合唱曲「たじま牛」

地域全但馬
投稿者但馬情報特急クルー
ジャンル創作

■関連するもの
タグ 但馬牛  合唱  
音蔵 合唱曲「たじま牛」  但馬牛  但馬恋しや  
写蔵 自然の中の但馬牛  
山本和夫 作詞
岩河三郎 作曲
嫌がる子牛を 連れていくのは誰だ
牛市に 連れていくのは誰だ
山また山に囲まれた
村の真ん中を走る雪の道を
振り向こうとするのに 振り向かせまいと
荒々しくひっぱり
子牛を引いていくのは誰だ
母牛の叫びが 村にいんにこもってる

お婆さんはその門出に
ニボシをくるんだ「おひねり」を
幸せでね
と子牛の赤い首輪にさしてやった
悲しいアクセサリーをつけてもらって
子牛はお婆さんを横目で見上げた

たじまの山の村では
人間が牛とからだをすりよせて 生きている
牛が人間にからだをすりよせて 生きている

今日の雪は
この山の村では 根雪になるだろう

嫌がって
両足を並べて突っ立つのに
荒々しく怒鳴って
子牛を引いていくのは誰だ

家の前では 雪を踏んで
お婆さんが 首を伸ばして見送っている
分校では
中一の 太一君の机は ひとりぼっち
一番上へ
サイドナビ
サイトマップ