コマドリ

執筆 コウノトリ市民研究所   掲載 2017年05月17日 13時11分   カテゴリ たじまのしぜん » どうぶつ

本文を開く
本文を閉じる

コマドリはヒタキ科の夏鳥で、但馬の山地でも繁殖をしています。コマドリの観察適期は渡りの移動時期。毎年、豊岡市内の山麓の沢沿いが、私たち仲間の観察ポイントです。多くのコマドリは1週間ほどで通過を終えてしまいますが、一部はその周辺で繁殖しているようです。


橙色の頭部が美しく、クリッとした黒い目が愛らしいです。コマドリは漢字で「駒鳥」と書きます。鳴き声が馬のいななきのように「ヒン・カラララ」と聞きなされることに由来します。


地表を徘徊しながら虫を捕って食べます。朝の気温が上がる時間帯になると、沢に下りて来て湧き出る羽虫をしきりに捕まえます。

地表に餌となる虫が豊富であることが、コマドリ生息にとって大切な要件ですが、増えすぎた野生鹿が里山の林床を丸裸にしてしまうため、産卵場所や食草を失った虫たちが激減しています。コマドリをはじめ、但馬の森で子育てを続けてきた夏鳥たちにとって、暮らしづらい場所になってしまったのが残念です。

アカギツネ(ホンドギツネ)

執筆 コウノトリ市民研究所   掲載 2017年04月30日 07時12分   カテゴリ たじまのしぜん » どうぶつ

本文を開く
本文を閉じる

アカギツネ   食肉目 イヌ科

 野生のキツネに出会ったことがあるでしょうか。夕方、山沿いの畑などを散歩していると、姿を見ることができるかもしれません。日本列島に生息しているキツネはアカギツネと呼ばれる種類です。ユーラシア大陸や北アメリカ大陸など北半球に広く生息しています。そのうち、日本列島の本州から南に生息するものは亜種ホンドギツネ、北海道に生息するものは亜種キタキツネと区別されることがあります。


 森林環境と農地が入り混じっている所が好きなようでして、見るとすれば山沿いの農地が多いです。また、豊岡周辺などでは、円山川の河川敷でも時々姿を見ます。警戒心が強い動物でして、人間が近づくとすぐに逃げてしまいます。これらの写真を撮る時も、100メートルほど離れてじっとして撮りました。




 時々、周辺の様子を伺いながら行動しています。肉食が中心でして、野ネズミや野ウサギ、カエル、昆虫などを食べます。また、カキなどの果実も食べます。ここは田んぼと湿地が多い場所でしたので、カエルでも探していたのかもしれません。




 何か獲物をとらえたようです。咀嚼していました。お腹の部分をよく見ると、乳房が大きくなっているのがわかります。おそらく子育て中の母ギツネなのでしょう。ちょうど今、子育ての季節です。子が大きくなってくると、親子で行動するようになります。もし親子ギツネの姿をカメラに収めることができれば、またこの場で紹介しようと思います。

写真・文 コウノトリ市民研究所 北垣和也

オカヨシガモ

執筆 コウノトリ市民研究所   掲載 2017年04月12日 14時20分   カテゴリ たじまのしぜん » どうぶつ

本文を開く
本文を閉じる

但馬で冬を過ごしたカモの多くは、すでにシベリアや北極圏の繁殖地へと帰って行きました。まだ残っているものも、これから北を目指し旅立つでしょう。カモが少なくなった水辺では、これまで多くのカモの中に紛れて目立つことのなかった種に観察の目が向きます。今回紹介するオカヨシガモも、そのひとつです。

カモはオスの方が綺麗な羽根を持ち、メスは茶色の地味な色をしているものがほとんどです。上の写真はオカヨシガモのペアで、手前がオスで奥がメスです。どうでしょう、ずいぶん地味なオスですね。オカヨシガモの識別で一番よく目立つのが「お尻の黒」です。尾羽の付け根の上尾筒と下尾筒が黒いのです。


オスが伸び上がったシーンです。頭頂部と喉に淡く赤い色が混じります。胸はウロコ模様です。翼の翼鏡が白いのもオカヨシガモの特徴です。


汽水域の閉鎖湿地で、水中の植物を逆立ちして採食していました。逆立ちするとオレンジ色の脚がよく目立ちます。

オカヨシガモは派手なところはないですが、ベテランバーダーにはその渋い魅力が人気となっています。

写真・文 コウノトリ市民研究所 高橋 信

動き出したシマヘビ

執筆 コウノトリ市民研究所   掲載 2017年03月31日 22時21分   カテゴリ たじまのしぜん » どうぶつ

本文を開く
本文を閉じる

シマヘビ   有鱗目 ナミヘビ科

 ようやく春らしくなってきました。昨日3月30日、今年初めてヘビを見ました。大きなシマヘビです。気温が高かったのでヘビたちもそろそろ動き始めたようです。ヘビと聞くと、「怖い」「気持ち悪い」といったイメージが多いかもしれませんが、日本に生息するヘビは性質がおとなしい種が多いです。が、このシマヘビは少し気が荒いようでして、うかつに触ろうとすると怒ってきます。ですが、毒はありません。


 この個体は平均的な体色のシマヘビです。時々「カラスヘビ」と呼ばれる真っ黒な黒化型もいます。



 ヤモリを除くトカゲの仲間には瞼がありますが、ヘビの仲間は瞼がありません。そのかわり眼は透明な鱗で覆われています。ヘビの眼をまじまじと眺めた方は少ないかもしれませんが、シマヘビは本州に住むヘビの中では鋭い目つきです。
 ヘビの仲間はすべてが肉食です。シマヘビはトカゲ・カエル・ネズミ・小鳥などを食べますが、カエルを好んで食べるようです。そのためか、田んぼの近くでよく姿を見ます。ヘビが多い地域は、餌となる小動物がたくさん生息している豊かな自然環境と考えることができるかもしれません。

写真・文 コウノトリ市民研究所 北垣和也

ウミスズメ、ウトウ、ミツユビカモメ

執筆 コウノトリ市民研究所   掲載 2017年03月10日 11時11分   カテゴリ たじまのしぜん » どうぶつ

本文を開く
本文を閉じる

2月半ばの竹野浜で、とても珍しい海鳥を間近に観察するチャンスがありました。まずはウミスズメです。チドリ目ウミスズメ科の鳥で、海岸から離れたはるか沖合で海上生活をする仲間です。

今回、浜辺近くに寄ってきたのは理由があります。おそらく、大型魚に追われて浜まで逃れてきたカタクチイワシの大群に、それを餌としている海鳥が一緒に付いてきたのです。


ウミスズメはスズメの名がありますがスズメより大きく、ツグミぐらいのサイズです。黒と白のモノトーンの羽は、夏羽では喉の周辺も黒くなって顔の黒とつながります。夏羽移行中の個体もたくさん見かけました。

潜水採餌をするウミスズメの足は尾羽の真下あたりに小さく付いており、水面を蹴ってすぐに水中に突っ込んで行きます。水中での推進はもっぱら翼を使い、「海の中を飛ぶ」鳥といったイメージがふさわしいです。


ウミスズメの大きな群れに混じっていたのが、沿岸では非常に珍しい観察例になるウトウでした。ウミスズメ科の仲間ですが、ウミスズメより大きくコガモくらいのサイズです。

北海道の天売島がウトウの有名な繁殖地で、北海道周辺の海にいる鳥のイメージが強いですが、今回の観察から、山陰海岸の沖合でもウトウが生息していることを認識させられました。ユニークな顔つきが印象的な海鳥でした。


もう一種、カタクチイワシに付いてきたのがミツユビカモメです。これも沖合で暮らす海鳥で、沿岸で普段目にすることのないカモメです。ウミスズメが潜水採餌するのに対し、カモメは水面近くの小魚をくちばしで捕まえます。

カタクチイワシの群れは徐々に縮小拡散した様子で、1週間ほどでこの騒ぎも収まって行きました。珍しい記録でした。

写真・文 コウノトリ市民研究所 高橋 信



ルリビタキ

執筆 コウノトリ市民研究所   掲載 2017年02月26日 18時30分   カテゴリ たじまのしぜん » どうぶつ

本文を開く
本文を閉じる

但馬で越冬した渡り鳥たちが、そろそろ北へ帰る準備を始める頃です。そんな冬鳥の中で一際存在感のある「青い鳥」がルリビタキです。冬鳥は赤系の色を持つアトリ科の小鳥が多く飛来しますが、冬の青い鳥は本種以外に思い浮かびません。

ルリビタキはヒタキ科の鳥で、スズメとほぼ同じ大きさ、冬の間は里山周辺で暮らしています。オスの羽根は、この写真のように鮮やかなルリ色で、脇のオレンジ色がアクセントカラー。


こちらはルリビタキのメスです。多くの鳥と同じように、メスは地味な褐色をしています。尾羽の付け根に少し青い色を持っているのと、脇の橙色はオスと共通です。

ルリビタキは普段、林の中にひっそり潜んで姿を見せませんが、餌を求めて出て来るときが観察チャンスです。道路際のウルシの実や、路上の小さな虫を食べにやってきます。


さて、ルリビタキの識別で注意が必要なのは、若いオス個体です。オスは若い間はメスと同じような羽根色をしており、次第に青い羽根に生え変わって行くのです。この写真の個体は、メスに比べて全体的に青っぽい色が滲んでいることでオスだとわかります。

ルリビタキは冬の渡り鳥というより、漂鳥として区分される短い移動を行う鳥です。繁殖期には高い山の中や、少し北のエリアに移動します。但馬の普段の生活範囲では、冬の間でしか観察できない、美しき「青い鳥」なのです。

写真・文 コウノトリ市民研究所 高橋 信


トラツグミ

執筆 コウノトリ市民研究所   掲載 2017年01月27日 12時39分   カテゴリ たじまのしぜん » どうぶつ

本文を開く
本文を閉じる

今冬はツグミの数が多いです。年によってはまったく渡って来ないこともあります。里を代表する冬の渡り鳥で、放置された柿の実にたくさんのツグミが寄ってきます。


ツグミの仲間でもトラツグミは一年中いる留鳥です。雪のない季節は山の中や暗い林の中にひっそり暮らしており、しかも夜行性の鳥なので姿を目にする機会はほとんどありません。「ヒーーン・ヒーーン」と長く伸びるか細い声は、日中でも山の中でたびたび耳にすることがあります。

そんなトラツグミも、雪が降ると餌を求めて山から出てきます。この写真は林縁のシロダモの赤い実を食べているところです。


ウルシの実は、いろいろな野鳥の冬の食料になります。ヒヨドリ、シジュウカラ、ツグミ、シロハラ、ジョウビタキなどがよく食べに来ます。トラツグミもやってきました。


雪のない季節、トラツグミは土の中や落ち葉の下をひっくり返して、ミミズや昆虫類を餌にしています。雪が降ると木の実を食べに来ますが、雪の積もっていない湿地を見つけて、湿った泥の中の生きものを探して食べます。

大雪になると、森の生きものたちは餌を求めて人目につく場所に出てきます。冬の野鳥観察は大雪のときこそ出会いのチャンスが増えます。

写真・文 コウノトリ市民研究所 高橋 信

コミミズク

執筆 コウノトリ市民研究所   掲載 2017年01月13日 13時27分   カテゴリ たじまのしぜん » どうぶつ

本文を開く
本文を閉じる

円山川河川敷で、2シーズンぶりにコミミズクを観察することができました。年末の夕刻、ヤナギの枝に止まる大きめの鳥を遠くから目撃して、逆光のシルエットでフクロウだと思いました。識別可能な距離まで寄ってみて、それはフクロウではなく、このあたりで冬鳥のコミミズクだと分かりました。

コミミズクは黄色い虹彩が魅惑的で、白い毛で縁どられた丸い顔面が可愛らしいです。


日が落ちると、河川敷の上を活発に飛び回るようになります。獲物は野ネズミ。かつて、コミミズクのねぐら入りの場所を特定し、そこに落ちていた無数のペリット(未消化物の吐き戻し物)を回収して餌生物を調べたことがあります。出て来た頭骨から、餌はハタネズミであることが分かりました。


暗くなるにつれ、1羽だったコミミズクが2羽になり、この時の観察時には3羽のコミミズクが活発に動き出しました。

但馬で冬の河原を餌場にするフクロウ科はフクロウ、コミミズク、トラフズクの3種類がいます。河原のネズミは、日中はノスリなどのワシタカに狙われ、夜はフクロウの仲間に狙われます。つまり24時間、野ネズミは絶えず命を狙われ続けており、たくさんの野ネズミが住んでいないと、その上位にいる鳥たちも暮らしてゆけないのです。

写真・文 コウノトリ市民研究所 高橋 信

川虫トビケラの成虫

執筆 上田尚志   掲載 2016年12月21日 10時49分   カテゴリ たじまのしぜん » どうぶつ

本文を開く
本文を閉じる


コウノトリ文化館のデッキにホタルトビケラの成虫がいました。幼虫は河川上流域の流れの緩い場所に棲み、砂でミノムシのような巣をつくります。成虫は秋に出現します。ここにはババホタルトビケラの生息記録もありますが、大きさからホタルトビケラとしました。ババホタルトビケラは東日本の平地に多く生息する種で、兵庫県ではコウノトリの郷公園でのみ見つかっています。




これはヨツメトビケラ。コウノトリ文化館の上にあるビオトープの横を流れる溝で見つかります。こちらは春に出現し、あちこちの渓流でたくさん飛翔するのが見られます。幼虫は同じような砂の巣をつくります。





ムラサキトビケラは大きく目だつ種類です。これも、文化館のデッキで発見。落ち葉で巣をつくり、里山の緩やかな流れに住みます。

川の中の石をめくると、小さな虫が這いまわります。これはカゲロウとカワゲラの幼虫。トビケラと合わせて代表的な川虫で、淡水魚の餌としても重要です。川に多様な環境があると、川虫も種類と量が多くなります。


               写真(ホタルトビケラ)高橋信  
               写真(ヨツメトビケラ・ムラサキトビケラ)・文 上田尚志

オオハクチョウ

執筆 コウノトリ市民研究所   掲載 2016年12月13日 10時40分   カテゴリ たじまのしぜん » どうぶつ

本文を開く
本文を閉じる

今年の10月22日に、久美浜湾内で1羽のオオハクチョウを見つけました。羽が灰色の幼鳥です。おそらく、渡りの途中、親鳥とはぐれてしまったのでしょう。ときどき空を見上げてコーコーと寂しげに声を上げており、西の越冬地に向かう他の渡り鳥と合流できるよう願いました。


2日後の10月24日のことです。自宅近くの六方川の橋にさしかかったとき、なんと、真下にオオハクチョウ幼鳥がいるではありませんか。久美浜湾で出会ったのと同じである確証はありませんが、直線距離で13Kmしか離れておらず、状況からしても同一個体が飛んできたものと考えました。


六方川には越冬コハクチョウが時々入りますが、オオハクチョウが入ったのは私は初めて見ます。幼鳥とはいいながら、圧倒的に大きな存在感の水鳥です。同じ場所で、一日中、草をむしって食べていました。


夕方には水面に浮かんでまったり過ごしていましたが、翌朝以降、豊岡盆地内でこのオオハクチョウを見かけることはありませんでした。


1ヶ月後の11月21日、久美浜湾沿いの堪水田でオオハクチョウ成鳥2羽の飛来を確認しました。継続観察で、この2羽はここで越冬しそうな気配をみせています。

かつての久美浜湾はオオハクチョウの越冬飛来地として名が知られていましたが、近年はぱったりと来なくなっていました。今回、幼鳥1羽に続いて成鳥2羽が飛来し、オオハクチョウの久美浜湾での越冬も再び定着するかもしれません。

久美浜湾から近い豊岡盆地でも、コハクチョウに次いでオオハクチョウが越冬する可能性も将来的には考えられます。ラムサール条約湿地の円山川下流域が、さらに多様な生物生息環境になってゆけばよいですね。

写真・文 コウノトリ市民研究所 高橋 信

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ