但馬の風物詩

花のブログ

http://www.tajima.or.jp/uploads/photos/36820.jpg

アオバズク

2017/08/11更新
アオバズクはフクロウ科の鳥で、日本には夏鳥として東南アジアの国から繁殖のために戻ってきます。青葉のしげる頃、日中でもその姿が観察されることからの命...

http://www.tajima.or.jp/uploads/thumbs/36797.jpg

シロホウライタケ

2017/08/05更新
シロホウライタケ キシメジ科、シロホウライタケ属 白蓬莱茸 (Marasmiellus...

http://www.tajima.or.jp/uploads/photos/36730.jpg

ミゾホオズキ

2017/07/26更新
ミゾホオズキ ハエドクソウ科氷ノ山 名前のミゾ(溝)から分かるように水辺に生えます。水辺といっても大きな川ではなく山間の小さな流れの脇や水のしみ出る...

http://www.tajima.or.jp/uploads/thumbs/36651.jpg

シロカイメンタケ

2017/07/08更新
シロカイメンタケ   サルノコシカケ科白海綿茸   (Piptoporus...

花のイベント

城崎温泉 夏物語20171

城崎温泉 夏物語2017 (豊岡市)

2017/7/22(Sat) - 8/22(Tue)
 今年の夏も、城崎温泉は毎晩イベントを開催! 今年は平日毎日花火が打ち上げられます! 城崎泉隊オンセンジャーショーや、城崎温泉湯けむり太鼓、盆踊り...

第1回いずし得するゼミナール お店の人が教えてくれる!知って得する体験教室1

第1回いずし得するゼミナール お店の人が教えてくれる!知って得する体験教室 (豊岡市)

2017/8/20(Sun) - 9/10(Sun)
まちゼミ 第1回いずし得するゼミナールお店の人が教えてくれる!知って得する体験教室■まちのゼミナール(まちゼミ)とは お店の人が講師となって、専門...

第11回とくまるゼミナール まちのプロに習う1

第11回とくまるゼミナール まちのプロに習う (豊岡市)

2017/8/21(Mon) - 9/20(Wed)
まちゼミ 第11回とくまるゼミナールまちのプロに習う■まちのゼミナール(まちゼミ)とは 得する、街のゼミナール。略して「とくまるゼミナール」は豊岡...

豊岡市文化芸術政策シンポジウム「文化芸術による小さな世界都市の実現」1

豊岡市文化芸術政策シンポジウム「文化芸術による小さな世界都市の実現」 (豊岡市)

2017/8/27(Sun)
〜豊岡市の文化芸術施策と長期的展望について議論・発信〜 平成29年度の豊岡市文化芸術振興計画の策定に向け、文化芸術政策の識者の講演や、学生らが文化芸...

第28回せきのみやふれあいまつり1

第28回せきのみやふれあいまつり (養父市)

2017/8/26(Sat)
 但馬地方最後の夏祭りとして恒例の『せきのみやふれあいまつり』を今年も盛大に開催いたします。...

古代あさご館 A・SA・GOのカントリーロード 〜ひとの道・モノの道〜1

古代あさご館 A・SA・GOのカントリーロード 〜ひとの道・モノの道〜 (朝来市)

2017/7/8(Sat) - 10/9(Mon)
 「日本遺産」認定を記念し、兵庫県立考古博物館ふるさと発掘展・朝来市埋蔵文化財センター「古代あさご館」特別展として、朝来市の歴史を紐解くキーワード...

朝来市和田山夏まつり和田山地蔵祭花火大会1

朝来市和田山夏まつり和田山地蔵祭花火大会 (朝来市)

2017/8/23(Wed)
 但馬3大花火大会とされる「和田山夏まつり和田山地蔵祭花火大会」。 約3,000発打ち上げられる花火大会は、精霊流しの送り火になぞらえているといいます。...

上山高原を知る 上山高原夏期講座1

上山高原を知る 上山高原夏期講座 (新温泉町)

2017/8/26(Sat) - 8/27(Sun)
 自然体験学習と共に地域の歴史・文化を学び交流を深めながら、エコミュージアム(地域まるごと博物館)情報を提供します■内容1)上山高原エコミュージア...

 

1年たちましたよ 〜クリーンパーク北但祭り〜 (全但馬)

2017/8/27(Sun)
来所者も驚くホテルのような見学施設! クリーンパーク北但―循環型社会のシンボルを、自分の目で見て、確かめてください。当日は午前と午後に 2回ずつ施設...

季節の花だより

五社神社のツブラジイ1

五社神社のツブラジイ (養父市)

9月1日の午前中に神社境内のシイの木の前で、村人が矢と呼ばれるわら束を作り、束を捩り合わせながら太さ10cm、長さ30mの綱を編み上げる。午後より、八朔と...
樹種ブナ科・シイノキ属
所在地養父市八鹿町岩崎
樹高15m
幹周5.4m
所有者五社神社
管理者岩崎区
アクセスJR山陰本線八鹿駅から全但バス出石行き坂本下車20分

神子畑のサルスベリ1

神子畑のサルスベリ (朝来市)

昭和62年3月に閉鎖された神子畑鉱山のフランス人技師ムーセの旧居前にある。サルスベリは、樹皮から名付けられ、真夏の炎天下に緑の樹冠をバックに赤い花が百...
指定県指定郷土記念物
朝来市指定文化財
見頃8月〜9月
樹種ミソハギ科・サルスベリ属
所在地朝来市佐嚢
樹高8m
幹周2.57m
樹齢150年
所有者細倉鉱業株式会社
管理者朝来市
アクセスJR播但線新井駅より全但バス神子畑行き神子畑下車

ウメパチソウ1

ウメパチソウ (全但馬)

日当たりの良い湿気のある山地に自生する高さ10cmほどの多年草で、茎の先に梅の花に似た2cmほどの白い花を1個つける。草刈りをするなど草原の管理をすること...
科名ユキノシタ科
自生地草地
開花時期8〜9月

オオバギボウシ1

オオバギボウシ (全但馬)

山の北側斜面や谷沿いなど湿った草原や早市内に自生する高さ60〜100cmの多年草で、鈴の形をした白や淡い紫色の花をたくさんつけて咲く。緑色の若芽は食べられ...
科名ユリ科
自生地草地
開花時期7〜8月

カワラナデシコ1

カワラナデシコ (全但馬)

山の日当たりの良い草原や河原に自生する高さ30〜80cmほどの多年草。秋の七草の一つで、淡紅色の花が咲く。近年、その数は減りつつある。
科名ナデシコ科
自生地草地
開花時期6〜8月

カワラハハコ1

カワラハハコ (全但馬)

大水がでて小石や砂などが集まるような河原に自生する高さ30〜50cmほどの多年草。茎に白い毛が多く、全体に白く見える。近年の河川改修により著しく減少して...
科名キク科
自生地河原
開花時期8〜9月

キツネノカミソリ1

キツネノカミソリ (全但馬)

日当たりの良い落葉樹林の周辺に自生する高さ30〜50cmほどの多年草。葉は夏に枯れ、その後に花茎を出して数個のオレンジ色の花が咲く。朝来市和田山町では、...
科名ヒガンバナ科
自生地
開花時期7〜8月

キバナアキギリ1

キバナアキギリ (全但馬)

山のやや湿り気のある林内に自生する高さ20〜40cmほどの多年草で、花の形がキリ(桐)の花に似ていることから名前が付いたと言われる。自然林を残すことで、...
科名シソ科
自生地
開花時期8〜9月

ギンバイソウ1

ギンバイソウ (全但馬)

山の谷沿いに自生する高さ30〜50cmほどの多年草で、大きな葉の先端が二つに裂ける独特の形をしている。夏になると白い梅の花の形をした花弁を咲かせ、まわり...
科名ユキノシタ科
自生地渓谷
開花時期7〜8月

ケカモノハシ1

ケカモノハシ (全但馬)

海岸の砂地に自生する高さ30〜80cmの多年草。1本の穂状に見える花の集まりは、2個がくっついたものである。穂の形がカモのくちばしに似ていることから名前が...
科名イネ科
自生地浜辺
開花時期7〜9月

コウキヤガラ1

コウキヤガラ (全但馬)

海岸近くの海水と淡水が混じるような湿地(汽水域)に自生する高さ40〜100cmの多年草で茎の先に褐色で卵の形をした穂をつける。
科名カヤツリグサ科
自生地湿地
開花時期6〜9月

コウホネ1

コウホネ (全但馬)

池や沼、川辺の水深の浅い場所に自生する高さ30cmほどの多年草の水草で、夏に5cmほどの黄色の花が咲く。根茎の内部が白く、白骨のように見えることから漢字で...
科名スイレン科
自生地湿地
開花時期6〜9月

コマツナギ1

コマツナギ (全但馬)

日当たりの良い、原野、道端、丘陵地に自生する高さ60〜90cmで一見、草のように見えるが小低木である。夏に紅紫色の花を咲かせる。名前は茎がとても丈夫なこ...
科名マメ科
自生地草地
開花時期7〜9月

サラシナショウマ1

サラシナショウマ (全但馬)

山の少し湿った林の周辺や草地に自生する高さ1〜1.5mの多年草で、8〜9月頃に茎の先に長い穂を出し、多数の白い花を付ける。
科名キンポウゲ科
自生地
開花時期8〜9月

タコノアシ1

タコノアシ (全但馬)

河原や休耕田などの湿地に自生する一年草。洪水などで破壊を受けた場所に急に群生することがある。花や実の形がタコの吸盤に似ているので名付けられた。河川...
科名ユキノシタ科
自生地湿地
開花時期7〜8月

ナミキソウ1

ナミキソウ (全但馬)

波が打ち寄せる所より少し陸側の砂地に自生する高さ10〜40cmの多年草で、紫色の唇のような形をした花が一方向に向いて咲く。但馬では海岸の開発により、生育...
科名シソ科
自生地浜辺
開花時期6〜9月

ネコノシタ1

ネコノシタ (全但馬)

海岸の砂地に自生する高さ20cmほどの多年草で、葉は厚く、猫の舌のように表面がザラザラしている。茎にも剛毛があり、長く地をはってよく分枝する。生育場所...
科名キク科
自生地浜辺
開花時期7〜9月

バイカモ1

バイカモ (全但馬)

湧水地など冷たく清らかな川に自生する多年草で、水中で梅の花に似た白い花を咲かせる。糸状の細い茎の姿からカワノボリとも呼ばれている。洪水や工事による...
科名キンポウゲ科
自生地水生
開花時期4〜8月

ヒガンバナ1

ヒガンバナ (全但馬)

日本全土に分布し、人里近くに見られる多年草で、その昔、中国より渡来したとも言われる。秋には高さ40〜70cmほどの花茎を出し、赤色の花を咲かせる。花が枯...
科名ヒガンバナ科
自生地草地
開花時期9月

ホツツジ1

ホツツジ (全但馬)

日当たりの良い山の尾根や林辺に自生する高さ1.5mほどの落葉低木で、3枚のそり返った薄紅色の花をつける。ツツジの仲間では遅い時期に花を咲かせる。
科名ツツジ科
自生地
開花時期8〜9月

マツカサススキ1

マツカサススキ (全但馬)

日当たりの良い湿地やため池、休耕田などに自生する多年草で、夏の終わりから秋にかけて茶色の松かさに似た穂をつける。あまり目立たないので、開発により消...
科名カヤツリグサ科
自生地湿地
開花時期8〜9月

ミクリ1

ミクリ (全但馬)

池や川、水路など水深の浅い水中に自生する多年草で、直径2cmほどの実の集まった様子が「栗のいが」に似ていることから名前がついている。護岸工事など河川改...
科名ミクリ科
自生地湿地
開花時期6〜8月

ミズトラノオ1

ミズトラノオ (全但馬)

水辺の湿地に自生する高さ30〜50cmほどの多年草で、当地のものはめったに咲くことがないが、紅紫色の花穂をつける。その姿が「虎のしっぽ」に似ていることか...
科名シソ科
自生地湿地
開花時期8〜9月

モミジガサ1

モミジガサ (全但馬)

山のやや湿った林内に自生する高さ90cmほどの多年草で、葉の形がモミジに似ていることから名前がついている。夏から秋にかけて白色の小花が5個ほど集まって咲...
科名キク科
自生地
開花時期8〜9月

ユウスゲ1

ユウスゲ (全但馬)

香美町香住区では岡見公園に自生している高さ40〜50cmの多年草で、夏に淡黄色で品格のある花が咲く。この花は夕方に咲いて翌朝にはしぼんでしまう「夜咲き」...
科名ユリ科
自生地草地
開花時期7〜8月
一番上へ
サイドナビ
サイトマップ