但馬事典

鎌倉時代

1192年〜1333年

但馬の主な出来事

1194年(建久5)気比に潜伏していた平家落人・越中次郎盛嗣が捕われる
1197年(建久8)源頼朝、但馬進美寺(豊岡市日高町)を関東祈祷所とする
1221年(承久3)太田昌明が但馬守護職に任ぜられる
1221年7月(承久3)幕府、雅成親王を但馬に流し、守護太田昌明に監視させる
1222年2月(貞応元)但馬国を延暦寺の修造料国とする
1225年7月(嘉禄元)三方郷を横川楞厳院に寄進する
1251年9月(建長3)但馬進美寺所領の、守護らによる押領を幕府が禁ずる
1270年2月(文永7)進美寺に蓮台寺・石和田保などの領地を寄進する
1285年12月(弘安8)但馬守護太田政頼、「但馬太田文」を注進する
1321年(元亨元)朝来郡に大林寺が建立される
1333年3月(元弘(南朝)3正慶(北朝)2)但馬守護太田守延が静尊法親王を奉じて京都に向かう

日本の主な出来事

1192年(建久3)源頼朝が鎌倉に幕府を開く
1221年(承久3)承久の変 後鳥羽上皇側が敗北
1232年(貞永元)御成敗式目ができる
1232-年(鎌倉時代)いわゆる鎌倉新仏教が広まる
1274年(文永11)元が二度もせめてくる(文永の役)
1281年(弘安4)元が二度もせめてくる(弘安の役)
1333年(元弘(南朝)3正慶(北朝)2)鎌倉幕府がほろびる

関連項目

あ行
赤淵神社朝倉高清安達親長
阿弥陀如来座像(大屋町筏)今滝寺今滝寺の孔雀明王図
延命寺太田政頼大林寺
小田井懸神社温泉寺
か行
岸田さえもん踊り気多神社金蔵寺
黒野神社桑原神社見蔵岡遺跡石棒関連出土品
護念寺庭園
さ行
山名氏慈照寺進美寺
西方寺正樂寺正樂寺/複製
相応峰寺
た行
但馬但馬国但馬守護
玉田寺田和火葬墓豊岡市
な行
日限地蔵さん
は行
八幡神社(津居山)福王寺法雲寺
ま行
村岡山名ものがたり山名八百年
や行
八木城泰雲寺
ら行
蓮華寺(轟)
わ行
鷲原寺