但馬事典
ファイル添付編集
Edit

白瀧幾之助

白瀧幾之助(しらたき・いくのすけ、朝来市生野町出身)
1873年(明治6年)〜1960年(昭和35年)

 和田三造青山熊治とともに、朝来市生野出身の三巨匠と称される洋画家。
 生野町奥銀谷で生まれ、父は浜沖之助で鉱山師だった。小学校を卒業後、工学士を夢見て上京する。明治23年、和田三造の兄、正造の勧めもあり画家になることを決意。東京美術学校西洋画科、明治37年から7年間欧米し、イギリス水彩画の影響の強い滞欧作を数多く残している。
 また、留学中に知り合った三井高精を助け、多くの新進画家の作品を「三井コレクション」に加え、後進の育成にも力を注いだ。
 白馬会や文展で活躍し、後に帝展の審査員を務め戦後は日展を舞台に活動を続け日本美術恩賜賞を受けた。
 代表作は「稽古」(明治30年)、「帽子の婦人」など。

 日展会員の白滝幾之助は昭和35年、東京都大田区の自宅で逝去した。享年88才。

略年譜

明治6年3月17日  兵庫県但馬国(朝来市生野町)に生れる。
明治23年 上京し工手学校、更に生巧館画塾に入り山本芳翠の指導をうける。又天心道場で黒田清輝に学び、美術学校に入学する。
明治27年 第4回内国勧業博覧会に「待ち遠し」が入選、褒状をうける。
明治31年 東京美術学校卒業。白馬会展に「稽古」出品
明治38年 渡米、更に英仏に渡り44年帰国
明治44年 第5回文展「老人肖像」「裁縫」(褒状)
大正3年  第8回文展「野村氏の像」(二等賞)
大正4年  第9回文展に無鑑査となり「撫子」「収獲」「某氏の像」を出品する。
大正8年  第1回帝展「ハリス氏像」出品。
大正9年  第2回帝展、「芍薬」「コンデル博士の像」出品。この年から審査員を屡々つとめ、以後官展の無鑑査出品をつづける。
昭和3年  第9回帝展「マンドリーヌ」
昭和6年  第12回帝展「松翁氏の像」
昭和8年  第14回帝展「朝霧」
昭和12年 第1回文展「新緑」出品
昭和15年 奉祝展「富士」出品
昭和23年 第4回日展「ミス・ムラタの像」
昭和27年 26年度芸術院恩賜賞をうける。
昭和28年 第9回日展「鶏舎」
昭和35年 11月26日没

Edit

関連リンク

朝来市の芸術

カテゴリ:芸術家