ツグミがいない

内容 コメント(0)
執筆 コウノトリ市民研究所   掲載 2012年01月07日 15時35分   カテゴリ たじまのしぜん » どうぶつ


冬鳥の代表選手ともいえるツグミを、今のところほとんど目にする機会がありません。
いつもの年であれば、この写真のように、人家周辺や田畑で餌をとっている姿が見られます。
「キキキ」と鋭く鳴く声もあちこちから聞こえてきます。
そんなツグミが、この冬は姿を見せないのです。


ツグミの仲間のシロハラです。大雪の後には山際によく顔を出しますが、シロハラもまったく見かけません。


さらに、庭先にも寄ってくるジョウビタキ、この鳥もツグミ科ですが、この冬はほとんど見ません。


いったいどうしたことだろうと、12月の山にあがってみると、いました、いました。ツグミです。
山の植物の実成りがよくて、餌を求めて里に下りてこなくても済んでいるのかなと思いました。

年末年始とまとまった雪になりました。大雪になると、さすがに餌に困って山で過ごした鳥たちも里におりてくるのが普通ですが、今のところ、その気配がありません。

冬鳥のいない里の風景は、どうも奇妙な感じです。水辺のカモは例年どおりに飛来していますので、冬の陸鳥の様子が変なようです。全国のあちこちで同じような声を聞きますので、但馬だけの話ではなさそうです。

この先、厳冬期になって冬鳥がどう動くのか、注目していたいと思います。

写真・文 コウノトリ市民研究所 高橋 信

コメント

投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ