ノジスミレ 今年はたくさん出会いました

執筆 菅村定昌   掲載 2017年04月23日 21時58分   カテゴリ たじまのしぜん » しょくぶつ

本文を開く
本文を閉じる
ノジスミレ スミレ科



 畑がたくさん広がっている場所で畑と畑をつなぐ細い道、そんなところでよくノジスミレを見ました。車を止めて、畑に近づいていくと細い道沿いに必ずといってよいほどノジスミレに出会えました。それが、いつの頃からか、ノジスミレに出会わなくなりました。不思議だなあと思いました。そんな頃『京都府レッドデータブック2002』でノジスミレが準絶滅危惧種になっていることを知りました。「京都はそんななの?」と驚くと共に、「豊岡近辺も少なくなったよなあ。」と思いました。




 さて、このノジスミレ『京都府レッドデータブック2015』では、めでたいことに絶滅危惧種ではなくなりました。これが、増えたのか、調査不足だったのがたくさん発見されたのかは、分かりません。




 但馬においてもここ数年でよく見るようになったのは私の実感です。特に今年は至るところで見ました。
 例えば、コウノトリ市民研究所の4月の田んぼの学校「タンポポなど春の草」でたくさん見ました。十年以上に渡って毎年同じコースで実施しているのですが、ノジスミレを見たのは今年が初めてです。一番身近にあったんだと拍子抜けしました。




 田んぼの学校で、どうしてこれまで見つからなかったのか? それは、時期が関係しているのだと思います。例年、スミレは見つかっていましたが、ノジスミレは見つかっていません。今年は逆でした。ノジスミレはスミレより早く咲きます。他のスミレたちが結構長くだらだらと咲き続ける中でノジスミレは短期集中で咲き終わるようです。しかも、周りの草が一気に大きくなってノジスミレを隠してしまいます。今年は大雪で春が遅かったので例年ならスミレの時期なのにノジスミレが咲いていたのだと思います。毎年、花の終わったノジスミレは草に埋もれて目立たなくなって私や子どもたちに気づかれずに来た。と、まあ、こんなことを考えています。



 ノジスミレは、スミレとよく似た茎のないスミレです。スミレとの違いは、葉や花の柄に白い短い毛が多いことです。スミレは無毛です。ノジスミレは花を正面から見ると花の中に毛が生えていませんが、スミレは中央付近の左右に毛が生えています。花の形も少し違っていてスミレが整った形をしているのに対して、失礼な表現ですが「だらしない感じがする」などと図鑑に書かれていたりします。

 コウノトリの郷公園の近くの農地や駐車場には、茎のないスミレとしては他に小型のヒメスミレと白い花を咲かせるアリアケスミレが生えています。山に入るとシハイスミレが生えています。

ノビル

執筆 稲葉一明   掲載 2017年04月02日 12時13分   カテゴリ たじまのしぜん » しょくぶつ

本文を開く
本文を閉じる
ノビル   ヒガンバナ科ネギ亜科ネギ属Allium macrostemon
(野蒜)




円山川の河川敷に生えている。
ネギに近い植物で千切ってみると強い葱臭がする。時に大きな群落を形成する。
葉は空洞であるが断面は三角。土の中の白い部分は球根型に膨らみ、小さならっきょうのようである。


春先のノビルをさっと湯がいてお浸しで食べると、とてもコク、甘味良好で、野趣に富んで美味しい。同じく円山川の河川敷ではネギに近いアサツキも採取できるのだが、こちらの方がより柔らかく味もさわやかで、さらに扱いやすいので、これまで私はもっぱらアサツキの方を好んで採取していた。


野生動物写真家で著名な宮崎学氏が「ギョウジャニンニクを醤油漬けにすると大変おいしい。」とおっしゃっていたのを思い出し、ノビルでしてみてはどうかと、今回やってみた。すると、予想以上に美味である。



シャキシャキした歯ごたえと、ニンニクよりも穏やかな風味、わずかに残るネギ類の辛味。ちなみに市販の九条ネギの白い部分を同様に醬油漬けにして比べてみたが、ネギの辛味が残り、歯ごたえ、甘味、風味どれもノビルと比べて落ちる。



ノビルで厄介なのは、収穫後の調整作業。つまり泥を落としたり、古くなった外皮や黄色くなった葉先を取り除いてきれいにする作業である。採取現場では、まず、移植ゴテを株の周りに差し込み、株ごとごっそりと掘り取る。



次にノビルを一本づつ分けていき、できるだけ球根の大きなものを選抜する。細いものは埋め戻す(資源保護の面からも重要)。土をできるだけ払い落として、緑の葉の部分は大胆に半分くらい切り落としてから持ち帰る。



キッチンで水洗いし、古い外皮を取り除き、根を切り落とす。ここまでの作業は結構面倒であるが球根部を利用するのであるから仕方がない。あとは適当に切って瓶に入れてしょうゆを注げば、半日もすれば馴染んでくる。



ご飯に載せて食するととてもよく合い最高クラスのご飯の友となる。チャーハンに入れたり、中華の薬味とか、様々な利用方法が思いつく。また、漬け込んだ醤油も調味料に使える。保存もできるし、山菜メニューの新たな定番となりそうである。



円山川河川敷のノビルは、洪水対策の河川改修により表土がめくられることにより、その場所では壊滅的打撃を受ける。しかし、それは一時的なもので、私がフィールドとしていた場所については、徐々に回復してきている。河川敷は広大で、おそらく資源量は豊富と言って良いと思う。山菜としての採取が少々広まっても問題ないと考えている。

なお、ネギの仲間は、分類ではユリ科と思っていたが、近年はヒガンバナ科とされているようである。

マルバスミレ

執筆 菅村定昌   掲載 2017年03月20日 21時21分   カテゴリ たじまのしぜん » しょくぶつ

本文を開く
本文を閉じる
マルバスミレ スミレ科



 数年前にコウノトリ文化館でスミレの企画展をしました。このスミレの写真はスライドでしかありませんでした。ということは、20年ほど前に撮ってそれ以後写真を撮っていないということになります。当時、但馬の高い山を通る林道に車を止めて林縁の崩れかけたところに入るとわりと簡単に見ることができたと思います。なので、特別に珍しいスミレとは思っていませんでした。



 2015年に『近畿地方のスミレ』という本が出ました。マルバスミレのところを読んでみると減少率が最も高く、滋賀県では絶滅した可能性が高いと書かれていました。そこで、一昨年にかつて見た場所を訪れてみました。4カ所回りましたがどこにもありませんでした。やっぱり減っているんだなと思いました。



 昨年、別のスミレを見るついでにかつてあった場所の周辺を見て回りました。
 ありました。かたまっては生えていませんが、離ればなれに百以上の個体がありました。少し離れたところにももう一群落ありました。どんな場所に生えているかも思い出しました。今年は、ちょっとまじめに探してみたいと思います。



 主に太平洋側の内陸側に生育するそうですが、但馬にも生育します。葉が丸いことからマルバスミレという名前になっています。4月下旬から5月中旬にかけて白い目立つ花をつけます。茎や葉や距にも毛が生えています。


シシガシラ

執筆 菅村定昌   掲載 2017年02月20日 22時00分   カテゴリ たじまのしぜん » しょくぶつ

本文を開く
本文を閉じる
シシガシラ シシガシラ科



シダ植物は、どれもこれもよく似ていて難しいものです。そんな中にも分かりやすいものがあります。それがこのシシガシラです。海岸沿いの低地から高い山まで至るところに生えていて一目で分かる特徴的な形をしています。



葉は放射状についていますが、斜面に生えていることが多いので、たいがい斜め下方向に垂れ下がっています。葉は大きなものは長さが40cmくらいあって、両側がくしの歯のように切れ込んでいます。こんな形の葉のシダは兵庫県にはシシガシラ、ミヤマシシガシラ、オサシダの3種類しかありません。シシガシラ以外は、生育する場所が限られているので、私たちが普段生活する中で出会うのはシシガシラだと思ってまず間違いありません。


ミヤマシシガシラ 日本海側の高標高地にわずかに生える。

日本では至るところに普通に生えているシシガシラですが、日本以外には生えていません。シシガシラは日本の固有植物なのです。


シシガシラの葉の基部。下のミヤマシシガシラと比べると羽片の形と葉柄の色の違いがよく分かる。

 シシガシラの名前は、葉の生えている様子がシシ(ライオン)の頭(たてがみ)のように見えるというところから来ているそうですが、葉柄に密生する鱗片の様子がシシ(イノシシ)の頭のように見えるという説もあるそうです。なるほど、イノシシもシシですね。


ミヤマシシガシラ




 
 
 

フジバカマのお引っ越し

執筆 菅村定昌   掲載 2017年01月22日 20時37分   カテゴリ たじまのしぜん » しょくぶつ

本文を開く
本文を閉じる
フジバカマ キク科



 秋の七草で知られている植物ですが、生育場所が失われて絶滅危惧種になっています。畑などに栽培されているものや花屋で売られているものは、フジバカマと呼ばれていますが、本当のフジバカマではないと言われています。



 フジバカマは兵庫県では、揖保川、千種川、加古川、武庫川、円山川などで知られています。但馬では、大屋町、豊岡市、城崎町で記録されています。現在、大屋町では現状不明。城崎町も現状不明。豊岡市では、2カ所で消失し、2カ所で健在です。



 豊岡市には比較的規模の大きな群落がありますが、道沿いの非常に人目に立つ場所なのでこれまで写真を公開することは避けてきました。フジバカマの背景から分かる人にはすぐに分かってしまうからです。それを今回公開します。もはや隠す必要がなくなったからです。2004年に大きな被害をもたらした台風23号によって設置が始まった特殊堤の工事がフジバカマ自生地に及び、自生地が消失することが確定したのです。


この地のフジバカマは石垣に生育する。ここから下流に広がることがあるが数年で消えてしまう。


石垣の隙間にがっちりと根を張っている。


少し前まで石垣の縁まで水田があった。稲作のための管理で石垣は日当たりがよい状態で維持されてきた。隙間のある石垣と水田耕作が重なってここにだけフジバカマが生き残ったのだと思われる。


耕作されなくなるとフジバカマは草におされてかつてほどの勢いはなくなった。しかし、予想に反して洪水でヨシが破壊されたあとに広く侵入した年もあった。

 幸いなことにこの自生地は失われますが、種子の採取、苗の育成、移植実験が行われてうまくいっています。移植先の候補も複数検討され、移植後のモニタリングも計画されていますので、なんとか円山川の別の場所で生育できそうです。自生地が失われることが分かったときには、かつて、加古川で行われたように、フジバカマの苗を里親に預けて、種子を送り返してもらったり、校区である五荘小学校や城崎小学校に苗を預けて、河原に植え戻すことも考えましたが、そのようなことをしなくてもいけそうです。

 数年前に小規模ですが、別の場所で生育していることも確認できました。また、保険のためにと、知人の家の庭に移植したものは旺盛に繁茂しています。

ウラジロ お正月によく見ます

執筆 菅村定昌   掲載 2016年12月22日 22時37分   カテゴリ たじまのしぜん » しょくぶつ

本文を開く
本文を閉じる
ウラジロ ウラジロ科



 ウラジロは、これから目にする機会が非常に多いシダです。といっても山の中とは限りません。鏡餅の下に敷かれたり、しめ縄に使われたりするのをよく見ると思います。あのシダがウラジロです。



 飾り物に使われるのには諸説あります。
 曰く、
「葉の裏が白いところから、こころは白いとか清浄を表す」
「裏の白いところから、白髪を連想して長寿を表す」
「葉が代を重ねて伸びて、しだれるところから、長寿を表す」
 まあ、とにかく縁起がよいということのようです。



 ウラジロは常緑のシダです。低木がまばらに生えるようなところに生えるので葉が落ちる冬にはよく目立ちます。乾燥した斜面で大型のシダがあって裏が粉がついたように白ければまずこのウラジロと思って間違いないでしょう。大群落ができているところもあります。


ウラジロの裏面


葉(正しくは羽片)は、二つに分かれて、そこから新しい芽が出る。

 ただし、同じような場所にやはり同じように裏が白いシダが生えます。コシダです。このシダはウラジロと同じように葉が二岐に分かれるところも似ていますが、写真で分かるように全体が五角形のような形に見えます。


コシダの裏面


コシダの表面
 コシダの方がより乾燥した場所に多いようです。
 
 自然界には、非常に多くあるシダなので栽培は容易なのかと思っていたらかなり難しいのだそうです。造成された斜面にありふれているのですっかり誤解していました。自然というのはなかなか思い通りにはいかない手強いものだなのだと思います。


ホラシノブ 赤く染まってきました

執筆 菅村定昌   掲載 2016年11月23日 22時04分   カテゴリ たじまのしぜん » しょくぶつ

本文を開く
本文を閉じる
ホラシノブ ホングウシダ科



 紅葉が進み、植物観察は、冬芽などマニアックな分野になってきています。そんな中で常緑のシダの仲間は枯れ草の中で目立ちます。シダを避けて通っていた私としてもちょっと見てみようかなという気になります。



 ホラシノブは、五荘小学校に多いシダです。五荘小学校は、山を切り開いて作られた学校です。造成時に山を削った時にできたむき出しの斜面が至る所に見られます。その斜面がホラシノブの生育に適しているようです。ホラシノブは日当たりのよい斜面に多いようです。五荘小学校では、ホラシノブは乾燥地に多く見られるウラジロやコシダなどのシダやシシガシラに混じって生えています。





 ホラシノブは群生します。細かに切れ込んだ葉がかたまって見えるのは美しいものです。秋も深まってくるとホラシノブは紅葉します。周りの木々が紅葉し葉を散らす中でホラシノブも薄赤に色が変わってきました。これも美しいものです。日当たりがよい場所だとさらに赤くなるようです。楽しみです。


 シダ初心者の私は、夏前から葉の表も裏も、茎も根っこも何度も見て、図鑑の文書を読んで、写真や図と見比べました。秋が深まり、葉の裏の端にある胞子嚢群が大きくなって、苞膜がポケット状になり、葉が赤く染まってきて、・・・ようやく、ホラシノブに違いないのではと思えるようになりました。








ヤクシソウ

執筆 菅村定昌   掲載 2016年10月23日 21時53分   カテゴリ たじまのしぜん » しょくぶつ

本文を開く
本文を閉じる
ヤクシソウ キク科



秋が深まってくると野山の草木も枯れてきます。花の数も少なくなって寂しくなってきます。そんな中で、ヤクシソウは花を咲かせ続けます。この時期、低地で目立つ黄色の花はセイタカアワダチソウですが、山道で目立つ黄色の花はヤクシソウです。



 ヤクシソウは、山道の日当たりのよいところに生えます。どちらかというと崩落地のような乾燥したところを好むようですが、道沿いにたくさん見られます。



 過酷な環境でも、いえ、過酷な環境ゆえか、コンクリートを吹き付けられた斜面にたくさん生えていました。頑張ってるなあと思って写真を撮りました。他の場所では、他の植物との競争に負けて数年ほどで姿を消すことがありますが、ここは条件が悪いためにかえって長く生きていけるのだろうと思います。



 春には、こんな花をつけるキク科の植物がたくさんあります。でも秋の但馬の山ならヤクシソウだけです。



 このように葉が茎を抱きます。この形を覚えておけば花のない時期でもヤクシソウだとすぐに分かります。



 タンポポに近い仲間なので、傷つけると白い液;乳液が出てきます。



 ヤクシソウは、薬師草なんだろうと言われていますが、なぜそんな名前なのかは諸説ありますが、確かなものではなりません。
 







ハグロソウ

執筆 菅村定昌   掲載 2016年09月21日 22時18分   カテゴリ たじまのしぜん » しょくぶつ

本文を開く
本文を閉じる
ハグロソウ キツネノマゴ科



 この写真は、標高10m以下のところで撮りました。
 ハグロソウは、もう少し山深い標高の高いところの植物だと思っていたのでちょっと驚きました。もっともすぐ隣に標高600mあたりで見たことがあるジャコウソウも生えていたのでそんなものなのかとも思いました。

 

 ハグロソウは、日本には仲間が少ないキツネノマゴ科の植物です。キツネノマゴ科は熱帯には多数の種が生育しますが、日本にはほんのわずかの種しか生育しません。キツネノマゴ科の植物は兵庫県には5種類、但馬には2種類しか生育しません。

 但馬にはキツネノマゴとハグロソウの2種類が生育します。


キツネノマゴ

 キツネノマゴは、道端などに普通に生えています。8月〜10月に小さな淡紅紫色の花をたくさんつけます。


ハグロソウ

 ハグロソウは、山裾などの少し湿った半日陰の場所に生えています。数は多くありませんが珍しいというほどでもありません。8月〜10月に2〜3cmの紅紫色の花を数個つけます。


左;キツネノマゴ、右;ハグロソウ 30mほど離れていたところに生えていた。

 ハグロソウの花は、唇状の2枚の花びらでできているように見えますが、萼が5つに分かれていることから分かるように本来は5数性でゆ合によって2枚になっています。



 ハグロソウと聞いてきっとこれは「お歯黒」だろうと思いました。調べてみると確かにそんな意見もあるようです。「歯黒草」ですね。しかし、それだけではなく「葉が黒い」という意見もあります。「葉黒草」です。
「歯黒草」は、花びらの内側にある赤褐色の模様を見立てた物なのでしょう。
 「葉黒草」は、字の通りで葉が黒っぽいことからの名前でしょう。


確かに比較すると黒っぽいが、この程度の植物はたくさんある。

 いずれにしても名前の由来として正しいのかどうかは不明です。

コバノフユイチゴ 冬苺だけど夏に実がつきます

執筆 菅村定昌   掲載 2016年08月24日 21時08分   カテゴリ たじまのしぜん » しょくぶつ

本文を開く
本文を閉じる
コバノフユイチゴ バラ科


一株に一個の果実。食べる側としてはたくさんついてほしい。

 但馬には、16種類ほどの木イチゴの仲間が生育します。
 黄色い実をつけるものが1種類、黒い実をつけるものが1種類、赤橙色の実をつけるものが1種類、白の実をつけるものが1種類、オレンジ色の実をつけるものが1種類で、後は赤い実をつけます。


この規模(写真に写っているのは全体の4分の1くらい)でも結構大きな群落になる。それでも果実はこれだけしかない。

 稀少な数種を除いてほぼ全ての実を食べることができました。
 一株に一個しか果実がつかず、それが離れてあるので集めるのには苦労しましたが、今回、コバノフユイチゴをたくさん食べることができました。 


一度に集められたのはこれくらい。もう一回集めることができた。

 私の感覚では、身近にたくさんある木イチゴと比べてみると、おいしくないクマイチゴとまずまずおいしいクサイチゴの中に入りました。

私のお好みランキング

クマイチゴ<ナワシロイチゴ=コバノフユイチゴ<クサイチゴといった感じです。

 コバノフユイチゴは、名前で分かるようにフユイチゴの仲間です。


フユイチゴ。たくさんの実がつく。

 フユイチゴやミヤマフユイチゴは海岸から低山に生育し、コバノフユイチゴは、ブナの生えるような標高の高いところに生育します。フユイチゴの仲間は、他の木イチゴと違って常緑です。フユイチゴの仲間の葉は、冬の間、雪の下で過ごします。コバノフユイチゴの場合は、多雪地帯の林床に生育しますから数mもの雪の下で過ごすことになります。雪を布団として過ごすためには背が高くなってはいけません。そのためかコバノフユイチゴは、地面を這うようにして広がる匍匐性の木イチゴです。


深く裂ける托葉。フユイチゴの托葉はすぐに落ちるが、コバノフユイチゴは残る。

 木イチゴの仲間は、先がとがったモミジのような形の葉を持つものが持つものが多いです。中には複葉になっているものもあります。その中で、コバノフユイチゴは、切れ込みがなく丸い形をしています。コバノフユイチゴは、常緑であり、切れ込みもないというなかなか個性的な木イチゴのようです。



 フユイチゴやミヤマフユイチゴは、9〜10月に花を咲かせて、11月〜1月に赤い実をつけます。コバノフユイチゴは、5〜7月に花を咲かせて、8〜9月に赤い実をつけます。


一株だけ花が咲いていた。他はみんな食べ頃なのにまだ咲いている。さすがに野生種はいろんな個体がいる。

 フユイチゴやミヤマフユイチゴの実は、雪に埋もれる前に動物たちに利用されてなくなります。きっと糞となって種子がばらまかれるのでしょう。コバノフユイチゴは深い雪の下に埋もれていますので、同じような時期に実をつけていたのでは動物たちが利用することができません。そのために8〜9月に実をつけるように適応したのだろうと思います。






一番上へ
サイドナビ
サイトマップ