ススホコリ

執筆 稲葉一明   掲載 2018年04月07日 11時13分   カテゴリ たじまのしぜん » そのほか

本文を開く
本文を閉じる
ススホコリ Fuligo septica
変形菌綱, モジホコリ目, モジホコリ科 ススホコリ属
 



 変形菌。ススホコリ。
動物でも植物でも菌類でもない変形菌(粘菌)の仲間。主に朽ち木の中などで微生物等を食し生活していているが、繁殖のために胞子を飛ばしやすい場所へ這い出てきて、子実体を形成する。その時に我々は彼らを目にすることが容易になり観察するチャンスとなる。移動中の変形体や子実体は、木の幹や、石の上、切り株の上などで見かけることが多い。
ススホコリの子実体は黄色くて、卵焼きや汚物を連想させる不整形な塊り。変形菌の子実体は小さいが形が特徴的で美しいものも多いが、こいつは全然違うイメージである。

子実体の周りには変形体が這ってきた痕が付着している。





日本変形菌類図鑑の説明では、子実体は着合子嚢体型または屈曲子嚢体の累積した型,高さ約3cm,長さ約10cmまで,ときにずっと大きくなる。皮層は黄色でときに欠けるとのこと。
変種としてキフシススホコリFuligo septica var. flavaというものがある。図鑑やネットではこちらもよく紹介されている。昨年ススホコリらしきものに3回ほどであったが、当初はキフシススホコリかと考えていた。ススホコリとキフシススホコリとの違いは、子実体の内部にある細毛体の一部で粒状の石灰を含んだ部分である「石灰節が黄色いもの」をキフシと区別するとのことなので、写真の個体が変種のキフシかどうかはよくわからない。ここでは基本種のススホコリとした。

甲虫類がかじりに来ているのだろう。





北アメリカで,ススホコリが大発生し、黄色い変なものが微妙に動いているようで電信柱を登っているなど未知の生物ではないかと大騒ぎになったとか、南米ではこれを食する地域があるとか、話題性の大きい種である。食べてみようとは思わない。



 クワガタを飼育していたら、腐葉土からススホコリの変形体が出てくることがわりとあるようだ。言い換えると、ススホコリは飼育も可能ということ。野外で変形体を捕獲して家で飼育すると楽しいらしい。環境が合わず飼育に失敗すると、ススホコリは単に死んでしまうのではなく、子実体を形成して胞子を飛ばし、その世代を終了させる。


飼育に失敗しても子実体形成が観察できるし、死んでしまって可哀そうということにもならないので良いペットかもしれない。粘菌類を飼育する愛好家が世の中にはいらっしゃるようであるが、私も機会があればチャレンジしてみたい。餌はオートミールとか。

ヌカホコリ

執筆 稲葉一明   掲載 2018年03月03日 12時31分   カテゴリ たじまのしぜん » そのほか

本文を開く
本文を閉じる
ヌカホコリ Hemitrichia clavata
変形菌綱,ケホコリ目,ケホコリ科,ケホコリ属
 糠埃



 変形菌。ヌカホコリ、柄があり群生、密生。高さ約2弌子嚢は洋梨形。成熟すると細網体が露出し杯状体の上に乗るような形になる。細網体は杯状体から離脱する場合も多いようだ。



 変種としてホソエノヌカホコリ Hemitrichia clavata var.calyculataがあり、ヌカホコリとは別種との見解もある。こちらは杯状体がより浅く、裂開後は反転し、細網体が杯状体と強く付着、柄は円筒状で上部は広がらず、より散生するとのこと。写真のものは、複数個所で撮影しており、どちらなのか、両方あるのかよくわからないが、散生している場合もあったし、杯状体が反転しているものもあった。細柄と杯状体の反転は図鑑の記載とは一致していないように感じる。だとすれば、同一種の中の変異といえるかもしれない。ネットではホソエノヌカホコリとしての紹介の方が多くみられる。

群生していない。





群生している。





細網体が離脱し杯状体のみのものが見られるが数は少ない。





細柄。





細柄ではない。杯状体の反り返り反転が見られる。











秋に朽ち木上などに出てくる。比較的出会いやすい変形菌だと思う。

ウツボホコリ

執筆 稲葉一明   掲載 2018年02月03日 17時00分   カテゴリ たじまのしぜん » そのほか

本文を開く
本文を閉じる
ウツボホコリ Arcyria denudata
変形菌綱,ケホコリカビ目(Trichiida ),ウツボホコリ科,ウツボホコリ属
  靫埃



ウツボホコリ、変形菌の一種である。
和名のウツボ(靫)は、魚のウツボ(靭)ではなく、矢を入れて背に負う細長い入れ物のことで、形から連想されたもののようだ。



未熟時のソーセージのような形の子嚢のなかで圧縮されていた細網体が、成熟とともに先の方から伸びだして、胞子を飛ばし、やがて細網体がたわしの塊のような感じになる。若い子嚢は赤褐色が強く、老熟とともにくすんだ褐色となるが、色の変異は広い。子嚢の伸びる方向は上下斜め関係無いようである。


子実体の形成に失敗したものが見られる。

 



胞子につられるのか、小さな甲虫、陸生巻貝、ダニの仲間がよく見られる。






 




こちらは、同じ変形菌で別種のおそらくツヤエリホコリの子実体と混在して発生している。にぎやかな小さな世界。




ウツボホコリは変形菌のなかでもよく見られる種のようで、世界に広く分布する普通種。但馬においても普通種だと思う。
春から秋、朽ち木などに群生。子嚢は6伉度まで。
よく似たものにコウツボホコリ、キウツボホコリなどが知られている。

ムラサキホコリの一種(おそらくオオムラサキホコリ)

執筆 稲葉一明   掲載 2018年01月03日 19時13分   カテゴリ たじまのしぜん » そのほか

本文を開く
本文を閉じる
 ムラサキホコリの一種 Stemonitis sp.
 (オオムラサキホコリ❓ Stemonitis splendens Rostaf)
 アメーボゾア界,変形菌門,変形菌綱,ムラサキホコリ目,ムラサキホコリ科,ムラサキホコリ属  大紫埃


 昨年7月から変形菌を観察している。変形菌、粘菌とも呼ばれる。
生物の分類で、界のレベルでは植物界、動物界、菌界などが身近だが、現在は12界ほどに分類されるのが有力のようだ。少し昔までは、植物界と動物界の二つに分けられていたが、菌界をはじめ、近年すごく増えている。変形菌は菌界にあらず、「アメーボゾア界」に属されている。
 変形体と呼ばれる多核のアメーバ状栄養体が、移動しながら微生物などを摂食する動物的性質を持ち、一夜にして変身し、菌類のように子実体を作って胞子を飛ばし繁殖する生物。その形、色彩は多様で、魅力的。変形菌について、概要さえもとても書ききれないが、我々とは界のレベルで違う生き物。しかし、わりと身近に存在する、しかも人間の生活とはほとんど関係しない、それでいて観察してみると非常に興味深い生き物である。

 変形菌の観察は、変形体であったり、子実体であったり、その変化の途中の状態のものを主な対象とすることになる。変形体は時に遠方からでも確認できる大きさであることもあるが、子実体は多くの場合ミリ単位の小ささである。だから地面に這いつくばって観察することが多い。とりあえずルーペで拡大してみる。写真撮影は三脚、マクロレンズ、接写リング、多灯ストロボ、時にベローズなどの機材が必要となる。キノコ以上に厄介。出会えた時の喜びは大きい。
 写真は、ムラサキホコリ科のおそらくオオムラサキホコリ。高さ約2僉∧舛黒光していて短い。コケの上にいる様は、サンゴかケヤリムシを思い出した。驚いたことに、少し動いている。子実体が目視で分かるような速さの動きはできない。マルヒメキノコムシ?が食事をしていて、彼が単子嚢体を動かしていたのだ。体中、胞子だらけになっている。胞子の拡散にも貢献しているのだろう。
 
 こちらは、子実体形成にてこずったのか、単子嚢体がくっついている。











 翌日見に行くと、かなり開いていた。上側に白い膜状のものが見えるが、変形体が這ってきた痕跡である。胞子を飛ばすために高いところで這い出してきて、ここで変身したのである。ここにもマルヒメキノコムシ?がいる。どこからともなく、胞子につられてやってくるのだろう。

空石積護岸(からいしづみごがん)

執筆 菅村定昌   掲載 2009年03月29日 12時15分   カテゴリ たじまのしぜん » そのほか

本文を開く
本文を閉じる


 出石川に新しいタイプの護岸(ごがん)が作られています。
 場所は鳥居橋の上流です。台風23号の時に堤防(ていぼう)が破れてしまいましたが、その少し上流部に作られています。この護岸はブランチブロックという工法で作られています。



 川岸が水の流れでけずられないように護岸というものを作ります。いろいろなタイプがありますが、石やコンクリートブロックを積んで作るものが多いです。石を積む時にそのまま積むものを「空石積み(からいしづみ)」といい、コンクリートで石と石をくっつけて積むものを「練石積み(ねりいしづみ)」といいます。空石積みは、お城の石垣に見られますね。昔の石垣はみんなこんなでした。



空石積みは、コンクリートで固めていないのですき間があります。すき間は生き物のすみかになりますし、水も通ることができます。一方、練石積みのコンクリートからは生き物には毒になる成分が流れ出たりもします。というように生き物にとっては空石積みの護岸の方がいいのです。でも、工事をする人間の側には人間の都合があります。川の流れに負けない護岸を空石積みで作るには高度な技術が必要です。誰にでもできるわけではありません。それに時間もかかります。それで工事が容易で時間がかからない練石積みが工事の主流となり、今では空石積みの技術を持つ人はほとんどおられません。



生き物にやさしい護岸は空石積みです。最新技術の力で誰にでもできる空石積みを実現しようと様々な工夫がなされています。ブランチブロック工法もその一つです。

 ブランチブロック工法は、枠の中に石を積むので特別な技術はいりません。基礎のコンクリートがいらないので、生コンクリートが流れ出たりしません。コンクリートが固まるまで世話をする必要もありませんので時間もかかりません。なかなかよい工法のようです。
生き物にやさしい護岸は空石積みです。最新技術の力で誰にでもできる空石積みを実現しようと様々な工夫がなされています。ブランチブロック工法もその一つです。

 この工法は、河川の工事をしていた人ではなく、造園関係の仕事をしている会社の社長さんが発明されたものです。
 


 出石川の上流には、別のタイプの空石積み護岸があります。
 護岸にすき間がないと湧水(ゆうすい)が止まってしまいます。湧水がないとオオサンショウウオは卵を産むことが出来ません。そこで、出石川のオオサンショウウオのための工事では、特別な技術を必要としない空石積みの護岸を作りました。「アンカー式空石積み」と呼ばれるものです。石の裏面に穴を空けそこに鉄筋(てっきん)を差し込み、鉄筋の先端を金具で止めることで石がくずれないようにしてあります。

円山川試験湿地の生き物

執筆 稲葉一明   掲載 2008年10月13日 19時21分   カテゴリ たじまのしぜん » そのほか

本文を開く
本文を閉じる
2008.10.11
円山川試験湿地の調査(魚・水草調査)          国土交通省豊岡工事事務所の関連事業で、NPO法人コウノトリ市民研究所と(財)リバーフロント研究所
の共催で実施。


子供たちを含む参加者約30人ほど。





円山川の自然再生ので、河川敷にワンドなどつくり、生物の生息状況、回復状況などモニタリングしている。


絶滅危惧種のミズアオイが出ています。ホザキノフサモという金魚藻みたいなのですが、これがいくら移植しても定着しなかったのに、ワンドを作ったら勝手に出てきたとのこと。

魚は、汽水域だから、いろんな種類がいる。
ワカサギがいました。カネヒラというタナゴ、これは初めて見ました。ボラに良く似たメナダや、シマイサキなど汽水域ですね。

テナガエビが沢山いました。また、ミゾレヌマエビもいました。少し上流だとミナミヌマエビが多いのですが、やはり汽水域は種類が違ってきます。

ハゼの仲間でビリンゴ、これも沢山捕れました。赤石の円山川の浅瀬はコウノトリのお気に入りの場所でハチゴロウたちがなにやら食べていましたが、それがおそらくビリンゴではないかといわれています。底性ですが時々浮き上がってくるので捕り易いとか。

まあ、少しいじってやると生き物たちは沢山増えてくるということですか。

以下写真報告します。


植物

ホザキノフサモ
花が咲いているところはなかなか見れないらしい。




ミズアオイ
もう花が終わりました。




オギ
ススキじゃないよ




マコモ
これに菌がついて膨らんだ軸がマコモタケといって食用になれます。



魚類

タイリクバラタナゴ
タナゴの仲間で、最もはびこっている外来種




オイカワ





ウグイ
幼魚は特徴がないけどきれい。




ニゴイ





メダカ
どこにでもおりますな




ビリンゴ
佃煮にしたらいいかも




マハゼ
優秀な食用魚だと思います。




ヌマチチブ
ポニョってこんなん?




モツゴ





カワヒガイ
久しぶりに見ました。




タモロコ
川にもいます。




メダナ
ボラに良く似ている。アカメとも呼ばれる。




カネヒラ
図鑑で名前だけ知っていたんですが初めて見ました。




シマイサキ
稚魚です。海が近いですね。




ワカサギ
これもはじめてみた。売ってるのは良く見るけど。



甲殻類

テナガエビ





モクズガニ
稚カニばかり沢山捕れました。




両生類

ウシガエル
子供たちにダントツの人気でした。









ヤゴ類

サナエトンボ類?





ヤマトンボ類





ヤンマ類
手前のみどりのやつ。たぶんギンヤンマ?
なかなか生息範囲広いですね。




貝類

ヤマトシジミ
汽水域なので、マシジミ、タイワンシジミではなかろう。
体が分厚いです。若いので緑が強いです。



リバーフロントの皆さんのお世話になり、楽しく調査ができました。子供たちの喜んでました。

葉っぱの図鑑を作ろう

執筆 菅村定昌   掲載 2008年07月27日 08時41分   カテゴリ たじまのしぜん » そのほか

本文を開く
本文を閉じる
 夏休みの自由研究は進んでいますか?

イメージスキャナで葉っぱの図鑑を作りませんか?



 図鑑に載せたい植物を見つけます。植物標本を作る余裕のある時は、20〜30cmの枝を切るとよいでしょう。枝があると葉の付き方などが分かります。



 次に図鑑に載せる葉っぱを決めます。大きすぎず小さすぎずの葉を2枚選びます。虫が食べていないものを選びましょう。家に持って帰るまで、しおれないようにポリ袋に入れておきましょう。

 葉っぱを2枚スキャナに載せます。2枚なのは一度に裏表を撮るためです。 
 表は私たちが目にする面です。表の色は非常に大切な情報です。
 葉の裏にはその植物を識別する上での情報が葉の表よりたくさん含まれています。
 葉脈の様子、毛の有無、・・・・



 スキャンが終わった葉はマンガ雑誌にはさんでおきましょう。10日ほどで乾いて標本になります。
 できた葉の標本の大きさを測ってその値を書いておくと図鑑の質が高まります。
 スキャンする時に定規を一緒に入れておいてもいいですね。
 図鑑には、採集地、採集日時も書いておきましょう。



 植物の名前は、上から
 コハウチワカエデ
 ハウチワカエデ
 ウリカエデ
 ウリハダカエデ
 です。

どんな魚巣ブロックがあるかな?

執筆 菅村定昌   掲載 2008年06月14日 10時35分   カテゴリ たじまのしぜん » そのほか

本文を開く
本文を閉じる
 出石川で行われていた河川改修がほぼ終わりました。

 

 この工事は、次に台風23号のような大きさの台風が来ても被害が出ないように川を改良する工事でした。台風から人間の暮らしを守るこんな川の工事を治水工事といいます。従来の工事は、この治水が主な目的でした。ところが今回の工事は、治水だけでなく川の自然を守り増やしていく工夫もされました。その工夫を少し紹介します。

工夫1 いろいろな魚が住めるように
 魚が利用できるように魚巣ブロックを設置しました。
 魚といっても大きな魚、小さな魚がいます。水の中を泳いで移動する魚、底の石の上をはうように移動する魚がいます。生まれたばかりの魚も大人の魚もいます。どんな魚がどんな魚巣ブロックを利用するのかよく分かっていません。時間があれば、実験をして確かめることができますが、今回の工事は、台風による被害を元に直す工事なので、あらかじめ調べることができませんでした。そこで、9種類の魚巣ブロックを使ってみることにしました。
 下には、オオサンショウウオのための巣穴と魚巣ブロックや護岸の写真を載せます。違う種類もあります。他にどんな魚巣ブロックや護岸があるか、どこにどんな魚巣ブロックがあるか探してみてください。
 上流の工事では、護岸の40%に巣穴ブロック、魚巣ブロックが配置されています。











 工夫2は、今度また紹介します。

すぐれた景観;河畔林(かはんりん)

執筆 菅村定昌   掲載 2007年12月17日 06時54分   カテゴリ たじまのしぜん » そのほか

本文を開く
本文を閉じる
河畔林



 河畔林(かはんりん)は、河辺林(かへんりん、かわべりん)ともよばれます。漢字の意味そのままで、川に接するように川のすぐ横できる、川に平行に帯状に広がる林です。
 多くの川では、河畔林は洪水(こうずい)の流れをさまたげるなどの理由で伐(き)られてしまっています。ですから円山川のように大規模(だいきぼ)な河畔林が残っている川は多くありません。近畿地方では、琵琶湖周辺などとならんで、有数の規模のものです。
 円山川の河畔林は、豊岡市に集中的に残っています。日高町宵田(よいだ)付近から豊岡市土渕(ひじうち)にかけて大小の規模の林が続いています。
 円山川最大の河畔林は、上郷にあり、長さ約1km、最も広いところは幅が100mあります。野々庄から西芝にかけて次に大きな林があります。
 多くの生きものたちが暮らす河畔林ですが、景観的にもすぐれていて、春の新緑、秋の紅葉(こうよう)は毎日のように色合いが変わって、見る人の目を楽しませてくれます。また、冬の時期、着雪が朝日にかがやく姿(すがた)は見事で、上郷橋の上にはカメラを持った人がたくさん集まります。

丸石河原

執筆 菅村定昌   掲載 2006年12月31日 15時38分   カテゴリ たじまのしぜん » そのほか

本文を開く
本文を閉じる


 石がごろごろ転がっている河原があります。そこで遊ぶのは楽しいですね。石を拾ったり、川に向かって投げたり、・・・いろんな遊びができます。

 石の形を見てください。角が取れて丸い形をしているでしょう。上流から流れてくる間に丸くなったのです。石の大きさは、上流から下流に行くほどだんだんと小さくなります。拳(こぶし)ほどの大きさの丸い石が転がっている河原を丸石河原と呼(よ)びます。



 丸石河原は、川にしかない環境(かんきょう)です。丸石河原は、生き物たちにはとっても厳(きび)しい環境です。ちょっと雨が降(ふ)ると水浸(びた)しになります。水の流れが強くなると石と一緒(いっしょ)に流されてしまいます。逆にいいお天気が続くと、土は少なくて砂(すな)が多いのですぐに乾燥(かんそう)してしまいます。陰(かげ)がないので強い陽(ひ)がさします。また、土には栄養分が少ししかありません。丸石河原は洪水(こうずい)と砂漠(さばく)が同居しているような場所なのです。ところが、こんな場所にしかすめない生き物たちがいて、いろんな種類が暮(く)らしています。すごいでしょう。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ