キヌバリ

内容 コメント(0)
執筆 コウノトリ市民研究所   掲載 2017年07月31日 18時53分   カテゴリ たじまのしぜん


キヌバリ   スズキ目 ハゼ科

 夏真っ盛りになりました。これから海に行く方、またはもう行ったという方もあるでしょう。
磯でスノーケリングをした方なら、この魚に見覚えがあるかもしれません。キヌバリという縞模様がはっきりしているきれいなハゼです。水深約2メートルより深いところでよく見ますので、背が届く場所での海水浴では、あまり見ることは少ないかもしれません。稚魚の頃は群れでいますが、大きくなると単独行動です。あまり泳ぎ回らずに、底から少し離れたところを漂っている事が多いです。動物食で、エビなどの甲殻類やゴカイなどを食べます。





 キヌバリは朝鮮半島と日本列島周辺に住んでます。日本海にも太平洋にも住んでいますが、胴体の縞の本数が異なります。太平洋に住むものは6本ですが、日本海に住むものは7本です。この写真は竹野海岸で撮影しましたので、もちろん7本です。


 岩の隙間に隠れました。潜って近づくと、警戒してこのような場所に身を潜めます。


 別の個体ですが、カメラを向けてしばらく待っていると、こちらの様子を伺って少しだけ出てきました。

写真・文 コウノトリ市民研究所 北垣和也

コメント

投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ