コマドリ

内容 コメント(0)
執筆 コウノトリ市民研究所   掲載 2017年05月17日 13時11分   カテゴリ たじまのしぜん » どうぶつ


コマドリはヒタキ科の夏鳥で、但馬の山地でも繁殖をしています。コマドリの観察適期は渡りの移動時期。毎年、豊岡市内の山麓の沢沿いが、私たち仲間の観察ポイントです。多くのコマドリは1週間ほどで通過を終えてしまいますが、一部はその周辺で繁殖しているようです。


橙色の頭部が美しく、クリッとした黒い目が愛らしいです。コマドリは漢字で「駒鳥」と書きます。鳴き声が馬のいななきのように「ヒン・カラララ」と聞きなされることに由来します。


地表を徘徊しながら虫を捕って食べます。朝の気温が上がる時間帯になると、沢に下りて来て湧き出る羽虫をしきりに捕まえます。

地表に餌となる虫が豊富であることが、コマドリ生息にとって大切な要件ですが、増えすぎた野生鹿が里山の林床を丸裸にしてしまうため、産卵場所や食草を失った虫たちが激減しています。コマドリをはじめ、但馬の森で子育てを続けてきた夏鳥たちにとって、暮らしづらい場所になってしまったのが残念です。

コメント

投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ