アイタケ

内容 コメント(0)
執筆 稲葉一明   掲載 2017年06月03日 09時12分   カテゴリ たじまのしぜん » きのこ

アイタケ   ベニタケ科 ベニタケ属
 藍茸  (Russula virescens)

このアイタケは、和名の由来は藍色から来ているようであるが、薄い藍染であればイメージできるかもしれない。少し青みがかった緑〜草色のキノコ。

傘は10cmを超えるやや大型のキノコである。傘の表面はひび割れたようになって、モザイク模様、かすり模様になる。成熟すると傘は中央部がへこみ、ロート状になる場合もある。



また、縁部が裂けることも多い。ヒダはやや密で白色、柄も白色で充実。ベニタケ科の共通で全体にもろい。緑色のキノコはあまり見かけない。成熟すれば外見の特徴から判別は容易である。



味、臭いともに温和で、ベニタケ科らしく歯ごたえは悪くぼそぼそ感があるが、まずまずの食菌といえると思う。夏のキノコなので多くの場合虫が入っており、持ち帰って食べようかと思うようなものに出会うことは少ない。



初夏から秋に広葉樹林の地上部に単生から群生する。珍しいものではない。

コメント

投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ