アナグマ

内容 コメント(0)
執筆 コウノトリ市民研究所   掲載 2017年06月30日 21時44分   カテゴリ たじまのしぜん » どうぶつ


アナグマ   食肉目 イタチ科

 アナグマは名前に「クマ」とついていますが、クマの仲間ではありません。タヌキに間違われる事もありますが、タヌキの仲間(イヌ科)でもありません。姿からは想像しにくいのですが、イタチの仲間・イタチ科に分類される動物です。ムジナとも呼ばれています。タヌキをムジナと呼ぶ地域もあるようですが、大抵の場合、ムジナというとアナグマのことをさします。その名前の通り、地面に穴を掘って巣をつくります。


 地面を掘っている写真です。ミミズでも探しているのでしょう。雑食性で、虫やカエル、果実などを食べます。中でもミミズを好んで食べるようです。この写真は蘇武岳付近の林道で撮影しました。山地から里山にかけて広く生息しています。兵庫県では準絶滅危惧種に指定されていますが、近年よく姿を見るようになりました。


 2頭が一緒に歩いているところに遭遇しました。メス親と子どもは群れをつくるようです。この2頭も家族なのでしょう。


 警戒心が薄いのか、肝が据わっているのか、人間が近づいても逃げないことがあります。この写真は5メートルほどの距離で撮影しました。こちらから近づいたのではなく、アナグマから近づいてきました。ただ、気性が荒く、あまり近づくと怒ってくることもありますので、見かけてもあまり近寄らず、距離をあけて観察した方がいいでしょう。

写真・文 コウノトリ市民研究所 北垣和也

コメント

投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ