アナハゼの仲間

内容 コメント(0)
執筆 コウノトリ市民研究所   掲載 2015年03月24日 18時31分   カテゴリ たじまのしぜん » どうぶつ


スズキ目 カジカ科   アナハゼ


 アナハゼは浅い磯や藻場にいる魚です。ハゼと名前がついていますが、ハゼの仲間ではなく、カジカの仲間です。釣り人にはエサ取りとして、あまり好まれないようです。スノーケリングをしていて見られた方や、磯釣りで釣ったことのある方も多いかもしれません。また、タイドプール(潮だまり)でも見ることがあります。
 アナハゼの仲間は何種類かおり、背びれのトゲの長さ等で見分けます。今回は今までに撮影できた2種についてあげてみます。



これもアナハゼ。こちらは海中の洞窟で撮影したものです。


スズキ目 カジカ科   アサヒアナハゼ

 こちらはアサヒアナハゼです。この写真では周りの色に溶け込んでいてわかりにくいですが、背びれのトゲの長さで見分けられました。海水魚は淡水魚に比べて種類が多く、また見た目が似ているものが多かったりするので種類の判別が大変難しいです。
但馬の海岸にも多様な魚たちが生息しています。ですが、最近では以前と比べて魚の姿が少なくなってきているように感じます。漁業資源保護といった観点もありますが、自然環境保護や近年よく耳にする生物多様性の観点からも、魚たちが住める海を保たなければなりません。

 
写真・文 コウノトリ市民研究所 北垣和也

コメント

投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ