ウラジロ お正月によく見ます

内容 コメント(0)
執筆 菅村定昌   掲載 2016年12月22日 22時37分   カテゴリ たじまのしぜん » しょくぶつ

ウラジロ ウラジロ科



 ウラジロは、これから目にする機会が非常に多いシダです。といっても山の中とは限りません。鏡餅の下に敷かれたり、しめ縄に使われたりするのをよく見ると思います。あのシダがウラジロです。



 飾り物に使われるのには諸説あります。
 曰く、
「葉の裏が白いところから、こころは白いとか清浄を表す」
「裏の白いところから、白髪を連想して長寿を表す」
「葉が代を重ねて伸びて、しだれるところから、長寿を表す」
 まあ、とにかく縁起がよいということのようです。



 ウラジロは常緑のシダです。低木がまばらに生えるようなところに生えるので葉が落ちる冬にはよく目立ちます。乾燥した斜面で大型のシダがあって裏が粉がついたように白ければまずこのウラジロと思って間違いないでしょう。大群落ができているところもあります。


ウラジロの裏面


葉(正しくは羽片)は、二つに分かれて、そこから新しい芽が出る。

 ただし、同じような場所にやはり同じように裏が白いシダが生えます。コシダです。このシダはウラジロと同じように葉が二岐に分かれるところも似ていますが、写真で分かるように全体が五角形のような形に見えます。


コシダの裏面


コシダの表面
 コシダの方がより乾燥した場所に多いようです。
 
 自然界には、非常に多くあるシダなので栽培は容易なのかと思っていたらかなり難しいのだそうです。造成された斜面にありふれているのですっかり誤解していました。自然というのはなかなか思い通りにはいかない手強いものだなのだと思います。


コメント

投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ