キビタキ

執筆 コウノトリ市民研究所   掲載 2018年06月13日 12時19分   カテゴリ たじまのしぜん » どうぶつ

本文を開く
本文を閉じる

ヒタキ科のキビタキは、いまや里山を代表する夏鳥になりました。集落周辺の少し暗い林の中からピッコロ・ピッコロ♪とよく通る鳴き声を耳にします。今回の記事を書くにあたり本ブログの過去記事を検索してみると、ちょうど10年前の今頃にキビタキのことを書いていました。


10年前と比べて、但馬のキビタキ生息数は大きく増加したことに気づきます。10年前はまだ少し珍しさの残る鳥で、キビタキを撮影するのはそう簡単なことではありませんでした。それが、今ではどこにでも当たり前に見られる鳥になっています。


後ろから見るとこんな感じです。黒い翼に縁どられた上尾筒のビビッドな黄色が目に飛び込みます。翼の白い大きな斑もよく目立ちます。


これはキビタキのメスです。美しいオスとはうって変わって、地味で目立たない羽根色です。オスが瑠璃色のオオルリのメスはキビタキのメスととてもよく似ていて、識別に悩むことがあります。

さて、ではここ10年ほどでキビタキが一気に増えた理由は何でしょう?
同じように増えてきた夏鳥にサンコウチョウがいます。キビタキとサンコウチョウにはある共通点があります。どちらも暗い林を生息場所にしています。里山の雑木林やスギ・ヒノキ植林が人の管理を受けずに放置されると、林はどんどん暗くなってゆきます。そんな暗く枝が込み入った林の自然環境を、キビタキやサンコウチョウが喜んだのです。

変わってゆく自然環境をとかくネガティブにとらえがちなのは人間の方ですが、変わったことを歓迎する別の生きものがいる。身近な鳥になったキビタキの声を聞きながら、そんなことを考えています。

写真・文 コウノトリ市民研究所 高橋 信

タマツノホコリ

執筆 稲葉一明   掲載 2018年06月03日 09時27分   カテゴリ たじまのしぜん » そのほか

本文を開く
本文を閉じる
タマツノホコリ Ceratiomyxa fruticulosa var. porioides
原生粘菌綱?、 ツノホコリ目、ツノホコリ科、ツノホコリ属



 
 タマツノホコリ。
前回紹介したツノホコリ(http://www.tajima.or.jp/modules/nature/details.php?bid=716)
の変種。外見的には大きく異なっていて、玉状、球形の子実体が連続して、あるいは独立して、時にネットワーク状につながって発生している。

 倒木に真っ白な小さな粒々が広がるので、よく目に付く。春から秋に発生。ツノホコリの仲間は大規模に発生して見つけやすい粘菌と言える。




 ルーペで拡大してみると、その形状がとても美しくて見とれてしまう。真っ白で、透明感があり、複雑に湾曲するも、全体としては球形で、球体はそれぞれ独立しているかというとわずかに連続している場合もある。



 玉状、球形をなすツノホコリをタマツノホコリという変種としているが、タマツノホコリの中でも少しづつ変異があるようで、球体を構成する波打ち状の子実体の形や球形の連続性など、様々だと思う。




ウキゴリ類の稚魚の遡上

執筆 コウノトリ市民研究所   掲載 2018年05月29日 07時51分   カテゴリ たじまのしぜん » どうぶつ

本文を開く
本文を閉じる



ウキゴリ類の稚魚の遡上
ウキゴリ/スミウキゴリ    スズキ目 ハゼ科


 この時期、ウキゴリ類の稚魚が海から遡上してきます。ウキゴリの仲間は3種に分けられますが、但馬の川ではウキゴリとスミウキゴリの2種をよく見ます。両種とも川で産卵・ふ化しますが、稚魚は海へ下り、翌年の春から夏、2〜3cmほどの大きさになると川に戻ってきます。今、ちょうど遡上の時期です。この写真は豊岡市内の海沿いの小川で撮影しました。河口近くで、たくさんのウキゴリたちがひしめいていました。
河口からかなり上流でも見ることがあります。皆さんも近所の小川や水路を覗いてみてはいかがでしょう。見つかるかもしれません。





 成魚であれば、背びれの模様でウキゴリかスミウキゴリの見分けがつくのですが、この大きさの時に見分けるのは非常に難しいです。すくい取って顎の大きさなどを測る必要があります。


 こちらは別の場所で撮影したスミウキゴリ成魚の写真です。海に近い小川などで多くみますが、河口から10km以上上流にも棲んでいます。海から遡上しますので、途中にダムや堰など遮るものがあれば、そこより上流には棲んでいないでしょう。しかし最近では、堰などにこれらの魚類でも遡上できる魚道が設置されたり改良される事が増えてきました。ウキゴリ類が棲める川が増えていくことを望みます。


写真・文 コウノトリ市民研究所 北垣 和也

ニガナの仲間たち

執筆 菅村定昌   掲載 2018年05月25日 21時47分   カテゴリ たじまのしぜん » しょくぶつ

本文を開く
本文を閉じる
ニガナの仲間たち キク科


ニガナ コウノトリの郷公園

 2018年度からコウノトリ文化館では、第4日曜日に植物観察会をしています。毎回、小さな図鑑を作って参加者の方々に使っていただいています。
 5月の図鑑に載せるために園内を見て回るとニガナがありました。確か、よく似たハナニガナという種類があったなと思い出して探してみるとすぐに見つかりました。


ニガナ コウノトリの郷公園

 ニガナとハナニガナは大きくくくるとニガナという同じ種類の植物になります。
 細かく分けるとハナニガナとニガナに亜種というレベルで分けられます。
 ハナニガナは花の色でまた分けることもあり、これは品種レベルで黄花はオオバナニガナと呼び、白花はシロバナニガナと呼ばれます。白いニガナもあって、これはシロニガナと呼ばれます。というようなややこしいことが一番新しい平凡社の図鑑に書かれています。図鑑にはたくさんの種類が載っているので記述は簡潔です。分かるようで分かりませんね。


ハナニガナ(オオバナニガナ) コウノトリの郷公園

 では、見分け方をお教えしましょう。これは難しくありません。
 花びらの数で判断します。本当は、花びらと見えるものが一つの花(小花と呼ぶ)なのですが、気にせずに花びらとして数えてみてください。

 花びらが、5〜7・・・ニガナ
 花びらが、8〜11・・・ハナニガナ
 ニガナの白花は、シロニガナ
 ハナニガナの白花は、シロバナニガナ


白花はシロバナニガナ 黄花はオオバナニガナ 長野県白馬村 兵庫県にはシロバナニガナは分布しない。


シロニガナ 養父市

 花がないときには、茎についている葉を見て考えます。判断に迷うときもありますが、傾向として
 葉が細い・・・・・ニガナ
 葉が幅広い・・・・ハナニガナ


ニガナ コウノトリの郷公園


オオバナニガナ コウノトリの郷公園

 なんか頼りないですが、花の咲く前なら花を見て確かめる楽しみがあります。花が終わった後なら1年後が楽しみです。

 観察会では、こんなお話をしながらのんびりゆったりと郷公園の内外を歩きます。よかったらおいでください。

ヤブサメ

執筆 コウノトリ市民研究所   掲載 2018年05月18日 14時45分   カテゴリ たじまのしぜん » どうぶつ

本文を開く
本文を閉じる

ウグイス科の渡り鳥で、但馬には繁殖のために4月になると南の越冬地から戻ってきます。ウグイス科の鳥はどれも地味な色で薮の中に潜み、姿を見る機会の少ない小鳥です。本家のウグイスも、「ホーホケキョ」の鳴き声はすぐに分かっても、どんな姿をしているか知っている人は少ないでしょう。花札の「梅に鶯」のウグイス色の鳥? 残念でした。梅の蜜を吸いに来るウグイス色の鳥はメジロです。

ウグイスはこの写真に似た鳥ですが、今回紹介しているのはヤブサメという同じ仲間の鳥です。ウグイスは一年中日本にいますが、ヤブサメは渡り鳥です。ウグイス同様、ヤブサメを確認する最も確実な方法は鳴き声を聞くことです。


「シシシシシ」と同じ音の連続音を繰り返します。この「シシシシシ」の周波数は8kHzから10kHzと非常に高く、加齢とともに落ちてくる聴力では聞き取れない高齢者も多いのは、仕方のないことではあります。

姿の特徴は2つあります。
(1)尾羽が短い
(2)眉斑が太く明瞭

近くで鳴き声が聞こえたら、静かにじっと動かずしばらく待っていると、藪の中からひょっこり飛び出してくるヤブサメに出会えるかもしれません。

写真・文 コウノトリ市民研究所 高橋 信

ツノホコリ

執筆 稲葉一明   掲載 2018年05月05日 19時22分   カテゴリ たじまのしぜん » そのほか

本文を開く
本文を閉じる
 ツノホコリ Ceratiomyxa fruticulosa
 原生粘菌綱?、 ツノホコリ目、ツノホコリ科、ツノホコリ属
 



 ツノホコリ。粘菌に興味を持って山を歩くようになると、真っ白なツノホコリの仲間に目が留まるようになった。
 倒木に花が咲いたように、真っ白なよく見るとサンゴのような美しさ。やや透明感があり粉を噴いたような、きんつばの皮を思い出す。そうだ、線香花火の感じでもある。子実体の長さは数ミリで1僂頬たない、途中で1、2枝分かれするものが多い。春から秋に発生。広義の粘菌類で最も出会いやすいベスト3に入るようだ。

「広義の粘菌類」などと書いたが、実は、ツノホコリは広い意味で粘菌の仲間と言って良いが、正確にはかなり違う生き物である。分類としては非常に難解な生き物。通常は多核のアメーバ状で生活しているが、胞子を作るときに子実体を形成する。それが写真のもの。この辺りは粘菌(変形菌)類と同じなのだが、子実体の構造が大幅に違っていて、胞子を内包せずに外生胞子を作る。

 むしろ、もっと微小な原生粘菌類の仲間ではないか、あるいは、生活環のどの段階でも細胞の構造を失わない細胞性粘菌という生物の仲間ではないかなどと、粘菌の仲間と思われていたものが細胞性粘菌あるいは原生粘菌として扱われるようになり、現在は原生粘菌の仲間とされるのが有力のようだ。

 原生粘菌の仲間は非常に小さいものばかりであるが、ツノホコリは目視できるほど大きい。分類体系上の扱いとしては、ウィキペディアによると、原生粘菌の仲間を独立した門とする説、これにツノホコリを追加する説、変形菌(粘菌)門に含めツノホコリと共に原生粘菌綱を立てる説、単にツノホコリ目に含める説があるようだ。少なくともツノホコリを原生粘菌の仲間として一緒にすることが多くなっているようだが、正直言って私にはよくわからない。

 くどくどと、我々にはどうでもよいことを書いたが、粘菌(変形菌)に興味を持つと、山で目に付くそれらしい生き物(ツノホコリ類)が、実は粘菌ではないという奥深さというか、生物の広さというか、分類でいう門のレベルで違うのかよ!というような不思議な生き物。


 ツノホコリは亜種や形態変異が多いようだが、今回の写真のものは基本形といえると思う。枝分かれしないもの、玉状になるもの、黄色いものとして近縁種もたくさんあるようで、黄色いものはまだ見たことがない。

ヒキガエルの卵塊〜オタマジャクシ

執筆 コウノトリ市民研究所   掲載 2018年04月30日 10時24分   カテゴリ たじまのしぜん » どうぶつ

本文を開く
本文を閉じる
ニホンヒキガエル(アズマヒキガエル)        
無尾目 ヒキガエル科



 3月、豊岡市内のとある山際の湿地で、ヒキガエルの卵塊を見つけました。主に山地に棲んでいるカエルで、春先に産卵します。早春に山歩きをされた人は、山中の湿地などで見たことがあるかもしれません。ヒキガエルは俗称「ガマ」とか「ガマガエル」とも呼ばれています。種名としてはニホンヒキガエルですが、但馬地方に分布しているのは亜種アズマヒキガエルとされています。鼓膜の大きさに違いがあるようです。
卵塊はこのように長いチューブ状です。これがヒキガエルの特徴でもあります。3月12日に撮影しました。



 この画像と、以下3枚は3月23日に撮影しました。ふ化してオタマジャクシになったばかりです。


 水中を覗いてみます。おびただしい数の黒い物体。これ全てオタマジャクシです。


 この頃はあまり動きません。


 接写しました。まだオタマジャクシらしい形にはなっていません。この段階では外鰓(エラ)があるのがわかります。







 この3枚は4月20日に撮影しました。2〜3センチほどの大きさになっていました。盛んに泳ぎ回っています。
 今回は卵塊だけでしたが、できれば来年は産卵中の様子も撮影してみたいところです。

写真・文 コウノトリ市民研究所 北垣和也

ヤマネコノメソウ

執筆 菅村定昌   掲載 2018年04月23日 21時17分   カテゴリ たじまのしぜん » しょくぶつ

本文を開く
本文を閉じる
ヤマネコノメソウ ユキノシタ科




 ちょっと日当たりの悪い湿ったところに生えている弱々しい植物です。背丈は高くても20cmほどの小さな植物です。かたまって生えることもしばしばあります。丈が低いので我が家の畑では、スギナに囲まれて、4月中旬には隠れて見えなくなりました。





 花は3月の中頃から咲き始めます。花はすぐに終わって種子が見えるようになります。
 花は小さくて目立ちません。よく見ると中におしべが見えるので花なんだなと納得できますが、花びらはなく、がくは淡い黄緑色をしています。花の下の葉が黄色を帯びてがくと同じような色になって目立ち、花のようにも見えます。



 種子が熟す頃には印象的な姿になります。果実が裂けて、種子が見えるようになりますが、その姿が「猫の目」に似ているということでネコノメソウという名前になっています。ネコノメソウの仲間はたくさんありますが、ヤマネコノメソウはネコノメソウに非常によく似ています。


これは、ネコノメソウ

 よく似ているヤマネコノメソウとネコノメソウですが、葉の付き方で簡単に区別できます。ネコノメソウは葉が同じ場所から対になって出る対生、ヤマネコノメソウは互い違いに出る互生です。同じような場所に生えますが、ヤマネコノメソウはより乾燥した場所にも生えます。



ノビタキ

執筆 コウノトリ市民研究所   掲載 2018年04月14日 15時14分   カテゴリ たじまのしぜん » どうぶつ

本文を開く
本文を閉じる

過去にもここに何度か登場した野鳥ですが、この時期の鳥の話題に欠かせないのがノビタキです。スズメより小さいヒタキ科の鳥で、中国の南東海岸沿いで越冬した群れが、いま一斉に北の繁殖地めざして移動中です。

シベリアや、日本では中部以北、特に北海道が繁殖地としてよく知られています。但馬地域ではノビタキが繁殖地と越冬地の間を行き来する途中、一時的に観察できる「旅鳥」と呼ばれる渡り鳥グループです。但馬では4月と10月に2週間ほど見られます。


春の渡りで見るノビタキのオスは、この写真のとおり黒頭巾の羽根模様です。繁殖期はこのような目立つ羽根に代わってメスを呼びます。繁殖を終えた秋の渡りでは、オスはメスとほとんど同じ羽根模様になっています。

田んぼの水路沿いでよく見かけ、羽虫や毛虫などを食べて栄養補給し、次の中継地へ飛び去ります。


1羽のノビタキの右脚に、アルミ製の標識リングが付いているのを見つけました。小さなリングには、標識調査をした場所や時期の情報が刻印されています。今回の観察では、リングの刻印が明瞭に判別できる距離まで鳥が近寄ってくれませんでした。写真を拡大してみると、どうやら韓国の国名が刻印されているようでした。日本で鳥類の標識調査を実施している山階鳥類研究所に今回の写真を添えて問い合わせ中です。

韓国でリングが付けられたのが昨年の秋だとして、このノビタキが中国の越冬地で過ごしたあと、日本列島を北に向かって旅を続けているのでしょう。小さなリングは鳥の移動経路を教えてくれると共に、彼らの旅物語を私たちに語ってくれます。

写真・文 コウノトリ市民研究所 高橋 信



ススホコリ

執筆 稲葉一明   掲載 2018年04月07日 11時13分   カテゴリ たじまのしぜん » そのほか

本文を開く
本文を閉じる
ススホコリ Fuligo septica
変形菌綱, モジホコリ目, モジホコリ科 ススホコリ属
 



 変形菌。ススホコリ。
動物でも植物でも菌類でもない変形菌(粘菌)の仲間。主に朽ち木の中などで微生物等を食し生活していているが、繁殖のために胞子を飛ばしやすい場所へ這い出てきて、子実体を形成する。その時に我々は彼らを目にすることが容易になり観察するチャンスとなる。移動中の変形体や子実体は、木の幹や、石の上、切り株の上などで見かけることが多い。
ススホコリの子実体は黄色くて、卵焼きや汚物を連想させる不整形な塊り。変形菌の子実体は小さいが形が特徴的で美しいものも多いが、こいつは全然違うイメージである。

子実体の周りには変形体が這ってきた痕が付着している。





日本変形菌類図鑑の説明では、子実体は着合子嚢体型または屈曲子嚢体の累積した型,高さ約3cm,長さ約10cmまで,ときにずっと大きくなる。皮層は黄色でときに欠けるとのこと。
変種としてキフシススホコリFuligo septica var. flavaというものがある。図鑑やネットではこちらもよく紹介されている。昨年ススホコリらしきものに3回ほどであったが、当初はキフシススホコリかと考えていた。ススホコリとキフシススホコリとの違いは、子実体の内部にある細毛体の一部で粒状の石灰を含んだ部分である「石灰節が黄色いもの」をキフシと区別するとのことなので、写真の個体が変種のキフシかどうかはよくわからない。ここでは基本種のススホコリとした。

甲虫類がかじりに来ているのだろう。





北アメリカで,ススホコリが大発生し、黄色い変なものが微妙に動いているようで電信柱を登っているなど未知の生物ではないかと大騒ぎになったとか、南米ではこれを食する地域があるとか、話題性の大きい種である。食べてみようとは思わない。



 クワガタを飼育していたら、腐葉土からススホコリの変形体が出てくることがわりとあるようだ。言い換えると、ススホコリは飼育も可能ということ。野外で変形体を捕獲して家で飼育すると楽しいらしい。環境が合わず飼育に失敗すると、ススホコリは単に死んでしまうのではなく、子実体を形成して胞子を飛ばし、その世代を終了させる。


飼育に失敗しても子実体形成が観察できるし、死んでしまって可哀そうということにもならないので良いペットかもしれない。粘菌類を飼育する愛好家が世の中にはいらっしゃるようであるが、私も機会があればチャレンジしてみたい。餌はオートミールとか。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ