但馬の風物詩

花のブログ

http://www.tajima.or.jp/uploads/thumbs/36280.jpg

カワタケの一種

2017/05/03更新
カワタケの一種   ヒダナシタケ目 コウヤクタケ科 皮茸         (Peniophora...

http://www.tajima.or.jp/uploads/photos/36209.jpg

ノジスミレ 今年はたくさん出会いました

2017/04/23更新
ノジスミレ スミレ科 畑がたくさん広がっている場所で畑と畑をつなぐ細い道、そんなところでよくノジスミレを見ました。車を止めて、畑に近づいていくと細...


http://www.tajima.or.jp/uploads/galbum/4232072512_0.jpg

浜坂の釣果

2017/05/12更新

http://www.tajima.or.jp/uploads/galbum/4231872483_0.JPG

押し花絵画展

2017/04/08更新

花のイベント

第2回オープンガーデン神鍋高原1

第2回オープンガーデン神鍋高原 (豊岡市)

2017/5/27(Sat) - 5/29(Mon)
\新しい出逢い!高原の風に誘われて・・・/神鍋高原で19軒が集まりオープンガーデンを開催します。各家の庭を神鍋の景色と共に楽しんでください。お天気...

第1回三方オープンガーデン1

第1回三方オープンガーデン (豊岡市)

2017/5/27(Sat) - 5/29(Mon)
 公開されているお庭は、愛情を注ぎ、丹精込めて育てられたものです。庭主さんへの感謝を忘れず「ありがとう」の気持ちと「マナー」をもって訪問して下さい...

人財育成シンポジウム『人「財」イノベーション〜但馬の新時代を築くヒト・企業・地域とは』
1

人財育成シンポジウム『人「財」イノベーション〜但馬の新時代を築くヒト・企業・地域とは』 (豊岡市)

2017/5/27(Sat)
 少子高齢化による人口減少は、地方と言われる地域に過疎化による限界集落を生じさせ、ひいては地域社会の存立基盤を、根底から崩壊させかねない事態を招い...

ちいさい子どもたちのための人形劇集「ちいちいにんにん」1

ちいさい子どもたちのための人形劇集「ちいちいにんにん」 (朝来市)

2017/5/28(Sun)
 九州で生まれ育ち、人形劇団プークで活動していた経歴を持つご夫婦による人形劇団。「ののはな」の名前の由来は、大地や雨やお日様の恵みをもらい、花を咲...

季節の花だより

 

ゲンジボタル生息地 (豊岡市)

豊岡市但東町でも屈指のゲンジボタルの生息地。
見頃6月上旬〜6月中旬
所在地豊岡市但東町相田

 

花しょうぶ (豊岡市)

十戸温泉花しょうぶ園は2000屬良瀉呂500種200万株のしょうぶがあり、季節になると白、黄、赤、ピンク、青、紫とさまざまな色が咲く。
見頃5月下旬~7月上旬
所在地豊岡市日高町十戸
アクセスJR山陰本線江原駅から全但バス神鍋方面行きで約15分、十戸下車

 

金剛寺のしゃくなげ (豊岡市)

シャクナゲは標高600mに咲く高山植物で、初夏に淡紅色の花をつけます。夏涼、通風良好が成育条件で、但馬でも一部の山で見られるが、5反1,000株ものシャクナ...
見頃4月中旬~5月上旬
所在地金剛寺(兵庫県豊岡市金剛寺489)
アクセスJR山陰本線豊岡駅より全但バスで15分金剛寺下車、徒歩10分。駐車場若干有。

出石城跡の桜1

出石城跡の桜 (豊岡市)

「出石の桜は二度咲く」といわれ、ソメイヨシノと八重桜が1ケ月に渡って咲き誇る。期間中はボンボリが灯され夜桜が楽しめる。名物そば喰い大会等が開催される。
見頃4月上旬~5月上旬
所在地出石城跡(豊岡市出石町内町)
アクセスJR山陰本線豊岡駅から全但バス出石行約30分、出石営業所下車徒歩3分
駐車場あり(有料)

 

倉楽園の山つつじ (豊岡市)

小高い山の斜面に山つつじの群落が重なり、開花期はうす紫のつつじがむせかえるように咲き誇る。遊歩道も整備され散策もできる。
見頃4月下旬~5月上旬
所在地倉楽園(そうらくえん)(豊岡市倉見)
アクセスJR山陰本線豊岡駅から全但バス神美経由出石行き20分、倉見下車。駐車場若干あり

ナツツバキ群生地1

ナツツバキ群生地 (豊岡市)

豊岡市但東町相田(下相田)の安国寺公園(一名「なつつばきの里」)には、ナツツバキが多数群生しています。自生しているものなのか、過去に植栽されたものなの...
見頃6月下旬〜7月中旬
所在地豊岡市但東町相田

 

隆国寺のボタン (豊岡市)

通称「ボタン寺」として有名なお寺です。境内には1,000株70種のボタンが咲き誇っています。
見頃4月下旬~5月上旬
所在地隆国寺(豊岡市日高町荒川)
アクセスJR山陰本線江原駅から全但バス金谷または知見行15分、荒川下車、徒歩5分。駐車場20台

 

鉢伏高原のミツガシワ自生地 (養父市)

約1万年前の氷河期に広く分布した植物で、高山の湿原や沼地に自生する多年草。高さ10〜15センチで花穂に毛のある白い花をつける。当地のものは県下でも唯一で...
科名ミツガシワ科
自生地養父市鉢伏
開花時期5月

 

氷ノ山東尾根周辺のドウダンツツジ (養父市)

山の尾根の日当たりの良い場所に自生する高さ2〜3mの落葉低木で、釣鐘状の紅色系の花をつける。氷ノ山東尾根で、5月上旬〜5月中旬に開花する。
科名ツツジ科
自生地養父市氷ノ山
開花時期5月上旬〜5月下旬
アクセスJR山陰本線八鹿駅下車全但バス鉢伏行き、福定から徒歩45分

 

ハチ高原のミツガシワ自生地 (養父市)

ミツガシワはリンドウ科の多年草。鉢伏高原の自生地は県下唯一で学術的にも大変貴重なものである。(県指定天然記念物)
開花時期4月下旬~5月上旬
所在地鉢伏高原(兵庫県養父市ハチ高原)
アクセスJR山陰本線八鹿駅から全但バス50分、鉢伏下車徒歩40分

 

ハチ高原の翁草 (養父市)

5月頃になると、うす紫色の葉の間から下向きに1つ可憐な暗赤紫色の花が咲きます。キンポウゲ科の花で咲き終わると綿毛になり、その様がおじいさんの髭を思...
開花時期5月
所在地鉢伏高原(兵庫県養父市ハチ高原)
アクセスJR山陰本線八鹿駅から全但バス50分、鉢伏下車徒歩40分

高照寺の木蓮1

高照寺の木蓮 (養父市)

高照寺(こうしょうじ)は関西花の寺二十五カ所霊場の1つで、4月には木蓮の花が、夏にはききょうや紅花、秋には白萩などの花が見られます。
見頃4月上旬〜5月上旬
所在地高照寺(養父市八鹿町高柳1156)
アクセスJR八鹿駅からバス村岡方面行、高柳下車、徒歩10分
駐車場あり

 

別宮の翁草 (養父市)

5月頃になると、うす緑色の葉の間から下向きに1つ可憐な暗赤紫色の花が咲きます。キンポウゲ科の花で咲き終わると綿毛になり、その様がおじいさんの髭を思...
見頃5月
所在地東鉢伏高原(養父市別宮)
アクセスJR山陰本線八鹿駅から全但バス鉢伏行出合ターミナル下車、市営バスハチ高原行のりかえ、別宮下車。

堀畑のハコネウツギ1

堀畑のハコネウツギ (養父市)

墓地の中にあり、樹齢は墓石の宝暦という刻銘から200年と推定される。この種としては長寿木であるが樹勢は旺盛、株立であるが地上90cm、幹周り185cmあり東西7...
指定県指定天然記念物
見頃5月下旬~6月
樹種スイカズラ科・タニウツギ属
所在地養父市堀畑字堀ノ内 墓地内
樹高4m
幹周1.9m
樹齢200年
所有者西村則幸
管理者西村則幸
アクセスJR山陰本線養父駅から10分、JR山陰本線和田山駅より全但バス八鹿行き南但スポーツセンター下車5分

大町藤公園1

大町藤公園 (朝来市)

大町藤公園では、茅葺水車小屋等の田舎風景、田舎の良さ、田舎の温かみを存分に味わっていただけます。山陰随一の規模を誇る大町藤公園は、平成11年5月に...
見頃4月下旬~5月上旬
所在地白井大町大池(朝来市和田山町白井)
アクセスJR山陰本線和田山駅から全但バス白井下車、徒歩10分

 

生野高原フトウガ峯のアセビ (朝来市)

生野高原フトウガ峯は展望の良い高原で笹が低く、アセビが咲く季節になると淡いピンクの花が一面に美しく、庭園のような岩や遠くに見える氷ノ山なども絶景で...
見頃5月中旬〜6月上旬
所在地生野高原(朝来市生野町栃原)
アクセスJR播但線生野駅から神姫バス栃原行きゴルフ場口下車、徒歩3時間(約4km)

西谷の一本フジ1

西谷の一本フジ (朝来市)

古い石仏とともに道しるべとなっていたエノキとともに共生している、但馬で最古の老フジである。3本の大枝に分かれ、4月下旬から5月にかけて長さ30cm〜50cmの...
指定町指定天然記念物
見頃4月下旬〜5月
樹種マメ科・フジ属 ノダフジ
所在地朝来市山東町粟鹿 西谷
樹高18m
幹周1.4m
樹齢300〜350年
所有者西谷区
管理者西谷区
アクセスJR播但線竹田駅より粟鹿へ通じる町道の途中にある

東河のセンダン1

東河のセンダン (朝来市)

諺のセンダンはビャクダンのことであるが、「センダンは双葉より芳し」すぐれた人物は幼い晴から他と異なりすぐれているという。学校にとって縁起のよい名前...
指定県指定郷土記念物
見頃5月~6月
樹種センダン科・センダン属
所在地朝来市和田山町東和田 東河小学校
樹高22m
幹周4m
樹齢95年
所有者朝来市教育委員会
管理者朝来市教育委員会
アクセスJR山陰本線和田山駅より全但バス白井方面中村下車

 

ハチ北高原のミズバショウ (香美町)

休耕田一面に咲くミズバショウの群生は、ザゼンソウの群生とあわせて見る価値があります。見学自由ですが、熊にはご注意を。
開花時期4月上旬~5月上旬
所在地ハチ北高原(兵庫県美方郡香美町村岡区大笹)
アクセスJR山陰本線八鹿駅から全但バス40分、ハチ北口のりかえ同バス15分、大笹下車徒歩30分。車はハチ北ゲレンデ駐車場を利用可能

御殿山公園の桜1

御殿山公園の桜 (香美町)

昭和33年に村岡高校(八鹿高校村岡分校)が建てられ、その高校跡地が公園になっています。八重桜が多く、開花時期が長い。
見頃4月上旬〜5月上旬
所在地御殿山公園(香美町村岡区村岡)
アクセスJR山陰本線八鹿駅から全但バス村岡(湯村秋岡)行き村岡下車

 

兎和野高原のレンゲツツジ (香美町)

兵庫県の野外教育の拠点の兎和野高原一帯では、5月中旬~5月下旬にかけて町花『ツツジ』のオレンジ色の花が、緑の芝生とその鮮やかさを競います。
見頃5月中旬~5月下旬
所在地兎和野(うわの)高原(香美町村岡区兎和野原)
アクセスJR山陰本線八鹿駅から全但バス村岡(湯村)行きハチ北口下車、徒歩45分。(自動車道あり)

等余神社のフジキ1

等余神社のフジキ (香美町)

等余神社落葉の中高木と分類されているが、この樹は豊かに成長している。多くは土壌の浅い岩場に生えていることから、この地は優れた適潤地と言える。6~7月に...
樹種マメ亜科・フジキ属
見頃6月~7月
所在地香美町村岡区市原
樹高20m
幹周2.7m
所有者市原区
管理者市原区
アクセスJR山陰本線八鹿駅より全但バス村岡行き市原下車3分、現地駐車可能

ウツギ1

ウツギ (全但馬)

山の日当たりの良い場所に自生する高さ2mほどの落葉低幹の中は空洞になっていて、長さ1cmほどの白い花を咲かせる。朝来市山東町では県指定天然記念物あるウツ...
科名ユキノシタ科
自生地
開花時期5〜6月

エビネ1

エビネ (全但馬)

山の林内に自生する高さ20〜30cmほどの多年草で、直立した茎に8〜15個の緑褐色の花を付ける。かつてはいたるところに自生していたが、乱獲により極めて少なく...
科名ラン科
自生地
開花時期5月

オオイワカガミ1

オオイワカガミ (全但馬)

山の落葉樹林下に自生する常緑の多年草で、葉は光沢があり8〜12cmほどの丸い形をしている。春に淡紅色の可憐な花を4〜10個付ける。美方町では沿道の管理とと...
科名イワウメ科
自生地
開花時期4〜5月

オキナグサ1

オキナグサ (全但馬)

山の草原に自生する高さ20cmほどの多年草で、春には白い毛に覆われた濃い紅色の花が咲く。白髪に見える毛から翁(おきな)に見立ててこの名がある。現在絶滅...
科名キンポウゲ科
自生地草地
開花時期4〜5月

カンサイタンポポ1

カンサイタンポポ (全但馬)

古くから主に西日本で自生している高さ20cmほどの多年草。近年は繁殖力が旺盛な西洋タンポポが広まっているが、但馬では海岸部に比較的多く残っている。
科名キク科
自生地草地
開花時期3〜5月

ササユリ1

ササユリ (全但馬)

山の草地や林内に自生する高さ50〜100cmの多年草で、初夏には淡紅色の清楚な花を咲かせる。但馬の各地で愛護活動が行われている。種から花をつけるまで5年ほ...
科名ユリ科
自生地
開花時期6月

サンインシロカネソウ1

サンインシロカネソウ (全但馬)

深山の谷沿いの水気のある崖などに自生する高さ20cmほどの多年草で、花は黄緑色の花弁が垂れ下がって咲く。山陰地方のごく限られた環境に見られる。
科名キンポウゲ科
自生地渓谷
開花時期4〜5月

サンカヨウ1

サンカヨウ (全但馬)

深山のやや湿った場所に自生する高さ30〜60cmほどの多年草で、30cm前後の切れ込みのある大きな葉が特徴的である。小さな白い花を数個つけ、秋になると花のあ...
科名メギ科
自生地
開花時期4〜5月

シオクグ1

シオクグ (全但馬)

海水の出入りする河口付近の湿地に自生する高さ30〜60cmほどの多年草で、京都府ではすでに絶滅したと言われる。汽水域のヨシ原とともに保護保全が望まれる。
科名カヤツリグサ科
自生地湿地
開花時期5〜6月

シャクナゲ1

シャクナゲ (全但馬)

日本海側の山では標高300〜600m、内陸では標高850m以上の高山に自生する高さ3mほどの常緑低木で、濃淡のあるピンク色の美しい花をつける。開発や乱獲により、...
科名ツツジ科
自生地渓谷
開花時期4〜5月

ショウジョウバカマ1

ショウジョウバカマ (全但馬)

山のやや湿った林内や草地に自生する多年草で、茎の先に紅紫色の花が集まるようにして咲く。葉の先が地面に触れており、そこから発芽する。上山高原ではエコ...
科名ユリ科
自生地湿地
開花時期4〜5月

シロバナタンポポ1

シロバナタンポポ (全但馬)

日当たりが良く、水はけの良い場所に自生する多年草で、タンポポの中でもこの種だけが白い花を咲かせる。
科名キク科
自生地草地
開花時期3〜5月

タジマタムラソウ1

タジマタムラソウ (全但馬)

京都府北部から鳥取県東部に分布し、山の谷沿いの湿った岩場や草地に自生する。高さ30cmほどの花茎をのばし紫色の花をつける。新しい土を好むので、崩落地な...
科名シソ科
自生地草地
開花時期5〜6月

タニウツギ1

タニウツギ (全但馬)

山の斜面に自生する高さ1〜4mほどの落葉低木で、名前が似ている「ウツギ」はユキノシタ科であり、異なる植物である。枝先に紅色の小花が集まって咲くので美し...
科名スイカズラ科
自生地
開花時期5〜6月

タンゴイワガサ1

タンゴイワガサ (全但馬)

福井県から兵庫県まで分布し、海岸の日当たりの良い岩場に自生する落葉低木で、花の様子が傘を開いたような形に見えることから名前が付いた。浜坂町芦屋の群...
科名バラ科
自生地岩場
開花時期4〜5月

ハマダイコン1

ハマダイコン (全但馬)

海岸の砂地に群生する高さ30〜70cmほどの二年草で、淡い紅紫色の花を付ける。栽狽キる大根が野生化したものと言われている。
科名アブラナ科
自生地浜辺
開花時期4〜5月

ハマナス1

ハマナス (全但馬)

北日本の海岸の砂地に自生する高さ1〜1.5mほどの落葉低木で、茎や枝にはトゲが密生している。初夏に枝先に1〜3個の桃赤色の花をつける。地元では自生の株から...
科名バラ科
自生地浜辺
開花時期5〜6月

ヒカゲツツジ1

ヒカゲツツジ (全但馬)

山の木陰などあまり日の当たらない岩場に自生する高さ1〜2mほどの常緑低木で、春に淡い黄色の花が咲く。生野町では「史跡生野銀山」の坑道付近に群生している。
科名ツツジ科
自生地渓谷
開花時期4〜5月

ヒョウノセンカタパミ1

ヒョウノセンカタパミ (全但馬)

氷ノ山のブナ林など落葉樹林内に自生する多年草で、白く清楚な花をつける。この地域のごく限られた場所にしか自生しないので、自然林を保護する必要がある。
科名力タバミ科
自生地
開花時期5〜6月

ミツガシワ1

ミツガシワ (全但馬)

約1万年前の氷河期に広く分布した植物で、高山の湿原や沼地に自生する多年草。高さ10〜15cmで花穂に毛のある白い花をつける。当地のものは県下でも唯一で、兵...
科名ミツガシワ科
自生地湿地
開花時期5月

ミツバツツジ1

ミツバツツジ (全但馬)

山の林内に自生する落葉低木で、葉が出る前に紅紫色の花を咲かせる。但馬では低地にコバノミツバツツジ、山にユキグニミツバツツジが見られる。両者の遣いは...
科名ツツジ科
自生地
開花時期4〜5月

ヤマシャクヤク1

ヤマシャクヤク (全但馬)

山の林内に自生する高さ40〜50cmほどの多年草で、葉の形やつぼみがシャクヤクに似ている。美しい花をつけることから、乱獲にあい、急激に数を減らしている。...
科名ボタン科
自生地
開花時期5〜6月

ユキザサ1

ユキザサ (全但馬)

主にブナ林下に自生する高さ20〜30cmほどの多年草で、花びらが雪の結晶に似ていて、葉の形が笹の葉に似ているので名前がついている
科名ユリ科
自生地
開花時期5〜6月

レンゲツツジ1

レンゲツツジ (全但馬)

山の日当たりの良い湿った場所に自生する高さ1〜2mの落葉低木で、朱赤色の花が見事に咲きそろう。花びらが大形で、口を開けた様な姿から地元ではオオカミツツ...
科名ツツジ科
自生地
開花時期5月
一番上へ
サイドナビ
サイトマップ