トラツグミ

執筆 コウノトリ市民研究所   掲載 2017年01月27日 12時39分   カテゴリ たじまのしぜん » どうぶつ

本文を開く
本文を閉じる

今冬はツグミの数が多いです。年によってはまったく渡って来ないこともあります。里を代表する冬の渡り鳥で、放置された柿の実にたくさんのツグミが寄ってきます。


ツグミの仲間でもトラツグミは一年中いる留鳥です。雪のない季節は山の中や暗い林の中にひっそり暮らしており、しかも夜行性の鳥なので姿を目にする機会はほとんどありません。「ヒーーン・ヒーーン」と長く伸びるか細い声は、日中でも山の中でたびたび耳にすることがあります。

そんなトラツグミも、雪が降ると餌を求めて山から出てきます。この写真は林縁のシロダモの赤い実を食べているところです。


ウルシの実は、いろいろな野鳥の冬の食料になります。ヒヨドリ、シジュウカラ、ツグミ、シロハラ、ジョウビタキなどがよく食べに来ます。トラツグミもやってきました。


雪のない季節、トラツグミは土の中や落ち葉の下をひっくり返して、ミミズや昆虫類を餌にしています。雪が降ると木の実を食べに来ますが、雪の積もっていない湿地を見つけて、湿った泥の中の生きものを探して食べます。

大雪になると、森の生きものたちは餌を求めて人目につく場所に出てきます。冬の野鳥観察は大雪のときこそ出会いのチャンスが増えます。

写真・文 コウノトリ市民研究所 高橋 信

フジバカマのお引っ越し

執筆 菅村定昌   掲載 2017年01月22日 20時37分   カテゴリ たじまのしぜん » しょくぶつ

本文を開く
本文を閉じる
フジバカマ キク科



 秋の七草で知られている植物ですが、生育場所が失われて絶滅危惧種になっています。畑などに栽培されているものや花屋で売られているものは、フジバカマと呼ばれていますが、本当のフジバカマではないと言われています。



 フジバカマは兵庫県では、揖保川、千種川、加古川、武庫川、円山川などで知られています。但馬では、大屋町、豊岡市、城崎町で記録されています。現在、大屋町では現状不明。城崎町も現状不明。豊岡市では、2カ所で消失し、2カ所で健在です。



 豊岡市には比較的規模の大きな群落がありますが、道沿いの非常に人目に立つ場所なのでこれまで写真を公開することは避けてきました。フジバカマの背景から分かる人にはすぐに分かってしまうからです。それを今回公開します。もはや隠す必要がなくなったからです。2004年に大きな被害をもたらした台風23号によって設置が始まった特殊堤の工事がフジバカマ自生地に及び、自生地が消失することが確定したのです。


この地のフジバカマは石垣に生育する。ここから下流に広がることがあるが数年で消えてしまう。


石垣の隙間にがっちりと根を張っている。


少し前まで石垣の縁まで水田があった。稲作のための管理で石垣は日当たりがよい状態で維持されてきた。隙間のある石垣と水田耕作が重なってここにだけフジバカマが生き残ったのだと思われる。


耕作されなくなるとフジバカマは草におされてかつてほどの勢いはなくなった。しかし、予想に反して洪水でヨシが破壊されたあとに広く侵入した年もあった。

 幸いなことにこの自生地は失われますが、種子の採取、苗の育成、移植実験が行われてうまくいっています。移植先の候補も複数検討され、移植後のモニタリングも計画されていますので、なんとか円山川の別の場所で生育できそうです。自生地が失われることが分かったときには、かつて、加古川で行われたように、フジバカマの苗を里親に預けて、種子を送り返してもらったり、校区である五荘小学校や城崎小学校に苗を預けて、河原に植え戻すことも考えましたが、そのようなことをしなくてもいけそうです。

 数年前に小規模ですが、別の場所で生育していることも確認できました。また、保険のためにと、知人の家の庭に移植したものは旺盛に繁茂しています。

コミミズク

執筆 コウノトリ市民研究所   掲載 2017年01月13日 13時27分   カテゴリ たじまのしぜん » どうぶつ

本文を開く
本文を閉じる

円山川河川敷で、2シーズンぶりにコミミズクを観察することができました。年末の夕刻、ヤナギの枝に止まる大きめの鳥を遠くから目撃して、逆光のシルエットでフクロウだと思いました。識別可能な距離まで寄ってみて、それはフクロウではなく、このあたりで冬鳥のコミミズクだと分かりました。

コミミズクは黄色い虹彩が魅惑的で、白い毛で縁どられた丸い顔面が可愛らしいです。


日が落ちると、河川敷の上を活発に飛び回るようになります。獲物は野ネズミ。かつて、コミミズクのねぐら入りの場所を特定し、そこに落ちていた無数のペリット(未消化物の吐き戻し物)を回収して餌生物を調べたことがあります。出て来た頭骨から、餌はハタネズミであることが分かりました。


暗くなるにつれ、1羽だったコミミズクが2羽になり、この時の観察時には3羽のコミミズクが活発に動き出しました。

但馬で冬の河原を餌場にするフクロウ科はフクロウ、コミミズク、トラフズクの3種類がいます。河原のネズミは、日中はノスリなどのワシタカに狙われ、夜はフクロウの仲間に狙われます。つまり24時間、野ネズミは絶えず命を狙われ続けており、たくさんの野ネズミが住んでいないと、その上位にいる鳥たちも暮らしてゆけないのです。

写真・文 コウノトリ市民研究所 高橋 信

ハカワラタケ

執筆 稲葉一明   掲載 2017年01月02日 12時55分   カテゴリ たじまのしぜん » きのこ

本文を開く
本文を閉じる
ハカワラタケ   ヒダナシタケ目 タコウキン科 シハイタケ属 
        (Trichaptum biforme)




小さなサルノコシカケで、枯木倒木に折り重なるように発生し、白腐れで枯木を分解していく。




普通にみられるが食用に適さずほとんど顧みられないシハイタケ属というキノコのグループの一種。シハイタケ、ウスバシハイタケ、ハカワラタケ、シロハカワラタケの4種が分類されているが、これらは非常によく似ており、特にハカワラタケとシロハカワラタケは同種と見る説が強い。



ハカワラタケは若い時には紫色が出て美しい。




老熟しても簡単には腐らないので紫が消えて干からびたように折り重ねって倒木に付着しているのを見かける機会のほうが多い。




ハカワラタケとシロハカワラタケが同じ倒木から発生している。





ヒダナシタケ目だからヒダはない。管孔面はヒダナシタケ目に多い穴状ではなく、歯牙状、薄歯状になっている。




ハカワラタケ、シロハカワラタケは広葉樹の倒木、古木に発生する。北半球で普通種。
 和名ハカワラタケの漢字表記は歯瓦茸?

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ