但馬事典
ファイル添付編集
Edit

獅子の口

獅子の口(ししのくち、新温泉町)

赤黒い溶岩は約2,000万年前の火山活動で流れ出た安山岩でできている。開いた真っ赤な空洞の見える様はまさに獅子が口を開いているかのようである。この赤色は、噴火のときに参加してできた赤鉄鉱で、地区名の赤崎の由来にもなっている。

カテゴリ:名勝・奇勝