越冬マガン

執筆 コウノトリ市民研究所   掲載 2017年02月13日 10時56分   カテゴリ たじまのしぜん

本文を開く
本文を閉じる
豊岡盆地で越冬中のマガンの飛来状況を、記録として書き記しておきます。


2016年12月15日
冬期湛水に向け、トラクターで土起こし中の伊豆地区の田んぼに、10羽のマガンが飛来しました。この群れは、短い時間で飛び去りました。


2016年12月22日
一週間後、冬期湛水が始まった同地区の田んぼに、4羽のマガンが飛来しました。先の10羽の群れの一部かもしれませんし、別の越冬グループかもしれません。外観から判断して、この4羽は少し若いマガンのグループです。

成鳥が付いていないせいもあるのか、非常に警戒心の強い群れで、田んぼ1枚分の距離をとっても飛び立ってしまいます。遠くからの観察しかできません。


2016年12月31日
大晦日の伊豆地区堪水田、4羽のマガンが5羽になっていました。別のはぐれ鳥が、4羽の群れを見つけて合流したようです。以降、年があけてからも、この5羽のマガンは同じエリアで冬を過ごしています。


2017年1月29日
1月の終わりにまとまった雪が降りました。堪水田という安全地帯と、隣接する二番穂の田んぼの餌場を、マガンはうまく使い分けながら、やがて訪れる北帰行の時を待ちます。

写真・文 コウノトリ市民研究所 高橋 信

サガリハリタケ

執筆 稲葉一明   掲載 2017年02月01日 01時30分   カテゴリ たじまのしぜん » きのこ

本文を開く
本文を閉じる
サガリハリタケ   ヒダナシタケ目 コウヤクタケ科
 懸垂針茸         (Radulomyces copelandii)




広葉樹の枯木に膏薬状に樹皮に張り付くように広がり、1冂度の針状の突起を垂らす。背着生のキノコ。




幼菌時は白く少し青みがかって透明感もあり、鍾乳石を思い出すような感じで美しい。




やがて黄褐色に色づ老熟すると針状突起が遠目には毛が密生しているように見える。
分類が進むにつれ変遷しており、図鑑等により記載が違う場合が多い。以前は属名がコゲチャハリタケ属あるいはサガリハリタケ属Mycoaciaだったが、現在はアカギンコウヤクタケ属Radulomycesとされているようだ。



特徴的なキノコであるが普通種で豊岡周辺でもよく見かける。
 

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ