ヤナギハムシ

内容 コメント(0)
執筆 上田尚志   掲載 2011年04月29日 18時06分   カテゴリ たじまのしぜん » どうぶつ

4月の上旬、円山川の河川敷のヤナギに花が咲き始める。しかし、まだそんなには目立たない。河川敷のヤナギがやわらかい黄緑色に包まれるのは4月下旬。ヤナギハムシが現れるのもちょうどこの頃。


1cmぐらいの小さな虫だが、ハムシの仲間ではむしろ大きいほうだ。背中の斑点が特徴で、よく似た種はいない。


葉が芽吹いた頃、交尾する。ちょうど柔らかい葉が展開する頃には、幼虫が葉を食べ始める。1ヶ月ぐらいで蛹になり、初夏には成虫になる。それから、成虫の姿は見られなくなる。いったい翌年まで、どこで過ごしているのだろう。


コメント

投稿する

 

コメントありがとうございますm(_ _)m


なまえ

題名
スマイリー
投稿本文

CAPTCHA image
上に表示されている4文字を入力してください。
読みにくい時は画像をクリックすると別の文字が表示されます。

一番上へ
サイドナビ
サイトマップ