月4日〜2月末日)は、変更する場合があります。
※大雨、積雪、地域イベント等により、臨時で入城できない場合があります。事前にご確認ください。 国史跡「竹田城跡」公式ホームページ

観覧料金(H28.5現在)

対象 区分 金額
個人
個人 大人(高校生以上) 1人/1回 500円
中学生以下 無料
年間パスポート(4月1日〜翌年3月31日) 1人/1年 1,000円
団体(20人以上)
団体(20人以上) 大人(高校生以上) 1人/1回 450円

但馬情報特急の関連記事

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ