越冬コハクチョウ3羽

内容 コメント(0)
執筆 コウノトリ市民研究所   掲載 2018年02月14日 11時22分   カテゴリ たじまのしぜん


昨年末の12月28日に、伊豆地区の冬季堪水田に6羽のコハクチョウを飛来確認したのが、私のこの冬の初認記録でした。その翌日には別の7羽のグループが六方田んぼで目撃されましたが、いずれのグループも西の越冬地へ移動したようで、継続観察には至りませんでした。

年が明けた1月15日に六方田んぼに8羽のコハクチョウが飛来。その2日後から3羽のコハクチョウが同じエリアで見られるようになりました。観察の結果、3羽のうち2羽はカップルかファミリーで、残り1羽ははぐれ個体のようです。


六方田んぼの新田小学校に近い冬期堪水田が3羽のコハクチョウの常駐場所で、最初は距離を置いていた2羽と1羽も、次第に仲良く共に行動するようになりました。


この3羽の確認から1ヶ月が経ちます。この先、よほどの大雪にならない限り、このまま冬が終わるまでこの場所で生活を続けるものと思われます。今年の豊岡盆地のコハクチョウの越冬記録は、この3羽ということになりそうです。

福井から石川にかけての大雪で、北陸地方で越冬していたと思われるマガンの群れが豊岡盆地に南下してきています。餌に困った北陸地方の越冬コハクチョウも、ひょっとすると今後豊岡に飛来するかもしれません。また2月の終わりには、島根県で越冬していたコハクチョウの北帰行グループが、豊岡盆地に立ち寄ることがあります。豊岡盆地の冬季堪水田が、コハクチョウやマガンの飛来を促してくれます。どうぞ、残り1ヶ月ほどの冬を豊岡で過ごすコハクチョウを、少し離れた場所から静かに観察してみてはいかがでしょうか。

写真・文 コウノトリ市民研究所 高橋 信

コメント

投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ